CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
シンガーソングライターになれなかったよ
マルチオーディオレコーダー/プレーヤーを買ったので、レコードやカセットテープのアナログ音源をUSBメモリーに録音している。カセットテープは自作の曲をギターで弾いて歌っているものも含まれている。

DSC01727.jpg

私が高校生から大学生に至るころは、吉田拓郎に代表されるニューミュージック、自分で作詞作曲して歌うシンガーソングライターがブームで、若者(死語)は大きな影響を受けていた。
音楽雑誌は各種出ており、シンガーソングライターがアルバムを出すと、全曲の歌詞やギターコードが掲載されていた。

DSC01730.jpg
DSC01731.jpg

これは高校の文化祭の後夜祭で、部活(写真部)のメンバーと「人間なんて」を熱唱している写真だ。残念ながら音は録音されておらず、文化祭全体でいろいろ写真を撮ったはずだが、ネガも紙焼きも残っていない。

DSC01728.jpg

この時は即興でピック(ギター演奏用の爪)がなく手で引いていたので気づいたら指が血だらけだった。そのときの弦が残っていた。錆に見えるのは私の血でDNA鑑定をしてみるがよい。

DSC01733.jpg

私はギターを買ってギターコードを覚え、C F G7 の基本コード進行も覚えた。C♭とかG♯とか、わけのわからない押さえ方をするコードもあったが、ほどなくCFG7に移調(転調)して、カポ(カポタスト)というギターのネック(棹)のフレットを抑える道具を使って、キーの高さを原曲に合わせる技を発見した。

そして作詞作曲をした。シンガーソングライターに憧れていたのだ。
これらの曲を歌っている音源が発掘され、USBメモリに録音し、久しぶりに聞いた。
なんと多重録音されており、ギターのコードをかき鳴らすのと、アルペジオ、メインボーカルとバックコーラスまで自分でこなしている。これは英会話の練習用に買ってもらったLL(language laboratory)のカセットレープレコーダーの、先生の発音を聞いて自分の声を録音する機能を応用している。LLラジカセについてはこちらに詳しい

秋の雨> けっこう気に入っていた。
DSC01734.jpg

<MIWA1> 美和、または三和というのは女性の名前だ。三和子という後輩がいたけど、特に付き合ったわけでも気があったわけでもない。

DSC01735.jpg

貧困の詩> 泉谷しげるの「白雪姫の毒リンゴにインスパイアされて、そのメロディーで歌う。
DSC01736.jpg

反戦歌1> 当時はまだ学生運動が華やかなころで、たいていは反戦だった。反戦歌も多くラジオから流れていた。
漢文の授業中に作っていたようだ。
DSC01739.jpg

NAO2> 当時、尚子という後輩が僕に気があったのは知っていたが、尚子はそのうち同期の健一路が好きになった。しかし彼は尚子のその気持ちを知っていながら、気がなく冷たくしていたので尚子は体調を崩してしまった。社会人になってから尚美という女の子と付き合ったが、このNAOはこれらの女の子とは関係ない。フィーリングで付けたタイトル。
DSC01740.jpg

あき> 高校の同級生 いなこ が詩を書いてぼくが曲を付けた。いなこは性格がよかったけれど、付き合うルックスではなかった。
DSC01742.jpg

堕ちた男のバラード> 50年前も今も、精神構造はまったく変わっていない。
DSC01745.jpg

こうやって過去を振り返ってばかりいる。
| 日記・つぶやき | 18:31 | comments(0) | - |


宮の坂のランチ:マンドリンハンバーガーキッチン
東急世田谷線宮の坂駅前にマンドリンハンバーガーキッチンがある。すでに2回ほど行っており、とてもおいしいハンバーガーだ。
店主は文京区の有名店ファイアハウスの出身で、この店も行ったことがある。

マンドリンハンバーガーキッチンが面白いのは居酒屋<楽縁(らくえん)>を昼間だけ「間借り」して営業していることで、9時から15時がハンバーガーの営業時間だ。狭い居酒屋の厨房で、ハンバーガーの調理は難しいだろうが、いつもおいしいハンバーガーが出てくる。

