CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
10年パスポートの期限が半年後に迫る
1976年にパネルクイズアタック25で優勝し、初めての海外旅行、あこがれの海外旅行でパスポートを取得した。

IMG_9513.jpg

そして多少の空白はあったものの期限が切れる都度更新(パスポートは結局新規発行となる)してきたが、今使っているパスポートの残存期間が半年を切ってしまった。

IMG_9511.jpg

2018年3月17日までだが、大部分の国は残存期間が半年以上ないと入国させてくれない。そのため、近いうちに海外に行く機会があるなら、新しいパスポートを取得しなければならない。今のところ、来年2月に出張が予定されている。そのときはまだ期限が来ていないけれども、実質的な期限は半年前のため、新パスポートが必要となる。

思えば、駐在員でもないのにこのパスポートはよく利用した。今年はまだ3回しか渡航していないが、昨年は10回だった。

25ページまで使ったのは最初で最後だ。

IMG_9512.jpg

使い始めはヨーロッパだったようだ。2010年にロンドンへ貯めたマイルのANA特典ファーストクラス航空券で行ったのだ。

IMG_9514.jpg

今の仕事をしてから、海外出張が急速に高まった。マレーシアのビザ。2014年3月。

IMG_9515.jpg

前の職場は海外出張はほかの部署の者ばかり行き、がっかりだった。
旅行が好きなのに企画だけ立てて行くのはほかの人というのはしっくりこなかった。
今は自分で仕事さえ取ってくれば海外にも国内にも行ける。

インドネシアのビザ。現地空港で35米ドルを払って買わされるのだ。今は観光ならなくても入国できるが。

IMG_9516.jpg

ところで、2019年から新しいデザインの、セキュリティがさらに強化されたパスポートになる。



各ページが異なる、冨嶽三十六景の絵柄が薄く入る。




パスポートは5年と10年があるので、2018年初春は今のデザインの5年ものを取得し、2023年に新デザインの10年ものにしよう。
生きていればのハナシだが。

| 日記・つぶやき | 20:25 | comments(0) | - |


駅弁サンドウヰッチを食べながら茨城県庁と栃木県庁に
昨日の群馬県庁に引き続き今日は茨城県庁と栃木県庁。

朝の特急ひたち3号は満席。
座席数が足りないのか、人の移動が多いのか。後者は良いことだと思うが、前者はそれならば増便するなどの施策が必要だ。

IMG_9392.jpg

上野駅構内で買った大船軒のサンドウヰッチ

IMG_9394.jpg

名産品の鎌倉ハムとチーズのサンドイッチだ。

IMG_9395.jpg

上野駅付近の、電車と並行して走る区間は昭和チックで好きだ。
母の郷里、土浦に帰省するとき、連なる電柱の1本1本に「おできに○○」という薬の看板がついており、小学生の私には「おでき」がわからなくて、その都度母に聞いたのを思い出す。

