CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
<< ANAエコノミークラスでシドニーへ | main | シドニーのディナー:Meat District Co. ステーキ・ハンバーガー >>
馬場浩士君への手紙 オーストラリアのシドニーにて
馬場浩士君
今から3年前の2016年5月、君の写真展を観にオーストラリアまで行ったのだった。君とメルボルンのカフェでスイーツを食べたり、市内を散策したのはまたとない思い出だ。
なぜならその半年後に君は死んでしまったからだ。
もうオーストラリアに来ることはあるまいと思っていたが、また来てしまった。それは君のおかげと言っても過言でない。

死せる馬場浩士、生ける私を動かす。

IMG_0919.jpg

メルボルンで私が撮った遺影の君は、いつもはにかんでいる。
もし君が生きていたなら、私は君の存在を当たり前として、君を誘い出し、悩みを話し、時に悪態をつき、他愛もない楽しい思い出を重ねていったのだろうが、もはや更新することはない。

今日はシドニー市街地にあるハイドパークという公園に行ってみようではないか。肌寒くなってきたが、天気は雲一つない快晴だ。

IMG_0909.jpg

ハイドパークには青々とした木や、紅葉も終わりかけた木などが林立している。北から射す太陽の逆光がまぶしく、この光を活かして、どう写真を撮ろうか。

IMG_0934.jpg

池があって、湖面に建物が映っている。風で湖面が揺らぎ、建物も揺らいでいる。
ここに入ってみよう。

IMG_0937.jpg

ここはANZAC戦争記念館だ。オーストラリアは連合軍だから日本と敵対していた。豪兵と日本兵との多少の戦闘もあったと聞く。

IMG_0923.jpg

だがこの記念館は妙な空気感で、まったく別の世界のような気になってくる。
日章旗への寄せ書きや、

IMG_0924.jpg

新旧の飛行兵のヘルメットや、

IMG_0925.jpg

麗しい旭日旗などが展示されていて、この脈絡のなさは何ともたとえようがない。

IMG_0930.jpg

馬場君、向こうにノートルダム寺院みたいな建物があるぞ。

IMG_0940.jpg

あの現世に、君がもう一度「オーストラリアに行きましょう」というなら、私は迷うことなく「行かない」と言っただろうが、もし君の存在が夢であっても一度でも叶うのなら、その時は迷うことなく、何を差し置いてでも「行く」と言う。

馬場君よ、何をそんなところで寝ているのだ。
「どこどこに行きましょう、写真を撮りましょう、おいしいものを食べましょう」
そう言ってくれないと、私の妄想はますます私を縛り、どこにも行けず何もできない自分になってしまっている。

ともあれ、このオーストラリアの案件が無事に終わるのを見守ってほしい。

| 旅行・鉄道 | 21:25 | comments(0) | - |


コメント
コメントする