DSC01714.jpg

今日行ったのは、この店が22日で閉店になるからだ。そして間借りを辞めて、千葉県習志野市で一つの店として再出発する。明日は雨らしいので、今日行ってきた。

店は混んでおり、といっても4人程度しか座れないのだが、初めて待った。
しかも手伝いの外国人のあんちゃんが電話注文を受けていた。後ろ姿の水色シャツがそのあんちゃん。

メニューから、次は食べようと思っていたバターミルクフライドチキンチーズバーガー1300円を頼む。これまでは肉系を食べていたが、チキンもおいしそうだった。

DSC01716.jpg

20分くらい時間をつぶして、ようやく店内に入れた。ドリンクはないので隣のファミマで定番のコカ・コーラを買う。

DSC01720.jpg

二人で行ったので、一つの皿にポテトが山盛りで来た。アツアツだ。
香辛料がかかっており、おいしいフライドポテトだ。

DSC01721.jpg

そしてチキンチーズバーガーも一つの皿に二つ載って来た。
次の客は入り口で待っているし、電話注文の人が取りに来るし、Uberもあるし、大変忙しいのはわかるので、合わせ盛りも容認できる。

DSC01722.jpg

バンズも特別で、ゴマの香りが香ばしい。そしてパン自体がおいしい。

DSC01724.jpg

チキンはバターミルクにつけてあった特製で、コロモがほんのちょっとピリ辛だ。
いかにもの肉感があり、歯ごたえがあってジューシーでボリュームもある、おいしいチキンだった。

DSC01725.jpg

レタス、トマト、チーズ、そして特製マヨネーズ。
これがもう食べられなくなるのは悲しい。

DSC01726.jpg

手をベタベタにしながら、ポテトとコーラにも代わるがわる手を出して、食べた。

店主に「習志野でもがんばってね」と声をかけて店を出たが、客が少なかったころはカウンター越しに話をしたので、マスクをしていても私を認識したようだ。

DSC01717.jpg

入口のでっかいハンバーガーの模型も見納めか。
2019年10月にオープンしたようなので、どうやら1年間の契約だったようだ。
習志野のほうが高級ハンバーガー店の競争が少ないだろうから、繁盛するだろう。店1軒となると、従業員も二人は雇わないと厳しいだろう。
習志野での繁盛を祈るや切。

| グルメ | 17:48 | comments(0) | - |


レコードをパソコンに録音する USBメモリ/SDカード
今日、9月18日は、
10時:ソニープレイステーション5(PS5)の予約受け付け開始。
12時:GOTOトラベル東京発着予約開始(ただしどうなるかまだ不明)
18時:観光庁誘客多角化採択発表

と、いろいろあります。

マルチオーディオレコーダー/プレーヤーを買ったのは、レコードやカセットテープのアナログ音源があるので、これらをデジタル化して、パソコンやウォークマンで聞けるようにしたいからだ。
まだ試していないが、戦前の鉄針蓄音機で再生した78回転のSPレコードもあり、これらをまとめてデジタル録音できる機械を求めていた。
ちなみに以前からレコードプレーヤーとアンプ、そしてパソコンをケーブルで結んで録音していたが、ノイズが入ることもあって、安いけれども一体型の機械を買ってしまった。

DSC01712.jpg

昨日録音してみたら64GBのUSBメモリーに録音されていない曲があり、また不具合かと憤りを感じたが、今日は気を取り直して、別の32GBUSBメモリやSDカードで試してみた。結果、うまく録音されたがコツがいる。まさにアナログである。

DSC01713.jpg

・USB/SDカードへの録音ボタンを押してから、→ waiting → rec になるのにすごく時間がかかる。先頭が欠けて録音されることがたびたびあった。このタイミングを体得するしかない。
・レコードプレーヤーでアームをレコードの外周部分に持ってきて、針がレコードに落ちるかと思う位置では針が下に落ちてしまう。この位置設定も体得するしかない。
・録音が終わって停止するとend_recと出るが、これがいつまでも消えずに次の録音ができないときがある。いったん電源を切っている。
・録音スタンバイにして一時停止にして、ポイントとなるところから録音を開始することができない。一時停止がない。
・MP3ファイルに録音されるが、ファイルの日付が2013年だ。これはあとでリネームするしかない。


