CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
<< 太川蛭子のローカル鉄道寄り道旅・箱根編 放送 久松郁実 | main | スターバックスコーヒーがやってきた >>
インターネット回線を@nifty with ドコモ光 に替えた
インターネット回線はながらく@niftyのAUひかりだったが、このたび@nifty with ドコモ光に替えた。

DSC00577.jpg

インターネットのFTTH(光ファイバー通信)は最初はJ:COMだったが2009年1月24日にAUひかりのギガ得プランに変更した。当時すでにNTT東日本のフレッツ光はあったがどうもNTTは好きになれずKDDIの回線にしたのだった。

だからうちには3回線入っていることになる(生きているのは1本)。

DSC00583.jpg

それで10年ほど使っており、その間にいろいろな業者が電話や直接訪宅などで新しい回線に替えるよう売り込みに来たけれども、工事が面倒なのと、どうせ1Gbpsといっても実際はその半分も速度が出ないのだから似たり寄ったりだと、放置していた。

だがしかし、散歩のついでにノジマ電気に行ってテレビを見ていたら、若い男の店員が寄ってきて
「携帯電話はどちらをお使いですか?」「インターネットプロバイダはどちらをお使いですか?」
などと聞いてくる。毎度のことでうざいと思ったが、
「携帯電話はNTTDoCoMo」「インターネットは@nifty」
と正直に答えたら、
「それならドコモ光がお得です。スマホ代が安くなります」
という。
インターネットの割引は腐るほどあると思っていたが、そういえばAUのケータイは安くなるとメールが来ていたこともあったっけ。どうせなら自社グループで囲い込みをしたいのは当然で、自社系列ならば割引もできるだろう。

それで聞いてみたら、毎月使ったギガ数で違うが10%引きくらいになるという。インターネット代はDoCoMoもKDDIも同じでスマホ代が安くなるなら、ドコモ光でもいいかぁ、と、契約してしまった。

工事費はキャンペーンで無料。AUの解約費も負担してくれる。Wi-Fiも最新型でないけれどもレンタル代は無料だという。さらにノジマ電気のポイントが5500円分付いた。

そしてWi-Fiルーターが届いた。エレコムの軽い空箱みたいな機械が来た。

DSC00552.jpg

そして今日27日が工事で、10時過ぎにNTTがリフトがついた大げさな車でやってきた。
10年ぶりの工事で、以前のAUの光ファイバーが突っ込まれている穴にNTTの光ファイバーを突っ込んで、



機械を取り付けて、作業は終わった。

DSC00586.jpg

ルーターの設定は契約に含まれていないプランのため説明書を読んで自分でやる。当然、できるものと思って、設定までしてもらうプランには入らなかった。

NTTDoCoMoから事前にご契約IDとアクセスキーを記した「開通のご案内」が郵送されてきた。

DSC00590.jpg

Yahoo!を呼んでみたけれど答えない。設定してないからだろう。しかしGoogleやフェイスブックは見られるけど、ツイッターは見られない。ここで理由に気づいた人はすごいプロだと思う。仲間外れクイズのようなものである。

ntt1.jpg

インターネットに接続しているのだが、表示されるサイトとされないサイトがあるのだ。
非常にむかつきながら、ドコモのスマホで151にかけて待つこと数分。

出てきた男性に状況を話すと、瞬時に「それはIpv6のサイトですね。ではプロバイダーはどこでしょうか」と、あるあるの問い合わせだったようで、パソコンを操作しながらのやり取りになった。

結論を言うと、ルーターの設定をパソコンからする際に「接続先ユーザー名」「接続パスワード」に、「開通のご案内」に書いてあった契約者IDとアクセスキーを入力したが、そこにはNiftyのIDとパスワードを入力するのだった。

Niftyは30年使っているのでIDもパスワードもよく覚えている。昔はそれを入力してパソコン通信をしていたのだ。

だが、「開通のご案内」を送ってきたのだから「接続先ユーザー名」「接続パスワード」は契約IDなどと思うのが普通じゃないか?少なくとも、「ご契約プロバイダのIDとパスワード」という案内はなかった。

私のカン違いだという人もいるかもしれないが、ここでNiftyのIDを入れるとは思わない。

さらに、あらかじめ送ってきたWi-Fiルーターを取り付けて、

DSC00588.jpg

Wi-Fiのパスワードをスマホに入力したらエラーが出る。

この中のどれをWi-Fiパスワードとしてスマホに入力すればいいと思いますか?

DSC00589.jpg

おそらくほとんどの人が「パスワード」と書かれた部分の英数字を入れると思うが、正解は「暗号化キー」だった。
確かに「パスワード」は<ルーター管理画面アクセス情報>とあり、そのパスワードなのだろう。

SSIDと書いてある下の暗号化キーがWi-Fiパスワードだと、すぐにわかる人は毎年プロバイダや回線を変えている人だろう。10年に一度の作業でさすがにそれは瞬時にはわからない。

インターネットの世界に多少なりともたしなみがあるつもりでいるが、だからこそ余計にこういうわからないような表現や指示に非常にむかつく。

これだから普通の人が全く分からなくてドコモショップなどにクレームを付けに行くのだ。それで相談料を有料にしたのだろうがうなづける。

ドコモの151の電話は録音されているので、出てきた男性には「感謝します」と言いつつ、「だれもNiftyのIDやパスワードをあの場で入れるとは教えてくれなかった。わかるようにしてほしい。開通のご案内の契約IDが紛らわしい。何に使うのか」と言っておいた。

肝心の速度だが、Usenで計ると700Mbps以上出ており、1Gbpsに近い。

ntt13.jpg

HUBや別のルーター、Wi-Fi経由だと遅くなるけれど、これなら大丈夫だ。

もう一つ、電話をNTTからドコモの光電話(IP電話)に替えた。電話番号は同じです。ところが携帯電話にかけられなくなった。工事の係員がいるときだったので聞いてみると、電話機側の設定が必要らしい。
IP電話解除番号を設定しなおさなければならないらしく、これまで市外や携帯には0033が自動的につく設定になっていた。これを解除しなければならず、電話機のマニュアルを見ながら設定解除した。そんなこと知らないよ。

※回線速度が1Gbpsでもその速度は理論値で、実際はその速度は出ません。
パソコンのLANボードが1Gに対応していなければ速度は出ません。1000BASE-T以上をお勧めします。
ケーブルが1Gに対応していなければ速度は出ません。カテゴリー6以上をお勧めします。
| パソコン・インターネット | 15:41 | comments(0) | - |


コメント
コメントする