CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
GoPro HERO5のケースを取り替える
ウェアブルカメラの代名詞とも言えるGoPro HERO5
独特の形状で三脚穴はないし、ケースに入れてグリップをつけなければ撮影しにくいし、使い勝手はよくなかった。

2016-4Q-0274.jpg

最初からついているケースは、バカかと思うほど、決定的な使いにくさがあった。それはケースの形状である。充電の穴がケースからカメラを取り出さないと開かないのだ。ケースの開きがないのがいけない。

IMG_4656.jpg

充電の穴はサイドドアで普段は閉まっている。防水なのでそれは当たり前だ。しかしケースがカメラにぴったりで取り外しが固く、サイドドアもなかなか開かず、閉口していた。

IMG_4658.jpg

サイドドアは取り外しが可能というので外そうとしたらなかなか外れず、力を入れたらヒンジ部分が割れてしまった。サイテーである。



これはケースのサイドドアを開ける部分の穴が小さすぎるからで、こんなのはサイドドアがケースをつけても開くように大きな穴にすればいいのだ。
そう思っていたら、アナの大きなケースが売られていたのでヨドバシカメラで買ってきた。

2017-1Q-0938.jpg

このケースはグリップにも付くように、同じネジになっている。

IMG_5323.jpg

十分な大きさのあるケースだ。
なんで最初からこういうケースにしないのか不思議だ。サイドドアを買い替えて、今では便利に使っている。

IMG_4662.jpg

ちなみに、GoPro HERO5自体はコンパクトで超広角で音声でシャッターが切れてなかなか面白いカメラだけれど、半端なケースといいグリップが必要といい三脚穴のなさといい、この使いにくさをこなして、初めてPROと呼べるのだろう。

  
| 写真 | 23:01 | comments(0) | - |


CP+ カメラと写真映像のワールドプレミアショー
パシフィコ横浜でCP+ カメラと写真映像のワールドプレミアショーが開催されているので行ってきた。

2017-1Q-0858.jpg

今現在、どうしても欲しい機材はないが、最新情報の吸収のための視察だ。でも、お金があるなら欲しい商品は山のようにある。
まずは三脚で、コンパクトカメラでの自撮りセルフタイマー用の三脚だ。どれも帯に短く襷に長し。

2017-1Q-0865.jpg

大きいものは重たくてかさばるし、小さなものは不安定。その間が欲しい。
小型で邪魔にならず、いざというときすっと伸ばして記念写真が撮れるものだ。やはりスマホに自撮り棒が一番いいのかと思うと、だからカメラが売れなくなるんだよなと実感。

カメラ博物館からいくつか懐かしカメラが展示されており、ステレオカメラ

2017-1Q-0872.jpg

最近はテレビの3Dも無くなったし、ステレオは流行り廃りがあるようだけれど、NHKは立体テレビも研究していることだから、地道な永遠の課題だと思う。

ポラロイドのムービーカメラ。家庭用ビデオカメラ登場前の商品で、撮ったムービーがその場で見られる画期的なカメラだった。フィルムカートリッジに現像液などが入っており、撮影後にテレビのようなこの機械にかけると自動現像が始まり、数分で動画が見られた。

2017-1Q-0873.jpg

アメリカ人はホームパーティが好きで、8ミリ映画もよく撮影していたから、パーティの終盤でその模様を来客に見せるのが主なニーズだったので、日本でははやらず、まもなくVHSやベータなどのビデオカメラに代わってしまい、商品そのものが無くなった。

キヤノンのEOSムービー。プロ用のハンディビデオはREDのシェアが高いが、キヤノンやパナソニックもがんばっている。金があったら欲しいが、何を撮るのだろう。持つだけでくたびれると思う。