LPレコードは台からはみ出るが、蓋に切れ込みがあって蓋をしてもレコードに当たらないようになっている。

DSC01710.jpg

曲の始まりに無音部分が出来たりするため、MP3を編集するフリーウェアをネットからダウンロードした。
mp3DirectCutダウンロード

直感的に使えて、カットしたい始まりと終わりを赤枠の [ ] (鍵かっこ)型のツールで指定するか、カットしたい位置をマウスでドラッグしてハサミアイコンで切り取る。

DSC01714.jpg

LPのような何曲も連続して録音した中のある1曲だけ取り出したい場合は、同じように指定して、ファイル→選択範囲の保存でその曲だけのファイルになる。

ID3タグで、曲名なども入れられる。

DSC01715.jpg

できれば、LPの無音部分を検知して、1曲ずつのファイルを作ってくれるフリーウェアがあればいいと思う。たぶんあるのだろう。

壊れたり不具合がでないで、しばらく使えるといいな。便利だし、それなりに音が出る。


 


| 家電・AV | 16:43 | comments(0) | - |


レコード・CD・カセット・AM/FMラジオ マルチ・オーディオ・レコーダー/プレーヤーを買う
レコード・CD・カセット・AM/FMラジオが聞けて、USBやSDカードに録音できるマルチオーディオレコーダー/プレーヤーMA-89を、PCあきんど楽天市場店で購入した。

DSC01573.jpg


 


以前より、「旅の終り」に代表されるレコードしかない曲をコレクションしており、これまではレコードプレーヤーとアンプをつないで、さらにアンプからパソコンにケーブルでつないで録音していたが、とても面倒だった。
しかも戦前の鉄針で再生していた78回転のSPレコードも押し入れから出てきた。
中学生時代のカセットテープを含めて、これらの再生とデジタル化をするためにマルチオーディオレコーダー/プレーヤーが欲しいと常々思っていたので、この機会に買ってしまった。楽天市場のセールで1万円しないが、3万円程度のオールインワンの機械もある。

DSC01576.jpg

四角くてコンパクトで場所を取らない。リモコンと交換針がついている。

操作パネルは日本語でわかりやすい。

DSC01683.jpg

説明書も日本語で、まったく問題ない日本語だった。

DSC01694.jpg

CDを再生すると、音にはまったく期待していなかったが、想像以上のいい音でいささか驚いた。

DSC01584.jpg

レコードは、アームの上げ下げはレバーでふんわりと動くが、再生位置に持っていったり、再生が終わってアームを元に戻すのは手動だ。音はちゃんと33回転または45回転で再生されており、早すぎたり遅すぎたり、速度にムラがあったりしない。

DSC01685.jpg

ラジオは海外仕様だからか、FMは108Mhzまである。

DSC01687.jpg

問題はカセットテープだった。
再生すると倍速以上の早送りで再生される。



推奨は60分以下のテープとのことで、テープの厚みが薄いものはおそらくテープを巻き込むのかもしれない。
巻き込むことはなかったが、キュルキュルと再生速度が高速なのはいただけない。
そこでPCあきんどに電話をするとすぐに返品交換対応をしてくれて、着払いで送り返した。

交換して届いた商品は、カセットテープは正常に再生された。もちろん、レコード、CD、ラジオも正常だ。

USBメモリに録音してみた。
録音ボタンを押すとWAITINGと表示され、これが長い。数秒後に録音が始まるので、このタイミングは把握していないと頭が切れる。

DSC01692.jpg

MP3で録音され、パソコンで再生したら問題なかった。

まだ試していないのは戦前の鉄針で再生していた78回転のSPレコードだ。もしかして針がダメになるかもしれず、戦後のEP/LPレコードの録音を先に済ませてから、SPの録音をする。

