CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
御茶ノ水のランチ:麺屋睡蓮 煮干しそば
ひいきにしている麺屋睡蓮が煮干しそばを始めたと言うので行ってきた。

IMG_9673.jpg

今日は煮干しそばだけのメニューである。
夫婦二人で切り盛りしているラーメン店はよくあるが、ここは工程管理がしっかりしていて、単品生産を貫いている。いくつかのメニューに対応するとどうしてもムダムリムラが発生するが、それを押さえて品質の高い商品提供を心がけている。

たいていがつけ麺だけで、ときどき中華そばをする。スープが異なる煮干しそばは初めてではないか。これを通常のスープと煮干しそばのスープと分けると、どうしても調子が狂ってくるのを単品メニューで防いでいる。

味玉煮干しそば830円の食券を買ったら、10杯限定の「濃厚」があり、奥さんが「濃厚もお勧めです」というので、そろそろ健康診断だけれども、その言葉に載せられて濃厚+120円を頼んでしまった。

するとカウンター上には「和え玉」200円のPOPが貼ってあり、これはオプションにようなものでメインでラーメン(つけ麺)を頼んだら、+200円で和え玉も注文できる由。実際に頼んでいる人が多く、頼みたかったが持参の1000円札はすでに950円を消費していたため、金欠で頼めなかった。
こういう風に少しでも客単価を上げる工夫をしているのだ。

IMG_9674.jpg

濃厚はさぞ濃くて塩分濃度もカロリーも高いだろうと思ったが、魚粉なのだからもともとの煮干しの塩分くらいだろうと思っていた。

IMG_9675.jpg

どっぷりグレーの濃厚煮干しそば着丼。
一口食べたらまさに煮干しである。煮干しそばだから当然と言えば当然だが、ダシの味と言うより煮干しの味だ。
煮干しは大好きで、正月のおせち料理でおなじみのゴマメは正月でなくても作っており、酒のつまみやおかずにしているほどだ。
しかし、ラーメンスープとなると、これはちょっと煮干しすぎる。煮干しをかじっているに等しい。

IMG_9676.jpg

うちの近所の青森煮干しそば屋は2軒ともつぶれたので、かなり味のバランスに気を付けないと客が敬遠するのではないか。

店主は「煮干しのくさみも味もすべて織り込み済みなんです」と、濃厚煮干しそばの味は狙っている旨の説明をして、それはそうかもしれないが、私には濃すぎである。

IMG_9677.jpg

味玉をかじって煮干し味を緩和させたが、夜まで煮干し味が口の中に残った。
| グルメ | 22:08 | comments(0) | - |


両国のランチ:ひさご 天ぷら
仕事の都合で-両国-江戸NORENに行かなくてはならなくなり、行ってきた。ついでにランチをしてきた。

IMG_9625.jpg

「粋な江戸の食文化を楽しむ。」をコンセプトに12の和食店が両国駅に集結。
歴史ある両国駅の旧駅舎に、江戸の町屋を意識した吹抜け空間が広がります。和食の魅力に触れ、江戸の食文化や伝統をお楽しみ下さい。
とあるように、JRが遊休施設を活用した飲食街である。

特徴的なのは国技館のおひざ元のため、本物の土俵があることだろう。これがランドマークである。

IMG_9624.jpg

入口には墨田区の観光案内所があり、東京スカイツリーとすみだ北斎美術館のある、さすがに墨田区と言う立てつけだ。
土俵を囲むように江戸情緒のある飲食店が並び、そのうちの天ぷら食堂ひさごがリーズナブルな価格だったので入った。全般的に金額は高く、サラリーマンのランチは狙っていない。観光客や相撲観戦客が相手だ。外国人も多く訪れている。

IMG_9616.jpg

カウンターとテーブル席でカウンターに座る。

IMG_9617.jpg

卓上にはしおからとハリハリ漬けがご自由にお召し上がりください状態で置いてある。

IMG_9618.jpg

天ぷら定食1100円。

IMG_9620.jpg

当然ながら天ぷらは揚げたてでアツアツ。

IMG_9619.jpg

品数も、海老が2尾のほか、珍しいところでは茹で卵の天ぷらがあり、豊富だ。

IMG_9621.jpg

たまごの天ぷらは食べるのが初めてだった。茹で卵を揚げている。塩と醤油で食べてみた。

IMG_9623.jpg

ごはんの量を聞かれたので「フツー」にしてもらったが、ごはんが足りなくなってお代わりをしたら100円取られた。
やはりサラリーマンは相手ではなく、おばさまたちやガイドさんに連れられた白人がいたので、そういうのが相手と、明快だった。
| グルメ | 20:24 | comments(0) | - |


