CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
<< 過去のブログ記事をJUGEMに取り込む | main | 岳南電車に乗り鉄&撮り鉄に行く >>
せたがや梅まつりに行く 羽根木公園
恒例のせたがや梅まつりに行ってきた。小田急線梅が丘駅下車の羽根木公園が会場で、650本の梅の木が植えられている。
羽根木公園のは、昭和42年(1967)、当選した区会議員55名が55本の梅の木を植えたのが始まりらしい。地名は梅丘で最寄り駅は小田急線梅が丘だが、梅の木を植えたのは地名にちなんでの後付けである。

いつもは休日に行っているが、今日は平日で、しかもまだ始まったばかりで7分咲き。かなり空いていた。

D8C_6809.jpg

その分、園内は広々としており、ゆったりと鑑賞できる。カメラはニコンD810で、休日とは比べ物にならないほど自由にアングルを考えて撮影出来た。

D8C_6760.jpg

白い花が多く、赤い花がちらほらと。

D8C_6762.jpg

ピンクの花は少ない。歌碑のうしろにピンクの花。

D8C_6769.jpg

今日を狙ったのは抜けるような青空だから。

D8C_6773.jpg

園内に日本家屋がありお茶をたててくれるのだが、休日しか営業していない。だが、日本家屋に梅の花はよく似合う。

D8C_6782.jpg

大きな欅もあり、梅の花、青空とのコントラストが美しい。

D8C_6783.jpg

梅の木はみんな同じでなく色の違いのほかに種類も違っていて、この木は八重野梅だが白加賀というのが多かった。梅酒になるらしい。

D8C_6792.jpg

実は小田急線を入れて撮り鉄をしたのだが、右側に車両がチラリとみえるが、説明しないと見えない。距離がありすぎてピントが合わな過ぎた。

D8C_6795.jpg

真っ赤な椿の花もちらほらと咲いている。

D8C_6807.jpg

知らない鳥もいた。メジロもいたし、世田谷区にはまだ野鳥がやってくるのだ。

D8C_6801.jpg


売店も空いていたから、梅大福という甘い梅の実が中にある大福をいただいた。お茶がサービスでありがたかった。

D8C_6753.jpg

そういえば、昔住んでいた家には梅の木があり、毎年梅の実が出来て梅酒や梅干しにしていた。梅の木は大きいから、今の都会の普通の家で植栽するのは厳しいだろう。
| 日記・つぶやき | 18:34 | comments(0) | - |


コメント
コメントする