CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
ハラール接遇・管理者資格を取る
このところ、インバウンド(訪日外国人受け入れ)ではムスリム対応が話題になっている。
イスラム教徒は戒律が厳しいので、我が国のインフラではなかなか受け入れがたいが、東南アジア地域ではムスリムはどんどん増えているため、訪日外国人2000万人から3000万人の高みになるためには、ムスリムの受け入れ環境を整備する必要がある。

ムスリムの戒律で「許されたもの」はハラールという。ムスリム対応の仕事が増えているため、2日間の講習を受けて試験を受け、ハラール管理者になった。
ご支援、ありがとうございました。

IMG_4645.jpg

私の具体的な仕事例として、ムスリム視点での受け入れ環境整備のコンサルティング、研修講師、ムスリム向けのメディア発信などがある。今後は、どんな国の人でも、快適な訪日旅行ができるように努めていきたい。

もちろん、実際はこんな肩書きよりも実務能力のほうが大事であるのは言うまでもない。資格がなければできない業務ではない。
しかし私には<長><士>などが付く何の肩書きもなく、次長課長よりも劣り、相手にされない状態である。この肩書きも<者>であり、<長><士>もつかず、だからなんだと言われればそれまでだ。

肩書で人を判断するな、と青臭いことを言うつもりはない。だが、それが愚かしいことを知ってはいても、肩書がないがために相手にされない扱いを受けると、やはり情けなく、悲しい気になり、肩書のある人生を歩んでこなかった自分に、妻子にも申し訳ないと思うのだ。
| 経営・マーケティング | 22:12 | comments(0) | - |


ツイッター #クリスマスボックス 交通広告
JR中央線に乗ったら、ツイッターの貸切広告電車だった。



クリスマスに絡めたキャンペーンで、企業やタレントからの<クリスマスプレゼント>がある。

交通広告は、スケスケの靴下のデザインなど、凝っている。



ハッシュタグをつけてつぶやくと、何かいいことがあるのかな。



なんで交通広告か。
それは電車の中でみんながスマホをいじるからに他ならない。



ところで、新型山手線電車E235系は初日にトラブルがあって運行をやめているが、こちらに動画広告を出したクライアントにはどういう補てんをしているのだろう。

久しぶりに交通広告の血が騒いだ。
| 経営・マーケティング | 22:14 | comments(0) | - |


さいたま市でSNS講座
毎年この時期になるとさいたま市でSNS(ツイッター・ブログ・フェイスブック)の講演を毎週行っている。
どうもありがとうございます。

DSCN4410.jpg

いわゆるパソコン教室ではないので、パソコンを使って手取り足取りの講座ではなく、登録の仕方・楽しみ方がメインだ。

DSCN4543.jpg

しかし昨今は楽しんでばかりいられないので、守り方の話もしなければならない。実際に自分に来たウィルスや成りすましメールなどをお見せした。

DSCN4687.jpg

今日は最終日なので餃子の王将東大成店でおいしい料理を自分で自分にご褒美。

DSCN4693.jpg



帰りは湘南新宿ラインでお戻り。
寝過ごしたら逗子まで行ってしまうので、がんばって起きていた。

次回もよろしくお願いします。
| 経営・マーケティング | 15:16 | comments(0) | - |


SNSセミナーの講師をする
夏に引き続き、SNS(ツイッター・ブログ・フェイスブック)の初心者向け講座の講師をさせていただいた。

DSCN1389.jpg

これからSNSを始めようとする人たちに、概要や登録方法、楽しみ方などを平易に解説する講座。

DSCN1548.jpg

なんでもたいへんな人気で毎回抽選になるという。
毎週土曜日の計3回の講座だが、いずれも晴天に恵まれてよかった。

DSCN1791.jpg

プレゼンテーションや講演の時間配分は我ながら上手だと思っており、時間ぴったりに終わらすことができる。

今回で3回目と慣れていることもあるが、レジメのページを見ながら、残り時間との時間調整を途中でしているのだ。

このところ多く質問を受けるのが、一つはLINEについて。
特にお子さんがやっているがどういうものかわからないし、ニュースでは悪いことしか報じないので親御さんとして心配しているのだ。

そこで使い古された比喩である「包丁でおいしい料理を作ってもニュースにならないが、人を傷つけると(殺すとは言わないんですねぇ)ニュースになる」を持ちだして、99%は楽しく使っているとまず紹介してから、概要を話すことにした。

次にセキュリティやリスク回避について。
そこでフェイスブックによくある、未知の人からの申請には応じない、似て非なる人に思われないように、写真やプロフィルは同姓同名の人がいても判別できるようにちゃんと登録することを勧めた。

これから年賀状の季節なので、年賀状にアカウントを書き込めば来年からはさらに楽しめるでしょう。



| 経営・マーケティング | 23:07 | comments(2) | - |


UCCコーヒーが「永遠の0」タイアップでゼロ戦の模型
UCC THE DEEP BLACK 無糖に「永遠の0」コレクションとしてゼロ戦などの模型が6種類付いている。
永遠の0」は百田尚樹氏の小説で、ゼロ戦に乗る特攻隊員の物語。今年は何かとゼロ戦が話題だが、その真打だ。岡田准一主演で映画化され年末公開。

