CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左
MOBILE
qrcode
<< 8ミリビデオテープのダビングが終わる まるでタイムトラベルだった | main | ミニDVカセットのスタンダード画質のテープをHDDレコーダーにダビングする >>
ミニDVカセットテープのダビングを始める
テープメディアが見られなくなる日が近いとの懸念から、かつて撮影した8ミリビデオテープをHDDレコーダーにダビングしている。
昨日、子どもたちが生まれたときから中学生くらいの20世紀分のダビングを終えた。2000年に8ミリビデオからミニDVビデオに買い換えたのでわかりやすい。※21世紀は2001年からです。

ミニDVカセットテープは35本程度あった。

IMG_9172.jpg

ミニDVカセットは8ミリビデオテープよりもさらに小さくて扱い易いが、1本63分と録画時間は短めだ。しかしこのくらいがちょうどよいと思う。

IMG_9183.jpg

すでに2000年から2004年ごろのテープはDVD化してあった。こちらはスタンダード画質、DVD画質だ。

IMG_9173.jpg

一部、私の講演などを撮影したテープがDVD化されていなかったので、SONYビデオカメラHDR-HC3i.LINKケーブルでHDDレコーダーとつないでダビングしようとした。

IMG_9170.jpg

ところがi.LINKケーブルが反応しない。

IMG_9181.jpg

ちなみに、ミニDVカセットはビデオカメラの性能によってDVDモード/ハイビジョンモードのどちらでも使える。さらに言っておくと、8ミリビデオテープも晩年はハイビジョン撮影ができるビデオカメラがあった。このときの録画時間は半分で、120分テープで60分のハイビジョン録画ができた。
そのため2004年まではDVD画質、2005年7月にミニDVのハイビジョンビデオカメラを買ったから、それ以降はハイビジョン画質で撮影している。

IMG_9169.jpg

ビデオカメラのマニュアルを見ると確かにi.LINKケーブルで接続でき、DVD画質のテープはDVD画質で録画できるのだが、どうやらHDDレコーダー側がDVD画質モードでないとダメらしい。2014年に買ったHDDレコーダーはすでに地上アナログ放送は終わっていた。HDDレコーダーはハイビジョン画質モードしかなく、i.LINKケーブルでDVD画質ではダビングができないらしい。

ビデオカメラには赤白黄色のアナログケーブルが付属してあったから、アナログならダビングできるだろうとケーブルを探したが、見つからない。半年くらい前、タンスがケーブルや取扱説明書でいっぱいになったので要らないケーブルを捨てたときがあった。どうやらそれで捨ててしまったのか。カメラ側が特殊な端子形状なので、買うしかない。

いっぽうで、ハイビジョンカメラで撮影したテープは、パソコンと相性がよいのですでに何本かパソコンに取り込んで編集してあった。
それでもダビングしていないテープがあったからそれはi.LINKケーブルで接続してダビングできた。

IMG_9180.jpg

ビデオカメラのテープクリーニングカセットを、ヨドバシカメラで午前に頼んだら夕方届いた。ヨドバシエクストリーム便はすごい。

IMG_9184.jpg

ネットオークションで買ったビデオカメラだけれども再生に問題はない。
アナログケーブルを買って、残っているミニDVカセットテープをHDDにダビングをし、Blu-Rayディスクとパソコンのハードディスクに保存すれば、生きているうちは視聴できると思う。

そして子どもたちが小さいときから大人になるまでの過程を見てきたけれど、大きくなったら撮影対象ではないな。子どもとしてはいつまでもかわいいけれど、ビデオカメラで撮る対象ではなくなった。
小さい子がいるご家庭は今のうちだと思います。

  
| 家電・AV | 18:29 | comments(0) | - |


コメント
コメントする