2017-1Q-0876.jpg

ニコン100周年記念モデル
しかしニコンは経営的に厳しい状態にさらされている。DLという欲しかった機種は発売前に中止になってしまい、どうしたことか。

2017-1Q-0895.jpg

そして参考になったのがプロによる写真講座。30分程度のステージで後ろの後ろから観ていたのだが、なるほどと感心した。

2017-1Q-0903.jpg

私なぞ、オートで撮っているがプロはホワイトバランスや画像コントロールを細かく調整して撮影していたのだ。

2017-1Q-0905.jpg

オートのままでいじりもしなかった。
しかし去年、アンテロープキャニオンに行ったときに、ガイドが日本語のメニューから画像を調整して見事な写真を撮ってくれていたので、なるほど、そこまでしなければダメなのかと思った。

  
| 写真 | 19:08 | comments(0) | - |


ニコンD5300のホワイトバランスとピクチャーコントロール
旅行で気合を入れた写真を撮るときはニコンD5300を使う。

DSCN1182.jpg

主に風景や駅舎を撮影しているが、出来上がった写真はどこかのっぺりとしておりメリハリが感じられなかった。

今回、アメリカ旅行に行ってアンテロープキャニオンのガイドが、日本語モードのカメラをなんだかいじって、それは見事な写真を撮ってくれた。モードを変更して撮影してくれたのだ。

これまでほとんどプログラムオートで撮影していただけで、
ホワイトバランスもAUTO、
ピクチャーコントロールもノーマル、
撮影モードも、風景やポートレートなどいくつかあるのだが、ノーマルのままにしていた。

IMG_1558.jpg

だが、今回、D5300の修理ついでに新宿ニコンサロンでセミプロの写真も観てきたが、どうやらオートモードでの撮影はあまりしないようだ。
ましてや、露出は絞り優先やマニュアルも使っている。

そこで、少しでも良い写真を撮りたいと、モードを変更した。
ホワイトバランスはいまのところAUTOだが、撮影時の光線の具合に応じて、適宜変更したい。

IMG_1559.jpg

ピクチャーコントロールは、風景写真や人物はビビッドのほうがメリハリがつく。通常はビビッドにしておこう。

IMG_1560.jpg

これらの判断やカメラへの操作は撮影時に瞬時に決めないとシャッターチャンスを逃がす。
写真はたくさん撮っているが、そういう訓練はしたことがないので、今後は考えながら撮影しようと思う。
| 写真 | 12:42 | comments(0) | - |


ニコンD5300の連番モードが重複する
アメリカ旅行にニコンD5300を持っていき、2000枚以上の写真を撮った。
SDカードには約500枚から999枚単位で自動的にフォルダができて、その中の写真ファイルはDSC_XXXX.jpgの連番が振られる。

名称未設定-1.jpg

今回は3つのフォルダができた。

連番モードならフォルダが分かれても自動的に4ケタの連番が付く。ところが一部重複している連番、つまり同じファイル名の写真ファイルができていた。知らないでハードディスクなどに保存すると、重複している前の写真ファイルが上書きで消えてしまう可能性があり、バグなのだろうが早急に直してほしい。

101D5300のフォルダの後半部分。
DSC_5448.jpg〜DSC_5486.jpgの写真がある。

名称未設定-2.jpg

ところが次の102D5300のフォルダの写真は
DSC_5448.jpgから始まっており、DSC_5486.jpgまでが重複している。

名称未設定-3.jpg

気づいたのでリネームしてハードディスクに保存した。

ネット検索すると、連番モードにすると重複しないでいいですよという記事は出てくるが、重複してしまう記事は見つからなかった。今度ニコンサービスセンターに持ち込んでみよう。

