CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
木更津バーベキュー弁当 宇都宮出張
急きょ宇都宮へ出張。
最初はケチって宇都宮線の普通列車(快速)で行こうと思っていたが、ほかの用事で出るのが遅れ、新幹線になった。
しかし駅弁を食べる楽しみができた。

東京駅の駅弁屋祭はことのほか人が少ない。いつもはごった返すのに、連休明けでみんな出かける気分ではないのか。

IMG_5839.jpg

もう一カ所の駅弁屋踊に至っては大部分の駅弁が入荷待ちだった。

IMG_5840.jpg

さらには新幹線改札口もガラガラ。床が見えている。

IMG_5841.jpg

新幹線ホームから在来線を眺めてもガラガラ。電車も人も見えない。

IMG_5842.jpg

東北・山形新幹線が入線。今回は山形新幹線つばさ車両に乗ってみることにした。2-2シートです。

IMG_5849.jpg

買ったのは木更津バーベキュー弁当880円だ。

IMG_5847.jpg

木更津に敬意を表してだが、なぜ木更津で豚肉のバーベキューなのか。ヤンキーが海岸でバーベキューをしているイメージしかない。

IMG_5848.jpg

味付けはどうしても濃くなっているが、豚肉も柔らかくておいしいべーべキューだ。豚肉とごはんの間にはきんぴらごぼうが隠されていた。

じゃがいもが皮のまま入っている。木更津人は皮のまま食べるらしいので、それにならって皮のまま食べた。
トータルでおいしくてリーズナブルな駅弁だった。

宇都宮駅のタリーズで美女と打ち合わせ1時間。
すぐに戻る。
ホームに上がると、東京行きの<やまびこ>が発車してしまった。

次のなすのを待つまで、向こうの下りホームに新幹線がやってきた。緑は郡山行のなすのだ。赤は秋田新幹線だろう。こんな変則もあるのか。

IMG_5854.jpg

さらにそれを抜く<はやぶさ>だか<やまびこ>だか<こまち>だか。すごいスピードだった。

IMG_5851.jpg

そそくさと東京に帰り、で、明日はどうなる。
| グルメ | 19:04 | comments(0) | - |


御茶ノ水のランチ:エチオピア カリーライス専門店
久々の御茶ノ水のランチ。
昨日の朝、「今日はカレーよ」と言われたのに「カレイの煮つけ」だった。肩すかしだ。だから無性にカレーが食べたい。小川町方面まで歩けばカレー激戦区だ。トボトボ歩いて、明治大学の先のエチオピアまで行った。

IMG_5831.jpg

エチオピアは界隈でも一目置かれているカレー屋だ。
カウンター主体の狭い店で入口の券売機でチケットを買う。今日は1060円の海老カレーにした。

辛さは0が中辛だ。1倍、2倍、3倍…と辛くなってきて70倍まであるらしい。0に何を掛けても0なんだけどな。
そして特徴はじゃがいもがつくこと。

IMG_5832.jpg

皮をどうすればいいかいつも悩んで、今回は紙ナプキンの上に剥いた。

IMG_5833.jpg

どことなく甘みと独特の味がするじゃがいも。そこらのいもではないと思う。北海道ではじゃがいもが採れないらしく、どこのじゃがいもなのだろう。お代わり無料のじゃがいもだ。遠慮なくお申し出ください。

海老カレーがやってきた。スースーのカレーだが、本格インドカレーとも違うカレーだ。

IMG_5834.jpg

香辛料の複雑な香りが鼻水を垂らしている鼻腔をくすぐる。

IMG_5835.jpg

海老も思ったよりもたくさん入っている。プリプリだ。

IMG_5836.jpg

カレーは熱く、そのため余計に辛く感じた。でも3倍くらいなら十分イケる。
ごはんはカレーのような汁をかけるごはんにしては柔らかめ。もうちょっと硬くていい。
スースーのカレーにごはんを崩すようにして浸して食べ進む。

じゃがいもは結局お代わりした。今度は皮のまま食べてみたが問題なし。
じゃがいもの皮むきって料理人の基本だと思うけれども、食べるほうも基本なのか。

デザートにアイスクリームというかジェラートがついた。

IMG_5837.jpg

久々の御茶ノ水のカレーはおいしかった。
食べ終わって御茶ノ水駅方面に行ったら騒々しい。ヘリが飛んでいるしサイレンがなっている。

IMG_5838.jpg

東京医科歯科大学の歯科医師が、日本医科歯科大学歯学部の学生(30歳)に刺されたらしい。恨みがあっての犯行か、歯が痛かったのか。
| グルメ | 20:54 | comments(0) | - |