IMG_9397.jpg

おできの看板は平成になるころ、消えた。なんという名前の薬だったのだろうか、思い出せない。

茨城県庁は駅からかなり遠い。左は県警本部である。

IMG_9404.jpg

そして栃木県庁。こちらも立派。左は議会棟。

IMG_9423.jpg

内部は特産品の大谷石が使われている。

IMG_9424.jpg

仕事は不毛だった。そのため、宇都宮からの帰りは在来線の快速で帰京した。
また来る日は来るのだろうか。

三県を廻ったGPS軌跡はこちら。宇都宮は水戸より北だった。


クリックして拡大
| 日記・つぶやき | 20:11 | comments(0) | - |


北海道の駅弁を食べながら群馬県庁へ
昼前の新幹線で群馬県庁へ。
混んでいて、並んだ。しかも今季初めての1階建て<とき>。

IMG_9374.jpg

東京駅で買ったのは、北海道静内駅の海鮮たらば蟹弁当。1080円。

B8ABFE97-BF72-4789-8668-B6AA19946B2B.jpg

静内駅は今年6月に行ってきた。まもなく廃止になる日高本線の駅だ。

DSC_1900.jpg

弁当はやや味が濃く、カニのしっとり感がなかったが、おいしい部類の駅弁だ。

A3F58D28-7B47-4B62-B3F1-0895BC533D63.jpg

車窓は久々の青空で、気持ちがいい。外も、さほど蒸し暑くない。

IMG_9378.jpg

高崎駅で両毛線に乗り換え、着いたのは県庁所在地駅としてはややさびしい前橋駅

IMG_9382.jpg

ファミレスで美女と打ち合わせをして、

IMG_9384.jpg

県庁でややこしい話をしてきた。これはレトロな旧庁舎です。

IMG_9385.jpg

帰りは二階建てMAXとき。3列3列シートで椅子が倒せない車両だった。これは初めて。

IMG_9388.jpg

明日もおでかけです。
| 日記・つぶやき | 22:49 | comments(0) | - |


茨城県 ポケットファームどきどき 那珂湊おさかな市場
前の職場では毎月のように平日を休んで買い物に出かけていたが、今は当時と信じられないくらい拘束され働いている。ようやく休みが取れたので、久しぶりに茨城県まで買い出しに出かけた。

茨城県は47都道府県のうち人気最下位である。県知事も変わったことだし、そろそろ反撃に出たほうがいい。世界遺産はないけれど、日本三名園偕楽園があるし、大型の貨物港があるし、そんなことより農業畜産業水産業のレベルが高い。

まずは茨城町にあるポケットファームどきどき。直売所と森のレストランから構成されている。

IMG_9315.jpg

季節柄、かぼちゃですね。

IMG_9318.jpg

飾り物のほかに売り物が多種多様。おかめかぼちゃにハローウィン用の飾りの南瓜まである。

IMG_9309.jpg
IMG_9312.jpg
IMG_9313.jpg
IMG_9314.jpg

むろん、フツーの野菜も各種あり、安い。

IMG_9304.jpg

さらに茨城県は畜産業も盛んで、牛肉は常陸牛、豚肉はローズポーク、鶏肉は奥久慈しゃもとなんでもアリ。

IMG_9307.jpg

果物は栗にはちょっと早い。ブドウ、梨は食べどき。

買い物をしているうちに隣接の森のレストランが開店した。

IMG_9302.jpg

1950円で食べ放題、バイキングだ。

IMG_9319.jpg

どれを食べてもおいしいし、どんどん作り立てが補充される。

IMG_9320.jpg

アイスクリームは梅とカボチャ。

IMG_9321.jpg

おなか一杯になって、次はひたちなか市の那珂湊おさかな市場へ。那珂湊は合併前の市名である。

IMG_9324.jpg

こちらも種類が豊富で安い。
岩ガキはその場で剥いてもらい食べられる。

IMG_9325.jpg

イカのたぐい。

IMG_9326.jpg

甘海老がデカイ。

IMG_9327.jpg

あさり。
IMG_9329.jpg

はまぐり。
IMG_9330.jpg

しじみ。
IMG_9332.jpg

大人気ののどぐろは3尾で1200円。飲食店がイカにぼったくっているかわかる。

IMG_9334.jpg

こんなに食べられるのか、腐らないのか。

IMG_9335.jpg
| 日記・つぶやき | 22:12 | comments(1) | - |


#ひよっこ MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界
朝ドラ「ひよっこ」のオープニングタイトルを手掛けている田中達也氏の作品展示会「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」が新宿眦膕娃隠嘘催事場で開催されているので行ってきた。12日まで、大人800円。