※追記
新宿のニコンサービスセンターに持ち込んだ。
まず、ファインダースクリーンに埃があって目障りな点。外部ではなくスクリーンとペンタプリズムの間で分解が必要なため、それだけで15000円かかってしまった。さらにこの連番モードの重複を指摘してSDカードまで添付したが再現できず、念のため回路基板を交換してもらった。さらに、AUTOモードで夜なのにフラッシュがポップアップしなかった点(グリフィス天文台の夜景)も再現せず、ストロボの調整だけしていただいた。
合計21060円かかってしまった。

  
| 写真 | 05:23 | comments(0) | - |


江ノ電鎌倉高校前駅で撮り鉄修行
神奈川県でロケ。
仕事なので詳しいことは書きませんが、いくつもの中の一つで江の島と江ノ電鎌倉高校駅での江ノ電車両の写真を撮った。

江ノ電は腰越駅から稲村ヶ崎駅まで海岸沿いを走り、それはそれは風光明媚で日本の車窓のベストにもよく選ばれる。特に鎌倉高校前駅は江の島もきれいに見えて、ミニスカのJKも多くて、そのスジの人々には愛好されている。
そこで、鎌倉高校前駅で江ノ電と江の島の写真を撮ることになった。

しっかし、工事中で道路と海岸の間にフェンスがあって海が見えにくいし、そもそも邪魔(工事の人、ごめんなさい)。しょうがないけど。

しかも、駅の中と江の島とでは明るさが数段違うので、HDR(ハイダイナミックレンジ)モードで、露出差を補正することとした。
だが、映った写真はこのとおり、多重露光のようだ。

D8C_3331.jpg

まったく、生半可の知識だからこうなる。HDRは露出を変えていくつか撮影して自動合成する。電車のような動いているものは、シャッターを何枚か切るたびに動いているのだから、こういうダブって映ってしまうのだ。それを知らないなんて。HDRは止まっている風景などに使うモードだった。

次いで、駅から出て道路の歩道で江の島と電車を入れて撮る。ちなみに電車は12分おきに来て、上りと下りがあるので12分で2本撮れる計算になる。

だが、意外と渋滞で電車と自動車が同時に来てしまい…

D8C_3367.jpg

これは良いほうですね。それにしても工事のフェンスがじゃま。

D8C_3393.jpg

次に、すぐそばの踏切はアニメ「スラムダンク」に登場したことでアジア圏を中心にものすごい観光スポットとなっている。平日の今日も中国人メインでこんなに人だかり。

D8C_3453.jpg

しかも、交通量も多いため、自動車がお構いなしにデーンと映ってしまった。

D8C_3401.jpg

あるいは宅配便の車が止まって12分に一度の電車と重なってしまう不運も。

D8C_3413.jpg

中国人カップルが背中を向けてこんな写真を撮っている。

D8C_3418.jpg

おまえ、コレを撮ろうとしてるんだな。

D8C_3419.jpg

結局、炎天下の1時間、鎌倉高校前駅付近で電車を待って撮影したけれども、プロの撮り鉄への道は厳しかった。
| 写真 | 20:51 | comments(2) | - |


航空科学博物館と成田市さくらの山で飛行機の撮影
成田国際空港まで運転手。
その後、空港の南、芝山町にある航空科学博物館に行った。

D8C_3156.jpg

博物館は10時オープンで1時間以上も前についてしまったが、すぐ脇が着陸する飛行機の導入部になっており、すごい迫力だ。

D8C_3172.jpg

撮り鉄ならぬ撮り空というのかなんていうのか知らないが、すでに航空機撮影マニアが超望遠レンズで飛行機を狙っていた。こちらもニコンD810に28〜300mmズームレンズをつけて飛行機の撮影を試みる。

D8C_3152.jpg

これまで羽田空港の展望台からは撮影したことがあるが、沿道からの撮影は初めてだ。

D8C_3163.jpg

飛行機が近づくと300mmではすでに画面からはみ出すほどの迫力。
撮り空の「先輩」たちはふだんは車の中で待機。航空無線とフライトレーダー24あたりを使って、飛行機が近づくとおもむろに車から出て、パシャパシャと撮影してまた車に戻る。

D8C_3173.jpg

あるいはお目当ての飛行機があるらしく、会話を聞いていると「今日は珍しくDHLのなんとかが来るのでそれを撮影する」とか、電話で仲間と会話をして「あ、今日は西武なの」と、撮り鉄兼務の人もいるらしい。

