CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
沈黙法廷 WOWOW 佐々木譲・永作博美・市原隼人
好きな作家、佐々木譲原作でもある、WOWOWの連続ドラマW「沈黙法廷」が面白い。毎週日曜日夜10時から。
WOWOWのオリジナルドラマはどれも面白くて骨があり、見逃せない。

chinmoku-1.jpg

老人たちを次々と毒牙にかけて資産を奪った木嶋佳苗事件がモデルと思われる。この事件はマスコミ受けする内容のため、NHKは広末涼子主演で「聖女」を放送した。もっとも、「沈黙法廷」「聖女」とも、木嶋佳苗事件がモデルとは言っていないが。

chinmoku-4.jpg

赤羽で独居老人の絞殺死体が見つかる。近所の聞き込みで最後に老人宅に行ったのは家事代行の山本美紀(永作博美)だった。赤羽南署が美紀の家に行くと、タッチの差で美紀は大宮中央署の刑事たちに逮捕される。大宮で独居老人が焼死する火事があり、家族からの申し立てで調べたところ、やはり山本美紀が家事代行をしていた。

chinmoku-3.jpg

美紀を追う男がもう一人いた。高見沢浩志(市原隼人)だ。ネットカフェで知り合った二人は一時付き合っていたが、女は中川綾子と名乗り、ある日高見沢の前から姿を消す。
警視庁は美紀を起訴し、いよいよ裁判が始まる。美紀は裁判で何を語るのか、そもそも一連の事件は関連があり、美紀が犯人なのか。


何と言っても永作博美が孤独で不気味でとらえどころのない役をとてもうまく演じている。見事としか言いようがない。

chinmoku-2.jpg

放送はあと2回あり、原作とは多少設定が異なっているので、どうなるのか楽しみだ。

ところで、配役がNHKの朝ドラとかぶります。
赤羽南署の刑事は「あまちゃん」の駅長こと杉本哲太。対峙する大宮中央署は観光協会会長の菅原大吉。警視庁捜査一課刑事は「ゲゲゲの女房」で茂の兄の大倉孝二。事件を追うテレビ局員は「カーネーション」の電気屋甲本雅裕。被害者の息子は「ひよっこ」の三男の兄太郎の尾上寛之だ。
安定感があるのか、見慣れているからか、気になる。

  
| 映画・テレビ | 21:06 | comments(0) | - |


ゴジラのいる、ホテルグレイスリー新宿
小雨の中、ロケハンです。

IMG_9930.jpg

ゴジラと猿のコラボだな。猿の惑星聖戦記も観たい。

藤田観光グループのホテルグレイスリー新宿は東宝コマ劇場跡地のため、TOHOシネマズと一体となっており、ホテルのロビーフロントである8階フロア外(7階の屋上に相当)にゴジラが顔を出している。

IMG_9932.jpg

これまで何度となく外からは観ていたし、時間になるとゴジラの口が光ったりするけれども、間近で見るのは初めて。

IMG_9933.jpg

最新のシン・ゴジラは身長100m以上あるので、ビルの大きさと比較してもやや小ぶりである。

IMG_9934.jpg

ゴジラヘッドの下には似ていないゴジラのレリーフが2つあったが、これは1954年の初登場時のゴジラをフィーチャーしているのだろう。

IMG_9935.jpg

新しいゴジラが米国でも作られているけれども、やはり初代ゴジラが一番怖い。そして現代から観てもとてもよく作られている。

IMG_9936.jpg

シン・ゴジラの大ヒットと、ハリウッドでも新作が作られており、ゴジラは日本人の放射能への恐怖の化身なのだ。

IMG_9937.jpg


 

| 日記・つぶやき | 21:23 | comments(0) | - |


世田谷のディナー:寿司割烹水郷
御呼ばれで夜におでかけ。
世田谷区等々力の寿司割烹水郷はご高名はかねがね承っていたが行くのは初めてだ。

IMG_9905.jpg

カウンターとテーブルの、オヤジ一人で切り盛りしている店にしては広いほうだ。満席になったらかなり大変と思うが、我々だけだった。
水郷とは茨城県鹿島の水郷とのこと。

IMG_9906.jpg

手前のおすすめメニューが仕入れているネタらしいが、はまぐりはお休み。先日、テレビではまぐりをやっていたので食べたかったけど。

突出しにアン肝。

IMG_9907.jpg

シマアジのお造り。

IMG_9908.jpg

ひらめはポン酢でいただく。

IMG_9909.jpg

銀杏の季節になった。

IMG_9910.jpg

加熱調理は奥でやっており、カウンターは握りとお造りで、製造ラインが分かれている。しかし職人はオヤジのみ。
白子のてんぷら。熱くてトロトロだ。

IMG_9911.jpg

西京焼き。脂が載っていておいしい。

IMG_9912.jpg

北寄貝。かなりの大きさで一人で食べるにはさすがに難儀になってきた。

IMG_9913.jpg

なんと寿司屋なのに天然ウナギのかば焼き。厚みが違っており、身もほぐれるよう。そして皮は厚い。
ほかのネタを含めて食材の仕入れはかなり凝っており、他店の追従を許さない自信があるようだ。

