CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
ドライブお遍路:善通寺のかたパンと釜揚げうどん長田in香の香
食べ物ネタを集中させます。
75番善通寺の境内は広く、中央に道路が通っている。ふと脇を観ると店の前に長蛇の列。
よく確かめもせず並んでみたら、「かたパン」の看板が出ていた。固いパンなのか、特徴的なのでおなかもすいてきたことだからちょっと買ってみよう。

CIMG8975.jpg

だらだらと進む列。昔ながらのお菓子のケースに、パンというよりビスケットのようなものが並んでいる。
先客たちは20枚、40枚単位で買っているが、私は石パン100g、角パン1枚、中丸パン1枚の少量を買った。

CIMG8977.jpg

店の名前は熊岡菓子店だった。

CIMG8978.jpg

石パンはまったくその名の通り、石みたいに硬い。歯が欠けそうだ。ニッキ(シナモン)で味付けされているが、それほど強烈な味ではない。ほどよい味、おいしい味だ。

CIMG8981.jpg

中丸パンも形がそうであり、やややわらかいが、おいしい。

CIMG8982.jpg

角パンは白い粉がないが、甘くないわけでもない。

CIMG8980.jpg

いずれもおいしく、ドライブのお供として最適だと思う。石パンを袋から取り出して、歯が欠けないように噛んだり、しゃぶってみたりしている。

ランチは讃岐うどんだ。
76番金倉寺で昼時だったので、グーグルマップで探すと、すぐ近くに「釜揚げうどん長田in香の香(ながたいんかのか)」があった。ところが車が長蛇の列。一周回って並び直し、割とすんなり入れた。
しかし、駐車場から店側に行くと、長蛇の列を通り越して、逆R字型に人が並んでいた。

CIMG8992.jpg

結局2時間並んだ。12時20分に並び始め14時20分ごろこの釜揚げうどんにありついた。炎天下の立ちっぱなしによく耐えたものだ。

CIMG8998.jpg

釜揚げうどん小250円。
月並みなうどんの表現だが、つるつるしこしこ。
他と違うのは、ダシまで熱い。ダシはカツオの香りが高い。釜揚げのあつあつのうどんをあつあつのダシでいただくのだ。
むろんおいしいが、この大は3玉でさすがにそこまで食べられない。グループはすし桶くらいのたらいに入ったうどんを分け合っている。
そしてこの店はてんぷらとか、トッピングがない。釜揚げうどんだけで2時間の列。これはすごい。

ちなみに、夜は骨付鶏を食べるつもりでいたが、ホテル近くの店は団体さんが2連続で入っているので、食べられなかった。明日のランチにするか。
| グルメ | 22:17 | comments(0) | - |


ぐんまちゃんやきそば ヤマダ電機 大黒食品工業
超久しぶりにヤマダ電機に行ったら、最近は生活用品や加工食品まで売っている総合ディスカウンターの様相を示していた。
食品の中に、ぐんまちゃんやきそばが100円であったので買ってしまった。

IMG_5787.jpg

ヤマダ電機は群馬県高崎市が本社だからその縁なのだろう。ぐんまちゃんは群馬県のゆるきゃらで最近では海外にも出没している。

ぐんまちゃんやきそばは大黒食品工業株式会社の商品で、同社は群馬県佐波郡玉村町にある。かなりの種類のカップめんを作っており、なかなかの会社のようだ。

ぐんまちゃんやきそばの特徴は、ほくほくじゃがいも入り。フリーズドライのサイコロ状のじゃがいもがたくさん入っていたが、馬ならニンジンだと思う。

IMG_5788.jpg

お湯で戻して3分後にお湯を捨てて、ソースをかける。あまり辛くなくマイルドなほどよいソースだ。パッケージには「香ばしいソース」とあるけれども。

IMG_5789.jpg

ソースをからめたら、ふりかけが付いており、これをふりかけていただく。

IMG_5790.jpg

100円で売られているのを考えると、十分元を取っている味だ。
しかし日清焼そばUFOや明星一平ちゃん屋台のやきそばなどのブランド力のある商品と比べたら、どちらを買ってしまうだろうか。
ぐんまちゃんがかわいいからぐんまちゃんやきそばを買ってしまうか。くまもんだったらどうしよう。

