CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
<< ライマブレスレット 右手と左手の使用方法 | main | 三田のディナー:やきとり串若 ゴーンファミリーが愛した焼き鳥 >>
種村直樹 気まぐれ郵便貯金の旅 ただいま3877局 自由国民社
レイルウェイ・ライター種村直樹氏の"趣味"に旅行貯金があった。
旅先の郵便局で少額を貯金し、その郵便局名のゴム印と局長印を押印してもらうことでその土地に行った証にする遊びだ。遊び・趣味と言っても貯金でお金がたまるのだから、よいことだ。一方で、郵便局の正常な業務を妨害しているという意見もあるが、おそらくは旅行貯金という行為よりも、その行為をしている人・特定個人に対しての批判だと思う。

私も種村氏に触発されて、一時は旅行貯金に夢中になっていたことがある。家族での北海道旅行では一家で行く先々の郵便局で貯金をしていたし、会社の同僚馬場浩士君と旅行した時は「旅行貯金で時間が遅れる」と怒られたりもした。今ではすっかり熱が冷め、むしろ「ケータイ国盗り合戦」に魂を奪われているが、コンセプトは同じだと思う。

気まぐれ郵便貯金の旅 ただいま3877局は1997年秋に自由国民社から上梓された旅行貯金関係の本で、その前の1995年にも日本縦断「郵便貯金」の旅を徳間書店から出している。旅行貯金で2冊も本を出しているのだから大したものである。

DSC05903.jpg

この本の巻頭は「みなみ東北気まぐれ旅行貯金」で、編集者の宮下啓司氏とカメラマンの荒川好夫氏との気心の知れた三人旅だ。いずれも旅行貯金が大好きな面々で、示し合わせての書下ろしなのだろう。まだ残っていたオフ局と言われた、オフラインの手作業で貯金業務をする小さな郵便局を訪ねての気まぐれ列車の旅であるが、実に読みづらかった。
なぜなら、昔の話に次々に飛んで、いったいこの旅行が行われたのがいつなのか、さっぱりわからなかったからだ。
三回ほど読み直して、ようやく行中に出発日の97年6月9日の日付を発見したが、
「(旅行貯金を)1979年に始めてから…」
「貯金業務オンライン化は1984年にほぼ完了して…」
「国鉄本社を担当していた1971〜1973年ごろ…」
「1972年4月、鉄道ジャーナル誌に…」
「1973年に僕が毎日新聞を退社して…」
「1988年ごろに(旅行貯金を)ぼつぼつ始めて…」
などなどと、時系列があちこちに飛んでおり、いったい今がいつで何を言いたいのか、わからなかった。
2001年以降の脳梗塞発症後はこういう話が飛ぶ記述が多いが、このころからそうだったとは。

第二章の「郵便局とのおつきあい50年」は一転して読みやすい。郵趣に目覚めた中学時代の物語や、新聞記者として飛騨の山奥の郵便請負人(配達夫)を取材した記事の再録などは目前に髣髴するように鮮やかだ。郵便請負人の記事はスクラップブックで元記事を読ませてもらった記憶がある。特殊切手をシートで買っていたので、事務所のマンションを購入するためにその売却益が役だったと書かれているが、本人からも直接聞いていた。

第四章ではヤングの読者で7000局と1万局の旅行貯金をした猛者の話が出てきている。彼らも現在50歳を過ぎており、まだ貯金を続けているのだろうか。

本日7日から一般公開の<しばうら鉄道工学ギャラリー>の種村直樹コレクションには貯金通帳も展示されており、その情熱の一片を垣間見ることができる。



しかし全国24000局の完訪はまだ誰も成し遂げておらず、子孫に委ねようにもまともな子孫なら「あほらし」と金を引き出して終わりだろう。
際限なしに趣味に没頭するのはいかがなものかと思う。

  
| 読書 | 21:51 | comments(0) | - |


コメント
コメントする