DSC09726.jpg

10月8日から始まったプロモーションで、その日に大人買いで全部揃えました。

DSC09719.jpg

昔は中身が見えなくて、ペプシのスターウォーズキャンペーン(2005年)では大量のペプシを買って全部揃えた。

2005-0515.jpg
2005-0517.jpg

その後、中身が見えるおまけでないとダメになった。
だからダブらないで集められた。全部で6種類。

DSC09720.jpg

組み立ては簡単。接着剤不要で、差し込んでいくだけ。
幼いころプラモデルでゼロ戦を作っていた身には簡単過ぎ。

DSC09722.jpg

しかし幼いころと違い、プラスティック成形技術が進んだのか、こんなおまけでも細かい模様が精巧に再現されている。

DSC09723.jpg

見事だ。

ちなみに肝心のブラック無糖は薄くておいしくない。まずい。
おまけに価値があって商品の価値が低いとは情けない。まぁ、こういうのは嗜好品で好みもあると思うが。

で、映画「永遠の0」は12月21日公開。
すでに夏にCGのポストプロダクションも終わっており、以前なら夏は終戦特集で戦争ものが多くあったが、最近はさっぱりだ。12月は逆に太平洋戦争の開戦だが(12月8日)それとも関係ないようで、単に集客が見込めるクリスマス年末年始商戦にぶつけたのかとも思う。

作者の百田尚樹氏のツイッターにはネトサヨのバカがからんできて、無視すればいいんだけれど百田氏はいちいち答えているので、からむ方は絡みがいがあるとみえる。

  
 
| 経営・マーケティング | 16:50 | comments(0) | - |


またもSNSセミナーの講師をする
5月に続いてSNSのセミナー講師をさせていただいた。
ありがとうございます。

DSC08029.jpg

今回は東京から埼玉に舞台を移しての講演。
埼玉県人気質がよくわからなくて、ずいぶん気にして、蕨市の大地主に聴いたりもしたけれど杞憂だった。
非常に熱心に聴いていただき、こちらも話す内容や時間管理が慣れてきたこともあって、うまく出来たと思う。
アウエーと思っていたがホームでした。

それにしても毎回の質問には驚かされて、勉強しなければだめだと思う。

「バナー広告ってなんですか」

「LTEってよく聞くんですけど、どういうものですか」

「(ツイッターへの写真アップは)メールに添付するように、と言われましたがどうやるんですか」

「私の住所がインターネットに載っていたけれど、どうしてですか」

「ブックマークはどうするんですか、どこ(のページ)をやればいいんですか」

いよいよ7月4日の参議院選挙公示から選挙活動にインターネットが使ってOKになるのでその話題も。
本人が候補者でなくても政党や候補者の支持者・支援者として応援に自らのSNSを駆使していい。

SNSはじめて講座2013?-23.jpg

この選挙活動でインターネットがどう使われるのか、非常に興味がある。
韓国大統領選挙では若い人の投票率が上がったと言うけれど、日本はどうだろう。
| 経営・マーケティング | 17:31 | comments(2) | - |


サントリープレミアムモルツ 絶対もらえる懸賞の問題点
電車に乗っていたらサントリープレミアムモルツの「うまいがすごい!絶対もらえるキャンペーン!」のポスターが出ていた。
缶ビールについているシールを集めると、シール枚数≒購入金額に応じてビールサーバーなどのプレミアムがもらえるキャンペーンだ。



必ずもらえる懸賞は総付景品(そうづけ・けいひん)と言われ、俗にベタ付けと呼ばれている。
景品表示法では購入額が1000円未満なら景品代は200円、1000円以上なら取引価額の10分の2であり、プレミアムモルツは350ml1本220円程度だから陶製タンブラーは48点、つまり220円×48=10560円×0.2=2112円、だいたい2000円相当ということになるはず。

さて、今から20年以上も前のインターネットも携帯電話も個人情報保護法もほとんどない時代。
応募者には必ず景品が当たる、あるキャンペーン事務局をしていた。

住所不備などで戻ってくる景品もままあり、電話をして住所や転居先を確認して再送していたが、ある男性への景品が戻ってきた。
電話をすると、声の感じから30代だろうと思われるその男性は住所をすらすらと言い、発送伝票の住所と同じで「間違っていない」。その住所でもう一度送ったらそれでも戻ってきた。

へんだなぁと思いつつも、もう一度電話をしたら大家さんらしき人がでた。当時はまだそういうアパートも多かったのだ。
その大家さんに事情を話し、念のため住所を聞いたら男性が言う番地と違っている。

あ…

と思った。あの賃貸している男性は、自分の家(アパート)の住所を間違えて覚えていたのだ。

大家さんには何も言わないで、その住所で再再送したら今度は戻ってこなかった。

いい年こいて、自分の住所を間違って覚えている人がいるんだとその時思った。

今は手紙を書かない時代だ。
だから自分の住所を書くことなど当時以上にない。
住所を知らなかったり間違って覚えている人は当時以上に多いのではないか。

こういう総付でもれなく当たるキャンペーンを見ると、当時の自分の住所を間違っている男性を思い出す。そして今でもそういうことはありがちなはずで、どういう対応をしているのだろう。
届かなければツイッターなどで「嘘だった、騙された」などと書かれてしまう時代でもあるし。

応募要項には
●ご住所不明、連絡不能等から賞品をお届けできない場合や、ご応募に際し不正行為があった場合は、ご応募を無効とさせていただきます。

と書いてあるが。

  

| 経営・マーケティング | 08:22 | comments(0) | - |


<< | 2/9PAGES | >>