録音作業はまるまるその時間がかかるので、気長に作業をしていこう。

  
| 家電・AV | 11:46 | comments(0) | - |


Bluetooth 5.0 超小型アンプ ELEGIANT F900Sを買う
70型8Kテレビは5.1chサラウンドシステムで視聴しており、アンプにはTVのほかにMDやテープレコーダーを接続している。これにBluetoothアダプタを付けて、iPhoneのAmazon prime MUSICやウォークマンもBluetoothで聞けるようにしていたのだが、そうなるとテレビかiPhoneか、どれか1つしか使えない。

そこでBluetoothで接続できるアンプの安いのはないか探したら、ありました。

DSC01592.jpg

ブランドがELEGIANTで商品名がF900Sというらしいが、それはどうでもよく、手のひらサイズのアンプだ。

DSC01593.jpg

ほとんどがスピーカージャックでないかと思うくらい小さい。レビューを読むと、それなりの音が出るらしい。ただ、スピーカーケーブルは電線なので、このジャックにつくか心配だった。ネットで見た写真はスピーカーケーブルにピンジャックがついており、それを差し込んでいたが、私が持っている有り合わせのスピーカーケーブルはピンジャックがない。

いろいろ探したら、スピーカー端子のネジが緩んでいる写真があったから、ネジを緩めてスピーカーケーブルの電線を取り付ければいいやと注文した。3580円。ま、失敗しても何とかなる金額だ。

DSC01596.jpg

正面はUSB端子、AUX(外部入力)、電源スイッチで、上に大きくボリュームが付いている。

DSC01597.jpg

スピーカーケーブルの電線を剥く。子供のころからプラモデルにマブチモーターを取り付けるのにこういうことをやっていたから、今でも難なくできる。

DSC01600.jpg

スピーカーケーブルをつないだ。

DSC01602.jpg

スピーカーは35年前のソニートリニトロンカラーテレビのスピーカーを捨てずにとっておいたものを使う。これは当時の写真だ。手前の小さいのがテレビのスピーカー。

1987-14-33.jpg

それを付けた。

DSC01604.jpg

本体はあくまで小さく、電源アダプタのほうが大きいくらいだ。

DSC01607.jpg

BluetoothでiPhoneはすぐにつながった。

DSC01609.jpg

ウォークマンはなかなか相手が探せずエラーが出たが最終的にはつながった。しかしウォークマンに入っている曲はみなパソコンに入っており、パソコンで再生すればいいので、このアンプを使うまでもなかった。

DSC01610.jpg

このセットはデスクの背面に置かれていて、前はテレビ、後ろはiPhoneの音に挟まれるワケ。
こうして仕事をしながらでもテレビを見ながらでも、Amazonプライムで音楽が聴けるようになった。かなりシャリシャリした音で高音が強調されるが、これはスピーカーの性質のようだ。5.1chサラウンドのスピーカーを一時的につけてみたらマイルドだった。

DSC01612.jpg

このスピーカーってこんな音だったっけ。慣れると気にならないが、ちょっとキンキンしている。まあ、たいした耳を持っているわけでないので、これでいいです。

  
| 家電・AV | 17:00 | comments(0) | - |


無停電電源装置UPSを買う
無停電電源供給装置UPS(Uninterruptible Power Supply)を買った。

DSC01556.jpg

万一の停電でも電源を供給する装置だ。
ビルなどの大規模なものから個人レベルまで多様にあるが、2年保証で5980円という安価なものを買った。
外箱には3年保証とあるが、トラブルでもあったのだろうか、中の説明書に2年保証と置き換えて読んでくれとあった。

DSC01558.jpg

昨今の異常気象で停電や落雷が仮定のハナシでなくなっている。昭和30年代はまだ不意の停電があったけれども、電力会社の努力でそのようなことはまずなくなったが、50年や60年に一度と呼ばれる災害が毎年起きているので、万一パソコンのデータが吹っ飛ぶとクライアントを含めて自分が一番迷惑するので、保険の意味合いを含めて購入した。

