CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左
MOBILE
qrcode
<< 録画番組をBlu-Rayディスクに保管するのは無駄なのか | main | 私のビデオカメラ遍歴 ショルダータイプから4Kビデオカメラへ >>
SONY ミニDVカセット ビデオカメラ HDR-HC3を分解する
昨日、映画やテレビ番組はいずれネットで好きなときに好きなコンテンツを好きなだけ(定額で)視聴できるようになるから、Blu-Rayディスクに録画番組をダビングしていくのはいかがなものか、と悟った記事を書いた。

しかし、自分や子供たちの成長の記録のビデオは、皇太子でもない限り生まれたときから第三者が撮影していない。

そこで、2006年4月1日に購入したSONYハンディカムHDR-HC3を箱から引っ張り出して、ミニDVカセットビデオテープにハイビジョン撮影した映像をパソコンにコピーすることにした。テープ式の記録媒体は急速に消滅しているので、まったく見られなくなる前の策である。

IMG_8619.jpg

電池はとうに果てているから充電し、電源ケーブルもあったのでそれにつないでみたら、なんと電源が入らない。スイッチは確かに「電源入」になっているのだが、ランプも液晶もつかない。

よく見たら、なんとminiDVテープが入ったままだ。箱にしまった当時は、何かあればすぐに撮影できるようにとテープを入れたままでしまったのかもしれないが、これは大失敗だ。VHSビデオテープも、カセットからテープを引き出して回転するヘッドに巻きつけるので、おそらくテープはヘッドに巻きついたままだろう。なんでテープを抜いて保管しなかったのか、われながら理解に苦しむ。
このテープに何が写っているかわからないが、2015年秋に4Kビデオカメラを買って翌年のアメリカのヨセミテ国立公園に持って行っているので、最後は4月の埼玉県の羊山公園かどこかの旅行ではないか。

この2010年の入間航空祭もHC3で撮影した。



マニュアルを見て「電源が入りません」項目をことごとく試してみたが、ダメ。
SONYのサポートに電話をすると、電話は混んでいるのでLINEでの対応でもよい方はこれこれのアカウントをLINEに追加してとの案内なので、話のタネにやってみた。

すると、1時間以上たって日本人でない名前を名乗る担当からLINEがあり、間がかなり開く「会話」をして、結局のところ修理期間もとうに過ぎているので電源が入るようには出来ないが、テープを取り出すのはできるらしい。
そして(テープ取り出し費用3000円+送料往復2000円)×消費税と示された。
代替機があったら送ってくれるとのことだったが、出払っていた。

よくよく考えたら、このビデオカメラに入っているテープが必要なのでなく、過去の2006年から2015年ごろまでの10年余りに撮影したミニDVカセットテープを再生できてパソコンに取り込める環境なのである。
このテープ1本のために5000円以上かけるのはばかばかしいし、テープを取り出すだけなら、このビデオカメラはもう撮影も再生もできないのだから自己責任で分解してしまえばいい、と考えるに至った。

ビデオテープのダビングをしてくれる業者は多数あり、そのうちの知名度の高い富士フイルムに電話をしてみたら、テープにカビが生えていたり切れていたりする場合も多いらしく、1本あたり3000円くらいしてしまうそうだ。
それならばダビング業者に頼むのもかなりのお金がかかるので、それは避けたい。

そこで毒食わば皿までと、ビデオカメラのネジをはずしていった。

IMG_8628.jpg

だが30本以上の、目に付くネジというネジをはずしていったが、カセットテープが取り出せない。
最後は力任せに二つに割るようにしたら、写真左の光学部と右の電動部に割れた。

IMG_8632.jpg

ごめんなぁ、これまで楽しい思い出を記録してくれたのに、こんな姿にしてしまうなんて。
医学部の解剖実習では、検体されたご遺体をちまちま解剖して勉強して、最後は極力元通りにして火葬にするそうなので、私も出来ればそうしたいが限界がある。
SONYのサービスセンターがテープを取り出すだけで3000円は、この時点で安いと思った。おそらくネジは元通りに締めて、姿は元のままで戻してくれるのだろう。

やっとテープ部分が外れた。力任せである。

IMG_8635.jpg

思ったとおりテープが引き出されてヘッドにまきついた状態だ。ここから後は手持ちの道具ではムリっぽい。
何が写っているか興味があるが、無事にカセットテープを出せるだろうか。
今日はここまでです。

  
| 家電・AV | 22:40 | comments(0) | - |


コメント
コメントする