下北沢のランチ:かつ良 とんかつ
小田急電鉄が発行している沿線のタウン情報フリーペーパー「ODAKYU VOICE」に「地元で愛されるとんかつの名店7選」があり、どれもおいしそうなのでそのうちの下北沢のかつ良に行ってみた。

IMG_9051.jpg

下北沢駅から歩いて数分の、通りに面した地下にあった。

IMG_9031.jpg

ランチタイムをやや過ぎていたので、店内はゆったりしていた。

IMG_9032.jpg

メニューは大きく、立てられる。

IMG_9036.jpg

ひれかつ定食2170円を頼む。1000円程度のランチメニューもあるが、滅多に来ないので奮発した。

IMG_9038.jpg

しばらくすると漬物セットを持ってきてくれた。ご自由にいただけるらしい。昔はこれだけでごはん1杯を食べる元気があったが、ほどほどにしておく。

IMG_9041.jpg

見事なひれかつである。

IMG_9042.jpg

ごはんは白米と紫蘇ごはんが選べるので、珍しいから紫蘇ごはんにしてみた。

IMG_9043.jpg

味噌汁は赤だしだ。

IMG_9044.jpg

切られているひれかつの断面を見たら、ほのかにピンク色だが火はちゃんと通っていた。

IMG_9045.jpg

大きな壺からソースをかける。

IMG_9046.jpg

キャベツにはドレッシングをかける。

IMG_9047.jpg

しばし見とれていたが、実に美味しいひれかつだ。これは自慢の味と言って間違いない。
ランチなので1080円のを頼んで、目黒の名店かつ壱と比べてみてもよかったか。

お代わりのごはんは白米にした。

IMG_9049.jpg

柔らかく、香りがあり、幸せな気分にしてくれるとんかつだった。
| グルメ | 20:11 | comments(0) | - |


呉市のランチ:五エ門レクレ店 お好み焼き
広島に来たならお好み焼きを食べたい。
ちなみに、広島のお好み焼きは戦後のもので、戦前に今のようなB級グルメ化したものではなかった。
小麦粉を練って具材を入れて焼いた食べ物はあったかもしれないが、名物料理ではなかった。
広島市出身の祖母は一度も「お好み焼きを食べたい」とは言わなかった。

大和ミュージアム近くでお好み焼き店がないか調べたら、呉駅近くのビルに五エ門という店が入っており、なかなか評価も高かったのでそこまで歩いた。

DSC_2315.jpg

1時過ぎて行列ができていたが、どっと客が出て、意外と早く座れた。

DSC_2317.jpg

青のりならぬネギがたっぷりなお好み焼き。

DSC_2320.jpg

目玉焼きが乗った、満月焼き。生卵でも対応してくれる。

DSC_2321.jpg

卓上のマヨネーズやソースをかけて味を調えたら、なおのことおいしくなった。

DSC_2324.jpg

広島風お好み焼きは、小麦粉のドゥはほんの薄く天地に敷くだけなので、鉄板の上でそれがおせんべいみたいになって、パリパリでそれも楽しみだ。
| グルメ | 21:51 | comments(2) | - |


