CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
<< 北海道の原点を訪ねる旅 京極ふきだし公園 | main | 香港一日観光 >>
香港視察旅 香港島と尖沙咀
個人の旅行は旅行会社の店頭で購入するのが普通だが、カタログや新聞広告での通信販売も人気だ。
理由として、価格が安いことが挙げられる。店頭でのコストがまったくいらないだけ安く設定できる。
第一、旅行は店頭であってもカタログ・パンフレットを見て選ぶのだから、選び方自体にさほどの違いがあるわけでなく、ある程度旅慣れた人なら、安くて気軽な通信販売の旅をお勧めする。不明点などは電話サポートがある。
時折、新聞広告を切り抜いて店頭で「このツアーに行きたい」という老人がいるそうだが、実は店頭では扱っていない。しかし似て非なる店頭販売用のツアーはあるから「そのツアーでなくこちらはいかがですか?」と誘導して店頭の売り上げを確保するケースもある。

毎月届く旅行カタログを行く行かないに限らず楽しみにしている人は多い。
いずれはインターネットにシフトしていくのだろうが。

そのカタログ通販でもっとも売り上げがいいのは近畿日本ツーリストとそこから派生したクラブツーリズムだ。

そこで競合先視察とばかり、営業の小倉君と企画の私、それにプランナーの鈴木先生の40代おっさん3人で、近畿日本ツーリストの手ごろな香港旅行を申し込んで、どういうオペレーションになっているのかレポートすることにした。

PA120007.jpg

成田空港から香港へ。香港島にできた新しい空港で、ターミナルと高速鉄道は直結している。

PA120020.jpg
PA120019.jpg

1980年に種村直樹氏らと行って以来の香港で、当時は"洗濯物が翼にひっかかる"と揶揄された啓徳空港だった。

一行はバスで市内に運ばれて昼食会場へ。次々と中華料理が出てきて、パクパクと食べる。基本的に中華料理は当たり外れが少ないけれども、ツアーの食事だから飛び切りおいしいわけでも地元の有名店でもない。

PA120023.jpg

その後、自由行動になり、大陸側の繁華街尖沙咀(チムサーチョイ)に行く。

PA120032.jpg

地下鉄のキップを買うのは考えながら。

PA120041.jpg

香港名物の道路上に広がるネオン看板で雰囲気を楽しむ。

PA120045.jpg

そして香港と言えばスイーツ。粒粒ってなんだろう。

PA120048.jpg

でもやっぱりマンゴープリンだよな。それを頼む。

PA120050.jpg

こうして香港初日の夜は更けて、おじさん三人はホテルに戻るのであった。
| 旅行・鉄道 | 23:58 | comments(0) | - |


コメント
コメントする