IMG_8949.jpg

何と言っても素晴らしいのは写真撮影OKなことである(出口付近の一部を除く)。

IMG_8990.jpg

入口の「ごあいさつ」。

IMG_8953.jpg

なのでしばらく作品の写真をお目にかけます。
実物展示と写真での展示もある。写真も田中氏が撮影している。というか、田中氏は写真家である。

IMG_8954.jpg

IMG_8956.jpg

朝ドラタイトルにも登場の、ブラシを稲に見立てた作品。

IMG_8957.jpg

IMG_8960.jpg

IMG_8961.jpg

台所用のスポンジを芝生に見立てたもの。

IMG_8963.jpg

大きなボルトをフリーホイールに見立てたもの。

IMG_8968.jpg

アボカドのような食材はいずれも食品サンプル、蝋細工だ。

IMG_8972.jpg

大きなブロッコリーの模型があり、この下に座ると自分が模型の人形になった気分になる。

IMG_8973.jpg

そのブロッコリーを木に見立てた作品で、平野レミかよ。

IMG_8977.jpg

スポンジのイボイボを波に見立てたもの。

IMG_8974.jpg

IMG_8976.jpg

IMG_8980.jpg

写真撮影OKなのだが、残念なのは照明が考えられておらず、写真を撮ろうとすると自分が影になってしまうこと。これは何とかしてほしい。影がでないアングルで撮影しろってことだろうけど。

IMG_8982.jpg

作品の保管や移動も大変だと思う。

IMG_8985.jpg

まさに、花・火。
手前の家は市販のプラモデルだ。

IMG_8986.jpg

ひよっこにも登場した新パン線。実際に動く。

IMG_8991.jpg

唐辛子のゴンドラ船。

IMG_8999.jpg

スイカ(食品サンプル)のノアの方舟。

IMG_9002.jpg

ビニルテープのバージンロード。

IMG_9003.jpg

ホチキスの針の図書館。

IMG_9008.jpg

畳の稲の夕暮れ。

IMG_9009.jpg

このあと写真撮影NGの大掛かりな作品が数点あって、「"ひよっこ"写真パネル展」である。

IMG_9010.jpg

オープニングタイトルにある畳の田んぼのあぜ道を走るバス。

IMG_9012.jpg

あかね坂商店街の地図。

IMG_9016.jpg

主要登場人物の人型。

IMG_9019.jpg

作品には実際に市販されている模型が活用されている。

IMG_9021.jpg

人形はかなり小さい。田中氏は3000体ほど持っているらしいが、5体セットで3900円ほどして、それだけで200万円を超える。

IMG_9026.jpg

タイトルもしゃれていて、これを見出したNHKプロデューサーはエライと思った。

  

  
| 日記・つぶやき | 20:35 | comments(0) | - |


東京ジャーミィに金曜礼拝に行く
我が国最大で最高のモスクである東京ジャーミィの金曜礼拝(ジュマ)に行ってきた。

小田急線車内からして「おまいら代々木上原で降りるんだろ」という風貌の男たちが、案の定代々木上原駅で降りた。東京ジャーミィ最寄駅だ。

IMG_8842.jpg

ムスリムは1日5回礼拝をするが、金曜日午後の礼拝は特に重要で集団礼拝をする。
食事の用意もされており、これらは寄付で賄われていてありがたいことだ。

IMG_8843.jpg

最初はパラパラだった参拝客(って言うのか)。

IMG_8846.jpg

しかしだんだんと混んできた。

IMG_8864.jpg

男女は分かれており、女性は二階だ。

IMG_8856.jpg

最初の祈りは各自バラバラで行う。ひれ伏している人もいれば立っている人もいる。

IMG_8853.jpg

導師様というのだろうか、一段高いところで能書きを垂れる人がいた。アラビア語と英語らしく、なんだかわからない。この時は皆同じに礼拝をしだした。時折声をそろえて何か唱えているが、アーメンに聞こえる。そうは言っていないのだろうけど。