ドライブお遍路:GPS軌跡
昨日で四国88カ所札所めぐりは結願した。その移動ルートをGPSの移動軌跡で観てみよう。

まずは全体像。松山空港から入り徳島空港から帰った。

henro-1.jpg

祖父の生家がある広島県大崎下島のまさに真上を飛行機が通過。

henro-2.jpg

機上から島に架かる橋を撮影した。左上の島である。島の輪郭がくぼんでいる部分でお分かりになるだろうか。

CIMG8632.jpg

しまなみ海道の海を渡る来島海峡大橋

henro-3.jpg

CIMG8744.jpg

ロープウェイで登った、88カ所札所の最高地点、雲辺寺

henro-4.jpg

CIMG8865.jpg

そして番外編の鳴門の渦潮

henro-5.jpg

CIMG9170.jpg

お寺ばかり巡っていると、どこが何という寺だかわからなくなるが、GPSの奇跡とGPSカメラで撮影していると、どこがどうだったか、思い出がよみがえる。

  
| バイク | 21:51 | comments(2) | - |


ドライブお遍路 88番大窪寺 これにて結願
ドライブお遍路最終章と銘打った3回目となったお遍路。
当初はバイクに乗る口実で始めたお遍路さん。2回で終わらそうと思っていたら、1回目の昨年5月に転倒事故を起こし、予定数をこなせずバイクを廃車にした。しかし私は無傷で、お遍路の効果があったと思っている。
2回目は昨年11月で、今度はスマホをホテルに忘れ引換し、やはり予定の参拝ができなかった。

今回こそ最後にしようと、愛媛県松山市の51番石手寺から始め、いよいよ香川県の88番大窪寺へと向かった。
鳴門からずいぶんと走った。よく晴れたいい日よりとなり、最終章にふさわしい。

CIMG9196.jpg

山門をくぐると、本堂の後ろに塔の相輪と背後の岩山が神々しくそびえている。

CIMG9197.jpg

大師堂は離れたところにあった。藤棚やボタンの花が美しく、やはり88番ラストを飾るにふさわしい寺の構成になっていた。

CIMG9202.jpg

裏手にあたる山門も大きくそびえている。

CIMG9205.jpg

これにて結願(けちがん)。
世界平和、国家安寧、家内安全、先祖供養、商売繁盛、健康長寿、病気平癒、大願成就と勝手なことばかり祈ってきた。昨年末に亡くなった馬場ちゃんの冥福も祈った。
果たして効果はあったのだろうか。

北川宣浩

むしろ、これまで支えてきてくれた、応援してくれた方々へ感謝せねばなるまい。そういう人々にもアッサラームアライクム、あなたの上に平安あれ。
どうもありがとうございました。

遅いランチを東かがわ市のうどん屋、讃州讃岐屋で摂る。

CIMG9211.jpg

野菜ぶっかけ天。

CIMG9210.jpg

黒っぽいおでんもあったので、食べてみた。

CIMG9208.jpg

どちらも東京では味わえないおいしさだった。

これで四国に来る口実はなくなった。でも私は凝りもせず新たな目標ができた。
みんなが幸せであるように、感謝をこめて東京で祈ることとします。

どうもありがとうございました。
| バイク | 23:06 | comments(0) | - |


鳴門の渦潮 観潮船 ドライブお遍路番外編
徳島県庁前第一ホテルは立地はそこそこだが、古くて狭くて、しかも外階段でロビーに行く構造で、いささか閉口した。
しかし朝食は充実のアイテムだった。

CIMG9156.jpg

今日は高校の修学旅行以来の渦潮を観る。あのときは淡路島からの観潮船だった。
11月には鳴門大橋から眼下の渦潮を眺めたが、時間が悪くてあまり渦潮は見られなかった。今回は潮の満ち引きを調べて、10時20分が午前のピークとのことで、それに合わせていく。

久々の汽車旅だ。阿波富田駅が至近で、徳島駅まで1駅。
そこから鳴門線直通の各駅停車に乗り換える。

CIMG9157.jpg

小さい紙の切符も久しぶりである。

CIMG9158.jpg

どっと疲れが出たのか、車内で寝てしまい、トートバッグを車内に置き忘れた。10万円のカメラが入っているのだった。改札口からあわてて戻ると、車掌が保管してくれていた。ありがとうございます。
汽車旅の失敗談を書くようになったら終わりだと思う。失敗しても黙っていればいいのか、あえて公開したほうがいいのか、わからん。