DSC01559.jpg

想像以上に大きかった。ノートパソコンの電源アダプタくらいをイメージしていた。
この機械には鉛蓄電池が入っており、万一の停電時は電池から電源が供給される。その間にデータをセーブしてパソコンを閉じるのだ。通常は無人運用をしているサーバー用はもっと大容量のものがある。

DSC01561.jpg

電池をONにするには底面の爪を機械の中に押し込む。そうすると+-で電池がつながって起動しはじめる。

DSC01564.jpg

この爪が固くて完全に奥まで押し込まれなかったが電源ランプは点灯しているので、駆動しているのだろう。

もっとも災害による停電よりも、私が椅子に向かうまでに電源コードに足をひっかけてしまう確率のほうが高い。



そこでコンセントにUPSを取り付けて、

DSC01569.jpg

UPSから電源を取ることにした。
雷サージ専用が2個、雷サージ+電源供給が4個と、電源タップの役目も果たしている。ビデオの録画予約用にもUPSを使いたいところだが、ケーブルがビデオの場所に届かないので、当面はパソコン関係のみだ。

DSC01570.jpg

5980円で2年保証ということは1年あたり3000円以下の保険ということだろう。この「UPSが役立った」という異常事態がおきなければよいが。

  
| パソコン・インターネット | 12:45 | comments(0) | - |


オーダー本棚を組み立てて設置する
本は増える。
捨てる本や雑誌もあるが、捨てがたい本もあり、片付けていると見入ってしまい時間だけが経ち、何も片付かない。

これが最後と、幅1cm刻みのオーダー本棚を組み立てて設置した。



左右はこれまで使っていた本棚で、その間隔に収まる67cm幅の本棚をオーダーして、今日届き、早速組み立てて取り付けた。

いろいろネットで調べると、楽天市場で幅を1cm単位でオーダーでき、高さも数種類から選べる本棚があった。


 


既存の2つの本棚の間は68cmあり、ここにぴったり入る本棚として、67cm幅の、やや背の低い本棚を注文した。幅のほかに色や棚の間隔などをカスタマイズできる。ネット注文に慣れない人はある程度決まった寸法のお勧め本棚があるが、私の場合は既存の本棚の間に収める必要があり、このショップで注文した。

DSC01662.jpg

棚などはすべてバラバラの状態で、プラスドライバーが必要となる。ほかに木槌があると便利だ。一人で組み立てたけど、手伝いが一人いると捗る。

DSC01663.jpg

組み立て説明書があり、それに従って組み立てていく。だいたいが説明書を読まないのだが、今回はちゃんと読んだ。この説明書の優れた点は、一番最初に組み立ての概念図があることだろう。

DSC01664.jpg

最初に左側を組み立てて、次に右をはめ込んでいく。木は反るからぴったりはめるのは難しい。それにしても、1cm刻みのオーダーを10日くらいで納品するシステムは素晴らしい。

DSC01665.jpg

木工用接着剤が付いており、ぴったりなくなった。

DSC01667.jpg

組み立てた本棚を間にはめるとピッタリ。さすがだ。

DSC01669.jpg

右側と左側の本棚は異なる種類だけど、ぴったりはまった。調子に乗って間隔ピッタリの68cmにしていたら、はまらなかっただろう。木のゆがみがあるので、上と下とでは間隔が異なるので、多少の余裕をもった。もし緩くてガバガバだったら転倒もしやすくなるから、補強として古雑誌を挟み込もうと思って用意していたが、不要だった。

DSC01671.jpg

棚は3cm間隔で自由に設置できる。爪を取り付けて、

DSC01672.jpg

本の高さごとに段をまとめて並べていく。これらの本はかつては床置きしていたかわいそうな本たちだ。

DSC01673.jpg

地震による転倒を防止するため、ホームセンターでL字アングルを買って左右の本棚に取り付け壁に固定した。

DSC01675.jpg

文庫本やDVDは前後二列に置けるのでもう少し本は入るけど、もうこれ以上は本の置き場所がなく、本はこれでおしまいにしたいけど、無理だろうな。
| 日記・つぶやき | 15:38 | comments(0) | - |


<< | 2/1125PAGES | >>