IMG_9915.jpg

うな丼にして食べたいなぁと言ったら、軍艦巻きを作ってくれた。

IMG_9916.jpg

寿司めしだけれども、これはおいしい。

IMG_9917.jpg

ここから握りシリーズ。
いわしはプリプリの1匹を三枚におろして表と裏で二貫。

IMG_9918.jpg

ホタテガイもプリプリで厚みが違う。
そういえば、回らない鮨は今年初めてかもしれない。
ランチの定食で食べたか食べなかった程度だ。

IMG_9919.jpg

ここからは一貫で十分。中トロ。

IMG_9920.jpg

聞いたことのないだるまいか。塩で食べるのはたいしたネタではない時が有効らしく、この烏賊は醤油で食べたほうがよかったみたいだ。

IMG_9922.jpg

山ねこ巻というのがあり、何かと聞いたらクイズみたいで山芋と猫の好きなカツオ鰤(削り節)というので食べてみた。さっぱりしており、〆によいと。

IMG_9923.jpg

だが、まだ〆ないで雲丹。このウニも特注らしく、特特特の三特レベルという。

IMG_9924.jpg

この一貫で十分です。そして海苔も違う。厚みも香りも味も、そこらでおいしいという海苔よりもおいしい。
うちの海苔も専門店で買っているけど、レベルが違うようだ。

IMG_9926.jpg

それにしても、パンツ(ズボン)が青黄赤と信号だった。

IMG_9927.jpg

ごちそうさまでした。またよろしくお願いします。
| グルメ | 22:06 | comments(2) | - |


秋葉原のランチ:CoCo壱番屋 ハラール秋葉原 ハラールカレー
昨日、ハラールカレーを食べに秋葉原の昭和通りまで遠出をしたものの、店を間違えてベジタリアンカレーを食べてしまった。しかしおいしかったので怪我の功名である。
もはやハラールへの関心は低いのだが、行きがかりでハラール秋葉原店まで行ってきた。昨日は老人特有の勘違いで通りを1本間違えたのだ。症状が進むと地図が間違っているとか、店が引っ越したとか、自分の間違えは認めず、ありえない状態を作り出す。

IMG_9893.jpg

気づきにくいのは、CoCo壱番屋のコーポレートカラーである黄色ではなく、ムスリムに高貴な色とされている緑がベースだったからだ。店内も緑が基調になっている。

IMG_9884.jpg

メニューはどれも豚肉や豚由来品を使っていないらしい。日本アジアハラール協会の認証なので、今一つ不安ではあるが。

IMG_9885.jpg

CoCo壱番屋はファーストフードや値段の安さで集客する店ではなく、調理には時間をかけているし、金額も1000円近くして、そこらの定食屋のほうが安い場合もある。

IMG_9886.jpg

牛すじカレーにした。辛さは+1だ。

IMG_9887.jpg

ところがおいしくない。昨日のベジタリアンカレーはおいしかったのに。
ハラールだからおいしくない、ということではない。第一、インド人(原則ヒンズー教徒)が多いマレーシア(原則、イスラム教徒)でもカレー屋はたくさんあり、基本はムスリムでも食べられるハラールのカレーだ。
実際にマレーシアで食べたカレーはおいしかった。
 ↓マレーシアのカレー


フードコートでも高級店でも食べた。黒いヒジャブの女性も、食べる時だけヒジャブをめくって食べていた。
 ↓ マレーシアのカレー


このカレーはコクがない。味の深みというか奥行きと言うか、辛さの理由がない。

IMG_9888.jpg

牛肉がいけないわけでもなかろう。ビーフカレーは日本でもよく食べられる。特に関西はビーフカレーが主流だ。
卓上の辛味の素を振り掛けても辛いだけでカレーのうまみが感じられなかった。昨日のベジタリアンカレーとは大違いだ。

ところで、
キタ〜〜〜、ムスリム。

IMG_9889.jpg

それなりに認知されているようだ。ムスリムは味のおいしいまずいにかかわらず、ハラールでないと食べられないので、そういう意味では救世主だ。しかしこの味は合うのだろうか。現地で食べたカレーとも違っていたが、ムスリムの人々がおいしいと言ってくれればよいのですが。
| グルメ | 20:06 | comments(0) | - |


秋葉原のランチ:CoCo壱番屋 御徒町昭和通り店 ベジタリアンカレー
ココイチがハラールカレーを始めたらしい。ムスリムにも食べられる、豚由来食材がないカレーだ。マレーシアやインドネシアではフツーにあるカレーで、それなりにおいしい。
もうハラールの仕事はしないのだが、行きがかり上、気になる。
秋葉原にあるらしいのでいい天気に誘われて行ってきた。

IMG_9872.jpg

行けども行けどもたどり着かない。やっと店が見えてきた。
ところが店に「ハラール」の文字はない。かわりにベジタリアンカレーの看板が立っていた。ベジタリアンは豚肉どころか牛肉も鶏肉も使わないから当然ムスリムも食べられる。なるほどそうかと感心して、何か食べることにした。