広島のディナー:ちま喜 寿司
広島まで東京からプリウスで走った。予想より早く着いた。
20時から寿司屋を予約していたが、早く入ることができた。

ちま喜は繁華街の堀川町にある。JCBのブラックカード、ザ・クラスのグルメベネフィット参加店で、決まったメニューを2人以上で予約すると一人分が無料になる。

DSC_2189.jpg

突出しはタコの子。つぶつぶが焼いたたらこのような感触だ。

DSC_2173.jpg

刺身盛り合わせ。

さより、まぐろ、はまち、くえ。どれもおいしい。

DSC_2177.jpg

メバルの煮つけ。

DSC_2179.jpg

いずれも味が濃くなく、上品に仕上がっている。

ぶりの照り焼き。とてもぶりに見えない。アナゴのようだ。わさびをつけるとさらにおいしくなった。

DSC_2180.jpg

茶碗蒸し。ぎんなんが2個入っていた。

DSC_2181.jpg

天ぷら盛り合わせ。これはさほどではない。てんつゆだったけれど、塩でもよかったと思う。

DSC_2184.jpg

〆の寿司。これは一つ一つ丁寧な仕事(下ごしらえ)がしてあり、さすがである。
しゃりは小ぶりで食べやすいが、崩れやすかった。

DSC_2186.jpg

あさりとなめこの赤だし。これもしょっぱくなくて、いいダシでおいしい。

DSC_2187.jpg

デザートのレモン。これはフツー。

DSC_2188.jpg

広島ならでは、は感じなかったが、おいしい寿司でとてもよかった。
ごちそうさま。

雨もやんだし、明日はどうなる?
| グルメ | 23:27 | comments(0) | - |


横浜のランチ:吉祥 ハラールしゃぶしゃぶ
横浜の数少ないハラール(ムスリムにも食べられる豚やアルコールを排除した食事、と思ってください)料理を食べられるのがランドマークタワー5階奥にある吉祥横浜店だ。

IMG_9476.jpg

ハラール認証を受けた豪州産ビーフに、

IMG_9491.jpg

アルコールを使っていないタレでしゃぶしゃぶが食べられる。割り下も昆布だしでこれもハラールだ。

IMG_9493.jpg

予約をしておいたほうが確実なので予約をしたら、窓際のコスモワールドが見える席に通された。

IMG_9478.jpg

何も言わずとも、ハラールしゃぶしゃぶが出てきた。しかもウェイターはガイジンさんだ。

IMG_9485.jpg

肉は赤身が多く、サシが少ない。脂身が多い肉を好むのは日本人くらいらしい。しかし最近は健康志向か赤身肉も人気が出てきている。

IMG_9496.jpg

まずはシャブシャブ。

IMG_9486.jpg

食べてみて、まったく普通の高級しゃぶしゃぶと変わりがない。しいて言えば和牛と輸入牛の違いはあるけれども、おいしいしゃぶしゃぶに変わりはない。

IMG_9490.jpg

なんでハラールしゃぶしゃぶを始めたかというと、周辺で国際会議が多かったり、日産や日揮のムスリムの外国人客がいる大企業があったり、横浜ロイヤルパークホテルに泊まる外国人客がムスリムだったりで、必然的にムスリム対応になった由。吉祥のほかの店ではムスリム対応はしていない。

IMG_9495.jpg

ある程度の規模も店だからできることだと思うが、小さい店でもムスリム対応をしている店もあるから、それは心がけ次第だ。
よい手本を見て、自分の店ではできないと思うのではなく、自分の店ならこうやろうと思うべきなのだろう。
ハラールは体に良いものを取り入れる考えだから、別段(一般的な)日本人にも通用するやりかたなのだ。
| グルメ | 21:42 | comments(0) | - |


宇都宮のランチ:石田屋 焼きそば
群馬県庁から栃木県庁に行く途中にランチタイムになったので、先日の「アド街ック天国 チャーミングな北関東」に登場した石田屋に行ってきた。

IMG_9408.jpg

宇都宮と言えば餃子が有名だが、ソース焼きそばも有名なのである。しかし屋台以外でソース焼きそばを買って食べる機会がない。宇都宮市民は日常的に食べているらしいので、珍しい気がするが珍しくないのだろう。

IMG_9409.jpg

メニューは焼きそばのみ、酒類は販売していない。

IMG_9410.jpg

卓上のメニューには並中大などのサイズごとの値段マトリックスがある。

IMG_9411.jpg
IMG_9412.jpg

そして頼んだのは肉玉子野菜の中。700円。

IMG_9413.jpg

いかにもB級グルメである。

こちらの焼きそばの特徴として、ソースは卓上のものをかけて食べるスタイル、まったくかけないと物足りない。

IMG_9414.jpg

しかしソースをかけてもかなりマイルドに仕上がっている。
木古内の急行食堂に匹敵するおいしさである。

紅ショウガ自体がおいしい。

IMG_9415.jpg

泣く泣く卵を割るが、絶妙の火加減なので固くもなく柔らかくもなく、黄味がダラリと垂れない。

IMG_9416.jpg

さすがメジャーになるだけあって、おいしい焼きそばだった。

で、もちろん餃子も食べましたよ。駅脇の路地の駅前餃子、健太餃子がやっている。

IMG_9426.jpg

この路地の餃子を食べつくそうかと思ったが、また来る機会はあるのか。

IMG_9428.jpg
| グルメ | 20:26 | comments(0) | - |


<< | 2/285PAGES | >>