CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左















MOBILE
qrcode
<< 羽田空港撮影スポット:京浜島つばさ公園と城南島海浜公園 | main | 8ミリビデオテープ、ミニDVカセットテープのHDDへのダビングを始める >>
東洋文庫ミュージアム 大❤地図展〜古地図と浮世絵 に行く
東洋文庫は、三菱グループの創始者、岩崎彌太郎から三代目の岩崎久彌が創設した、東洋学のあらゆる書籍を集めた図書館である。

IMG_8677.jpg

ミュージアムで伊能忠敬没後200年&歌川広重没後160年と銘打って「大❤地図展」が開催されており、割引券をいただいたので行ってきた。900円のところ450円で入れた。ありがとうございます。
本当は、隣の六義園が秋の紅葉ライトアップをしているときに併せて行きたかったのだが、天気が悪くて行く機会を失い、地図展が1月14日までなので、今日にした。
青空だが風のある寒い日だった。

IMG_8699.jpg

東洋文庫に所蔵してある書物から、1階は地図についての本を集めて展示してある。

IMG_8679.jpg

世界最古といわれるバビロンの地図。当時は宗教観と地図が密接に結びついていたようだ。

IMG_8668.jpg

二階は浮世絵や伊能忠敬前後の地図。

IMG_8697.jpg

日本地図だが東北や北海道はテキトーだ。

IMG_8695.jpg

伊能図の前までは行基図といわれる、僧侶行基が書いた、国(ほぼ、今の県)の位置関係だけを丸で示した地図が長年使われていた。

今で言う観光マップ。飛行機もない時代の、鎌倉上空から右側は房総半島を見た図。
江戸時代も後期では地図は芸術性と正確性の両方を備えるようになった。

IMG_8696.jpg

それにしても、2階の書庫の壁はすばらしい。コレ自体が芸術だ。

IMG_8683.jpg

岩崎久彌はイギリスのジャーナリスト、モリソンが北京在住中に蒐集したモリソン文庫と称される極東関係文献2万4,000冊を買い取り散逸を防いだ。今の金で70億円ほどだという。

富豪の金の使い方はいろいろだ。しかしどういう形で世のため人のためになるのか、教養のあるなしが金の使い方に現れるのは確実である。

  

| 日記・つぶやき | 20:02 | comments(0) | - |


コメント
コメントする