鳴門駅でサンバイザーが落ちていたのを拾った老婆が、向こうのバスの乗客に聞いている。いつ落としたのかもわからないのに、なんと親切なことよ。

CIMG9162.jpg

バスで観光港まで行き、大型船に乗り込む。1800円。
ちなみに、この一連の行程は、おとといの夜、急きょ調べた行程だ。

CIMG9164.jpg

船が港を出ると、すぐに鳴門大橋の全景が見えてくる。

CIMG9166.jpg

ちょうど橋が瀬戸内海と紀伊水道を隔てているので、橋の下で渦が巻く。橋の工事は大変だったと思う。

CIMG9169.jpg

観潮船はなるべく渦が見やすいところを選んで走る。

CIMG9170.jpg

洗濯機のようなきれいな渦はなかなか見られず、あちこちからの波の力が作用して、崩れがちだが迫力がある。

CIMG9174.jpg

観潮船は何隻かあるので、その船も写真に入れると大きさや迫力がわかる。

CIMG9180.jpg

船の片側にかぶりつくようにして渦潮を観る。

CIMG9187.jpg

ミニ旅だったが、久々に鳴門の渦潮を間近に見られたよかった。
いよいよ、四国88カ所札所めぐりの最後、香川県の大窪寺に向かいます。
| バイク | 22:52 | comments(0) | - |


徳島のディナー:バレンシーア 洋食 ドライブお遍路番外編
ドライブお遍路最後の夜は徳島市のバレンシーアで。ここは人形の家に匹敵する不思議空間のレストランなのだ。

CIMG9140.jpg

ここも一鶴並に探した。橋を渡った先の路地をすぐに曲がればよかったのだが、グルグル回ってしまった。

CIMG9141.jpg

だが中に入るとめまいがしそうな空間。彫刻だらけなのだ。

CIMG9154.jpg

メニュー票はファミレスタイプで、普通の洋食メニューがすごい数。健康定食とあるので何が健康かと思ったが、サラダがついてうどんがコラーゲンたっぷりらしい。

CIMG9143.jpg

ドリンクは健康に悪いコーラ。

CIMG9146.jpg

そして超特大どんぶりに入ってきたハンバーグ定食とうどん。

CIMG9148.jpg

味をうんぬんする前に量が半端ない。だからと言って爆盛りでもない。
ハンバーグにはなぜかもやしが練りこまれていて、歯触りが悪い。浜松の餃子のようなものなのかもしれないが、ハンバーグには合わない。

CIMG9153.jpg

ご飯は半分残した。申し訳ない。
| グルメ | 23:34 | comments(0) | - |


ドライブお遍路:85番八栗寺、86番志度寺、87番長尾寺
骨付鶏でおなかがいっぱいになり、85番八栗寺に向かったら、ケーブルカーで山登りをする札所だった。

CIMG9102.jpg

レトロなケーブルカーは1時間に4本出るので、便利だ。

CIMG9103.jpg

切符をもいだおねいさんが運転手で、きっぷを売ったあんちゃんが駅員で見送った。

CIMG9104.jpg

ケーブルカーを降りると八栗寺。

CIMG9106.jpg

本堂。

CIMG9111.jpg

大師堂。

CIMG9108.jpg

ケーブルカー山頂駅からの帰りも、すぐにカーブルカーがやってきてすんなり帰れた。本当はもう少しゆっくりしたいところだが、天気も悪いし、あとがあるので急ぐ。

CIMG9118.jpg

86番志度寺

CIMG9122.jpg

エレキテルでおなじみの平賀源内の墓があった。近くには源内の記念館があり、時間があれば見学したかったが時間がない。

CIMG9123.jpg

志度寺は木々が入り組んで植えられており、迷路のような境内になっている。

CIMG9124.jpg

立派な五重塔があった。

CIMG9130.jpg

87番長尾寺

CIMG9133.jpg

境内は広々しており、横に広がって極めて明快だ。

CIMG9132.jpg

本堂。

CIMG9137.jpg

大師堂。

CIMG9135.jpg

ついにあと1寺で88か所札所めぐり制覇。
しかし、88番大窪寺を残し、徳島へと車を走らす。
ゴールデンウィークは明日7日まで。お楽しみは最後まで取っておく主義です。

| バイク | 23:22 | comments(0) | - |


<< | 2/815PAGES | >>