D8C_3178.jpg

だいたい数分おきにやってくるので、待っていればなにかしら撮影はできる。
滑走路に着陸態勢をしてから車輪を出すのであった。上空で出すのではない。

ちなみに4Kビデオでも撮影してみたが、至近で飛行機を追うのは難しいですね。鐵道と比べ物にならない、かなりの速度だ。

D8C_3186.jpg

航空科学博物館に展示されているレーダーもちょいと加えて写してみました。

D8C_3189.jpg

10時になってようやく開いたので500円の入館料を払って入る。ちなみにJAFの会員証を見せると割引になるらしいが、いっつも車に忘れてしまい、今回も取りに行くのをあきらめたので500円で入る。

D8C_3204.jpg

5階に展望スペースがあり、そのスジのおっさんたちがあの飛行機はなんだかんだとうるさくしゃべりながら撮影していた。

これはANAの団子3兄弟。

D8C_3201.jpg

10時半になったのでそそくさと降りて、車で逆の北側にある成田市さくらの山に向かう。
南の、航空科学博物館側は着陸するシーンばかりで、飛び立つ飛行機を撮影する魂胆だ。ここから4kmほど離れている。

D8C_3236.jpg

こちらも家族連れや飛行機マニアでにぎわっていた。プロ並み機材で狙うおじさんたちも多数いた。スチールカメラは少なくとも400mm以上でないと迫力ある撮影はできないと気づいた。1000mmくらいのレンズを持っている人たちもザラにいて、鉄道写真や航空写真はカメラメーカーを助けていますな。

D8C_3244.jpg

いよいよNH010便、ニューヨーク行きだ。11時発なので11時15分くらいにさくらの山上空を飛んで行った。

D8C_3282.jpg

これです。

D8C_3285.jpg

道の駅ならぬ空の駅さくら館が併設されており、地元の農産物などを売っている。

D8C_3302.jpg

全国の地サイダーを各種売っていたので、面白がって何本かおみやげに買って帰った。

鉄道の写真も面白いが、飛行機の写真撮影も面白かった。もうちょっと勉強して本格的にできたらいいな。

  
| 写真 | 14:04 | comments(2) | - |


ニコンD5300の撮像子とファインダーのゴミを取る
愛機ニコンD5300は先日のオーストラリアにも連れて行った。
そのときから気づいていたのだが、ファインダーの右下にゴミが付いていて、ブロアーで吹き飛ばそうにも取れない。

IMG_8408.jpg

これはそのイメージだ。ファインダーを覗くと、右下にゴミがついていた。



これはファインダースクリーンについているゴミで、ファインダースクリーンはレンズを外してミラーの上、ペンタプリズムの間にある。
ファインダースクリーンはとてもデリケートなので、布でぬぐったりすると逆にさらにゴミやキズをつけてしまうことになりかねない。そもそも、ファインダーを覗いた右下が、ファインダースクリーンのどちら側になるのか、にわかにわからない。
ただし、このゴミは写真にはまったく影響がない。映りこまない。

もう一つ、撮影した画像を液晶モニターやパソコン画面で見ると、右側に黒っぽいシミができた。

これは実際の映像だ。わかりにくいから丸印をつけた。これは写真に直接映りこんでしまうので、よろしくない。

DSC_3359.jpg

DSC_3364.jpg

青空のような、均一的な色が付いたものを撮影するとよくわかる。
画像によって、多少シミの具合が違うが、これはレンズの絞りの問題なのか、よくわからない。

そこで新宿のニコンサービスセンターに行って清掃を依頼した。
すると、1時間半程度で直るという。なので、近所で時間をつぶして受け取りに行った。2つで1542円だったが、きれいに直っていた。

IMG_8410.jpg

撮像子のゴミは完全に取れたが、ファインダーのゴミは微妙に残っているらしい。これ以上は工場に持ち込んで分解するようになり、値段も10倍かかる。それに撮影結果の画像にはまったく影響がないので、ファインダーを覗いて何も感じなかったのでこれで良しとした。
| 写真 | 17:25 | comments(0) | - |


<< | 2/19PAGES | >>