CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
<< 岳南電車 岳南富士岡駅の電気機関車 | main | 岳南電車 終点江尾駅で完乗達成 >>
岳南電車 須津駅から新幹線撮影スポットへ歩く
2月11日の岳南電車乗り鉄撮り鉄の続き。
岳南電車を撮影するにあたり、Googleマップを見ていたら須津駅の南に「写真スポット」とある。



どうやら新幹線の撮影スポットのようだ。富士山をバックに疾走する新幹線の写真は富士川鉄橋が有名だけれど、ここでの写真も見たことがあるだろう。

D8C_7076.jpg

須津駅は「すど」と読む。どう考えても「すづ」か「すつ」である。
須津駅で降りて南へと歩く。ミニストップの前の路地というかあぜ道を歩いて新幹線の高架をくぐり田んぼの中を見たら、すでに先客が4名いた。一人は三脚の影に隠れています。

D8C_7099.jpg

中にはカメラにフィルター類をこんなにして取り付けている人がいる。

D8C_7102.jpg

私は広告屋なので数々の撮影現場に立ち会っているが、物撮り(ブツドリ=商品写真)やモデル撮影で、車両や風景撮影は立ち会っていない。このようにカメラを加工しているカメラマンを見たことがない。どうもすごい先生らしく、ファンらしいおじさんがいろいろと聞いていた。

で、富士山をバックにした新幹線。私は三脚なしのニコンD810による手持ち撮影です。もちろんドライブモードで連写している。どうしてもフィルム時代の感覚が残っており、連写はフィルムが無駄になる気がして使いづらく、デジタルカメラなんだけど普段はシングルモードでの撮影をしている貧乏性だ。でも、紅葉の撮影に行ったとき、風景なのにドライブモードで連写している人がいて、なんなんだと思った。

D8C_7108.jpg

ぐっと引いて広角28mmで。それでも16両全部は映らない。

D8C_7178.jpg

アップ気味で。シャッター速度は1/1250秒でフィルムカメラの時代だと1/1000秒でもかなりの高速シャッターだったが、写真を拡大してみたらそれでも新幹線は少しぶれていた。1/2000秒以上でないとダメみたいでこれは今後の勉強です。

D8C_7224.jpg

新幹線は5分おきに来るので何パターンか撮影出来たので引き上げる。ここでどんなに写真を撮っても、賞を撮るレベルは、例えば鳥が飛び立つなどの偶然性が必要だろう。
それと、カメラは水準器内蔵で水平を保っているはずだが、左(名古屋方面)がちょっと上がっています。わざと左に傾けて新幹線で水平を取るのもアリでしょう。

戻って高架をくぐるとため池があり鳥がいた。そこに新幹線。逆光だがこういうほうが写真に個性になるかも。

D8C_7231.jpg

3時を過ぎて、富士山に雲がかかるようになってきた。

| 旅行・鉄道 | 09:24 | comments(0) | - |


コメント
コメントする