CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左















MOBILE
qrcode
<< 第12回アメリカ横断ウルトラクイズ グアムどろんこクイズを見る | main | 日韓共同きっぷで行く韓国の旅 1988年11月 >>
小室周也さんの墓参をする ウルトラクイズ皆勤賞
2016年4月14日に亡くなった、アメリカ横断ウルトラクイズ皆勤賞で知られる小室周也さんの墓参をした。1983年の第13回ウルトラクイズで、皆勤賞シードでオーストラリアまで行った人だ。

IMG_8795.jpg

小室さんとは1978年の第2回アメリカ横断ウルトラクイズのハワイのアラモアナホテルで同室になって以来、40年近い付き合いだった。

IMG_7776.jpg

小室さんは若いころに世界80カ国を踏破、そしてウルトラクイズ皆勤賞の二つは健康の賜物と思ったが、病魔に襲われて67歳で亡くなってしまった。

お父さんが立てたという、立派なお寺の立派な墓にご両親とともに眠っている。
以前から墓参をしたいと願っていたが、ようやくその機会が来た。

IMG_8807.jpg

今日は昨日の小雪からどんな天気になるか心配したが、打って変わって晴れて暑いくらいの陽気になった。
奥様とお孫さんの案内で、やっと墓参できた。

IMG_8799.jpg

私はヒマになったら小室さんと一緒に、ウルトラクイズでサイパンからハワイに向かうときに経由した、ポナペ島やトラック島に行きたいと思っていた。このことは話していないけれど、どの島を経由したのか二人で話したことがあるので、もし島巡りを提案したら一緒に来てくれたと思う。

IMG_8805.jpg

島といえば、一緒に対馬に行った馬場浩士君も2016年12月21日に亡くなってしまった。
昨年5月、一人で対馬を再訪する予定が手前の壱岐島で息絶えてしまった。

第2回アメリカ横断ウルトラクイズの太平洋航空路.jpg

ともに旅をした友が亡くなってしまい、ヒマになっても旅をする機会を逸してしまった。

いや、墓参のアポは昨日とったのだが、今日の未明にを見た。それが、小室さんちに行ったら、小室さんが出迎えてくれた夢だった。義弟の杉山眞さん(1981年の第5回ウルトラクイズ準優勝)と、たぶん森田敬和(第10回優勝)がいたと思う。夢の中の小室邸だ。
そうしたら、玄関に、敬和と小室さん、杉山さんが一緒に出た「クイズ100人に聞きました」の写真が飾ってあった。
ああ、そういうことか、小室さんはまだ家にいるのだった。

小室さん、トラック島に行こうよ。
| 日記・つぶやき | 19:13 | comments(0) | - |


コメント
コメントする