IMG_9874.jpg

どれがベジタリアンカレーか、店頭の看板メニューではよくわからない。

IMG_9873.jpg

店内のノート状のメニューにベジタリアンカレーが特集されていた。

IMG_9875.jpg

野菜カレーが数種類ある。単なる野菜カレーではさすがにさびしいので、なすがトッピングされているカレーを頼んだ。

IMG_9876.jpg

メニューにはベジタリアンの能書きが書かれている。

IMG_9877.jpg

ただし、肉やメンチのカレーを日本で出さないわけにはいかないので、それらと同じ厨房で調理しているエクスキューズもある。

IMG_9878.jpg

そこそこ待ってなすと野菜のカレーが出てきた。辛さは+1辛くしてもらった。

IMG_9879.jpg

あぁ、おいしい。このカレーならまたすぐ食べても大丈夫だ。野菜のうまみやコクがある。

IMG_9880.jpg

ナスはきれいに並べられており、口に入れるとトロリと溶けるようにおいしい舌触りだ。

店を出たら店長らしい人がチラシを配っていて「いかがでしたか」と聞かれたのでお世辞抜きで「おいしかった」と答えたらほっとした表情をした。
ベジタリアンの客も増えているらしい。

ところで、この店はハラール秋葉原店だと思っていたけれども、どうやら違うらしい。大通りを1本間違えて、それで行けども行けども目指す店にたどり着かなかったのだ。しかし別の店だったがベジタリアンカレーがあって、それがおいしかったので怪我の功名ということにしよう。
| グルメ | 19:17 | comments(0) | - |


プリウスのキーの電池を交換する 「キーバッテリー残りわずか」
愛車トヨタプリウスはドアの開閉もエンジンの始動も電子キーを使うが、当然電池を必要としている。
先日来、走ってエンジンを切ると「キーバッテリー残りわずか」の警告がディスプレイに出るようになった。

IMG_9789.jpg

そこで電池を交換した。
電池はCR1632のボタン電池を使う。ポピュラーな電池でコンビニでも売っている。セブンイレブンのPBで税込257円だった。

IMG_9813.jpg

キーの側面にPUSHというボタンがあるのでそれを押して差し込まれている物理キーを引き抜く。このキーはもしもの時にドアの開閉などにも使えるらしい。

IMG_9816.jpg

そしてねじるようにしてテコの原理を使い電子キーの蓋をあける。

IMG_9817.jpg

ユニットの裏側に電池がある。

IMG_9819.jpg

電池を外して新しいものと交換する。+(プラス)と書かれたほうを見えるようにセットする。電池は爪でホールドされるので、爪を折らないように、そして確実にはめ込む。

IMG_9821.jpg

ユニットと蓋を戻してできあがり。

IMG_9822.jpg

警告メッセージが出てもゆうに10回は使えたし、まだ使えるようなのであわてる必要はないけれども、早めの交換がよいには決まってる。
月に2回くらいしか使わないで4年持ったので、普通に使っているならだいたい3年、毎日のように使っていれば2年ということかな。

  
| 日記・つぶやき | 08:23 | comments(0) | - |


SNS講座の講師を務める
10月になり、寒い日になったかと思えば、まだ汗ばむ日もあるこのごろ。
埼玉はすでに紅葉が始まっておりびっくりした。

IMG_9803.jpg

二週間に亘ってSNSの市民講座講師をさせていただいた。毎年恒例である。

IMG_9666.jpg

今回はフェイスブックとブログについて。もっともSNSらしく、友達との交流や新たな友達を増やすのがフェイスブック、自分の意見を述べたり作品を発表できる場がブログと言えよう。

最近、ブロガー招請事業と言って、国や自治体が海外のブロガーを招請して、交通費宿泊費食費観光代はすべて予算から捻出され、あれこれ見せて記事を書いて投稿してもらい、何十万円という高額なギャラを支払う事業が横行している。
外国人旅行者は何を参考に訪日しているかアンケートを取ると、必ずSNSが上位になるので、フォロワー数が多いパワーブロガーを招いて記事を書かせるのだ。

国や自治体は数年前の「わー、うれしい、タダで日本に行けるなんて!」という古き良き時代で頭が止まっているので、安価な予算で効果的な告知ができると思っているようだが、とんでもありません。
ブロガーたちはビジネスライクになり、高額なギャラを要求してくるのである。そのとばっちりは間に入った広告屋が被る。

IMG_9797.jpg

逆に、海外の政府観光局などが訪問する日本人客を増やそうと日本のパワーブロガーを招請して日本人向けに自国の観光情報を金を、払って書かせている例を聞かない。
これは日本独特の悪習だと思う。

前回に続いてSNS用にデジカメ写真(スマホなど含む)の整理術を伝えた。反応は今一つだったが、昔のネガをフィルムスキャナーでスキャンしたり、アルバムはコンビニの複合機でスキャンするワザを伝えた。
ちょうど、パソコンのハードディスクが写真で満杯になったので、写真保管に買った2TBのポケットHDDを見せての説明になった。

  


| 日記・つぶやき | 20:56 | comments(0) | - |


<< | 2/841PAGES | >>