IMG_8875.jpg

というか、礼拝は何度となく見ているが、作法を全く知らない。座ったり、ひれ伏したり、立ったり、手を広げたり組んだり…。見よう見まねである。

IMG_8876.jpg

広い礼拝堂は人でいっぱいだった。
終わって外に出たら、外にマットを敷いて祈っている人も多かったので、これは東京オリンピック・パラリンピックが始まったら大変なことになる。

IMG_8889.jpg

ムスリムの人は同じものを買うのか、同じサンダルが散乱。誰のだかわからないだろ。

IMG_8880.jpg

その後、ふるまいの食事をいただく。

IMG_8895.jpg

ごはんにマトンとインゲンの炒めたものが乗っている質素な食事。カレー味みたいだけれど違った。

IMG_8896.jpg

ところで、裏手の小田急線沿いに古い木造校舎があったのだが、それを壊して新しい建物と駐車場を作っている。校舎はロイ・ジェームス(元祖ヘンなガイジン)が通っていたらしい。

IMG_8881.jpg

とても荘厳な時間だった。

IMG_8849.jpg

どうでもいい飛び入りがアラーの神に祈っても、祈りなど通じるものではなかった。
| 日記・つぶやき | 21:56 | comments(0) | - |


新潟出張 駅弁は八ヶ岳高原たまごサンドと燕三条
またまた新潟出張である。
仙台は白河の関を超えられず疎遠になったが、北陸は安宅関を超えたので、ときどき出かけるようになった。

MAXときは部分部分で見るとビルのようでもあり、群盲像をなでる。

IMG_8747.jpg

東京駅通路の駅弁屋祭で買ったのは八ヶ岳高原たまごサンド。丸政の駅弁である。朝から海鮮弁当など食べる元気なし。

IMG_8749.jpg

POPの写真に分厚い卵焼きがサンドされていたので、それに釣られて買ってしまった。

IMG_8750.jpg

しかし玉子焼きはやや固くて甘く、サンドイッチのカラシがかすかに味を引き締めていたが、ちょっと想像とは違った味だった。卵サンドの卵ってのがあるだろ〜。

田端当たりの在来線と並行している部分は、二階建てMAXときから上から目線で見ると模型のようだ。今度、全行程をビデオで撮影してみようか。

IMG_8752.jpg

幼いころ、母の郷里に帰省するときに、常磐線から田端付近を見た時を思い出す。
まだ東京だけれども、自宅付近とはまったく違った光景で別世界に来てしまったと思った。

IMG_8756.jpg

着いた新潟は土砂降り。

IMG_8769.jpg

迎えの車があったからよかったけれども、これでは駅の庇から出られなかった。
雨はほどなく止んだ。

IMG_8778.jpg

↑こんなところにも立ち寄って、耳寄りな情報をつかんだので燕三条駅で降りる。

IMG_8791.jpg

燕三条駅で降りるなんて、一生に一度だろう。

IMG_8810.jpg

ところで、燕三条市があると思っている人が多いようだが、燕市と三条市の中間に作られた上越新幹線の駅が燕三条駅。
埼玉県の蕨駅と川口駅の間にできた駅を蕨川口駅というようなものである。

燕市も三条市も金属加工産業で世界的に知られた街。
ここには、燕三条地場産業振興センターがある。

IMG_8798.jpg

金属加工産業で生まれた洋食器や刃物などが販売されているのだ。

IMG_8800.jpg

安っぽいドラえもんのスプーンから、高級なカトラリーまで豊富に展示販売されている。

IMG_8803.jpg

洋食器もある。

IMG_8804.jpg

銅製の鍋釜もある。

IMG_8805.jpg

私は爪切りと鑢を買ってしまった。

IMG_8807.jpg

残念なのは爪を切ったばかりで伸びていないこと。早く伸びないかな。
今使っている爪切りは35年前に新宿の職場近くの麻雀屋のノベルティでもらったもので、凱旋門という店名ロゴ入りのものだ。よく切れて、いまだ愛用している。
| 日記・つぶやき | 20:01 | comments(0) | - |


<< | 2/101PAGES | >>