CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
<< リマーケティング(リターゲティング)広告の功罪 | main | BS8K用パラボラアンテナの向きを確定する >>
BS8K用パラボラアンテナをとりあえず取り付ける
繰り返し書いていますが、8KテレビのSHARP AQUOS 8T-C70AX1を買っています。まだ開梱していません。

BSのパラボラアンテナを8Kに対応したものにしないと映らないので、これまでBS2Kがこの世に登場して以来利用していたパラボラアンテナを取り外しました。
写真の右がBS2K用パラボラアンテナ。BSアナログ放送は1989年(平成元年)6月放送開始らしいからその時からあるはず。左はスカパー用です。

DSC00357-のコピー.jpg

8Kは電波が左巻きらしく、これまでの2K用アンテナは右巻きなので映らない。4Kはこれまでのパラボラアンテナでも映ることもあるらしい。今、新しくBSパラボラアンテナを買えば、2K4K8Kすべてに対応しているのでこの点は考えなくて大丈夫。でも室内の分波器などは8Kに対応していないので取り換える必要がある。

で、いろいろ考えた挙句、DXアンテナの取り付け金具やケーブル一式が付いているセットにした。

DSC00615-のコピー.jpg

ただしこのセットのアンテナケーブルは4C-FBというやや細めのケーブル15mで、4Kまでは問題がないが、8Kならもしかしてきれいに映らないかもしれないと懸念をして、別に5Cという一回り太いアンテナケーブル20mを購入した。20mにしたのは、パラボラアンテナ取り付け予定位置から荷造り紐をテレビの場所まで引き込んで計測したら、15mよりも長くなったので、念のため20mを買ったのである。ものすごく計画と実験をしています。黒いのが5Cケーブル。

DSC00622-のコピー.jpg

今日の午後の暑い日差しの中、やっとBSパラボラアンテナを組み立てる。

DSC00770-のコピー.jpg

コンバーターという大事な部分。まずはこれをディッシュ(パラボラ)に取り付ける。

DSC00771-のコピー.jpg

そして最も重要なのは衛星の方角に向けることで、東京は仰角38度とのこと。それに調整する。
ただし家というか取り付けたベランダおよび取り付け金具が垂直であることが大前提で、傾いていたらアンテナを38度にしても実はそれは38度でない。

DSC00775-のコピー.jpg

取り付け位置は、前回のパラボラアンテナが隣のアパートが2階建ての時に取り付けたら数年前に3階建てになってしまったので、まだ見晴らしが確保されているベランダの端につけることにした。

DSC00776-のコピー.jpg

ベランダ取り付け金具。様々な種類があったが、このセットに入っている金具で十分との判断になった。ちなみにバラで買いそろえるよりもセットのほうが安い。4Cケーブルを捨ててでも安い。

DSC00780-のコピー.jpg

ベランダの角に取り付けるが、これは二人がかりでないとかなり厳しかった。一人で付けましたが、手が3本欲しかった。

DSC00782-のコピー.jpg

にょっきりとベランダから取り付け金具が鎌首を持ち上げました。

DSC00783-のコピー.jpg

次はパラボラアンテナにケーブルを取り付ける作業。ケーブルは両端を切り落としただけのもので、F型コネクタを付けなければならない。

DSC00785-のコピー.jpg

ケーブルの先っぽを、

DSC00786-のコピー.jpg

2cmくらいカッターナイフで切ってもじゃもじゃを出して、

DSC00788-のコピー.jpg

さらに同軸ケーブルの中側の白い部分をそーっと切って芯を出す。

DSC00789-のコピー.jpg

F型コネクタを取り付けて、金具で締める。これでケーブルは出来上がり。

DSC00791-のコピー.jpg

それをコンバーターに取り付ける。

DSC00792-のコピー.jpg

F型コネクタはネジのように回して締めていく。工具を使ってもいいけど、指で締めるくらいでもいいでしょう。

DSC00793-のコピー.jpg

さらに防水キャップをつける。これらはあらかじめケーブルにはめておかないと、F型コネクタを取り付けてからでははまらない。

DSC00794-のコピー.jpg

こうしてベランダにつけた取り付け金具にひっかけて、ねじを締めて固定する。

DSC00795-のコピー.jpg

だがしかし、ここでもっとも重要なのは方位角も衛星に合わせないといけないのだ。224度、真北が0度なので南西の方角である。

DSC00796-のコピー.jpg

ここでiPhoneの「コンパス」が活躍するはずなのだが、これが実に怪しい。取り出すたびに10度は違っている。

DSC00797-のコピー.jpg

夜に、AndroidとiPhoneのコンパスを比べてみたら70度ほど狂っていたが狂い過ぎだろう。

DSC00805.jpg

プロの電気屋はインジケーターという機械で電波の強さから衛星の方角を割り出すそうだが、30年に一度の作業のためにそんな機械は持っていない。テレビにケーブルをつけて、アンテナの向きを少しずつ動かして、一番きれいに見えるところで固定するしかない。

しかしまだテレビを開梱していません。
だから今日はケーブルを部屋に引き込む手前まで。ベランダの端を引きずり回して固定し、

DSC00800-のコピー.jpg

なんとか、そびえるBS2K4K8Kパラボラアンテナが出来ました。方角があいまいなため、ネジは緩くしか締めていません。たぶんもっと右に向けないとダメでしょう。
ケーブルをたるませているのは雨水を切るためです。

DSC00802-のコピー.jpg

明日はBSアンテナケーブル(青い枠)を部屋の穴(赤丸)から差し込んで部屋に引き込みます。
ケーブルをとぐろに巻いているのは、雨水を切るためです。ベランダの下なので、まず濡れませんが。

DSC00804 のコピー.jpg

できれば明日はテレビを組み立てて設置し、アンテナケーブルを付けてアンテナの向きを固定したい。つまり8Kテレビが見えるようにしたい。
テレビ(1階)とアンテナ(2階)は離れているので、一人ではきれいに映っているか見えません。どうやって調整しようか。

  
| 家電・AV | 18:37 | comments(0) | - |


コメント
コメントする