ブランドと商品の品質は必ずしも一致しないけれども、てるみくらぶとJTBのどちらを選ぶかといった問題であり、消費者としてもメーカー側としても悩むところだ。

  
| グルメ | 20:46 | comments(0) | - |


浦和のランチ:和食や真心亭 定食
浦和、横浜、浦和と交互に来ています。今日は浦和
県庁第二庁舎のすぐ脇の交差点に、チキン亭和食や真心亭が競うように看板を出している。

IMG_5730.jpg

そこで真心亭に入ることとした。チキン亭はメニューの字が小さかったので今度行きます。

IMG_5732.jpg

まだ11時20分のため誰も入っていなかったが、店内は意外にも広い。

IMG_5733.jpg

6人掛けのテーブルがずらりと並んでおり、これは県庁職員たちの食堂になっているのだろうと推察。

IMG_5737.jpg

店内のメニューに「肉汁うどん」があったので、厨房に一人だけいたおっさんに「武蔵野うどんのようなものですか?」と聞いてみたら、武蔵野うどんを認識していないのか、「あたたかいうどんです」との期待外れの返事。
こりゃだめだと、豚ロースかつ定食800円にした。メニューには「三元豚ロースは脂身が少なくとても柔らかいお肉です」と書いてある。

そのうち揚げる音がして、弁当箱に入ったロースかつ定食がきた。ごはんは山盛りだ。

IMG_5734.jpg

しかしロースかつの形はなんだか固そうな、冷凍みたいな風貌である。「とても柔らかいお肉」とのメニューの能書きとは裏腹である。

IMG_5736.jpg

食べてみたら案の定筋があって固い肉で、どうしてこれが柔らかい肉と言えるのか不思議であった。
さらにはぜんぜんジューシーではない。もしかして本当のとんかつを食べたことがないのだろうか。

厨房のおっさんがオーナーなのか雇われなのかわからなかったが、黙々と切り干し大根を弁当箱に入れている。おかずを焼き魚や焼肉にして出すのだろう。それはいいけど、このとんかつはいただけない。専門店でないにしても、もっとまともなとんかつがある。
東京に来てくれるなら連れて行ってもいい。

そのうち、どどっと客がやってきた。グループ化と思ったら、4組ぐらいの別々の客で、迷うようなしぐさから県庁職員ではなくて県庁に来た業者たちのようだ。
別々だから6人掛けテーブルにそれぞれ座る。一人の客は「カウンターにどうぞ」と言われて、入口のカウンターに座るが、この広い店内をおっさん一人で調理まで担当するのは酷である。

逆に気の毒になって、そそくさと会計を済ませて、惨めな気分で浦和駅に向かった。
今度があれば、隣のチキン亭に行ってみます。
| グルメ | 20:07 | comments(0) | - |


横浜のディナー:横浜ベイホテル東急
昨日は浦和、今日は横浜。南北に進出しております。
横浜ベイホテル東急は横浜コスモワールドの観覧車前。みなとみらい駅から建物の中を通って行ける。


ここで某団体の説明会と交流会が開催されたのである。

IMG_5702.jpg

とてもためになる説明会でやる気もわいてきた。
観光親善大使のお嬢様方はたいへん滑舌がよく、今度プレゼンに参加してほしいと思った。

IMG_5719.jpg

その後は別室で交流会。そのため、今日の晩飯はいらんと家に言ってきてある。会費を払っているんだし、食べます。

IMG_5724.jpg

しかもその会場には見慣れた印刷物が。すっごく好評らしくて取材の申し込みや、別の自治体からどこが作ったんだとの問い合わせまであるらしい。

IMG_5725.jpg

作った人はエライ。

しかしベイホテル東急の料理を作った人もエライ。これがおいしいのだ。しかもあんまりしょっぱくない。しかもサービスもいい。

IMG_5726.jpg

マツカサ状の魚など、うわさでしか聞いたことがなかったが、初めて食べた。パリパリでおいしかった。

IMG_5727.jpg

はっきり言って、こんな宴会で出すにはもったいない料理である。今年の忘年会は横浜ベイホテル東急で決まりっ!


 



| グルメ | 21:58 | comments(0) | - |


田町のディナー:晩翠はなれ 焼肉
なぜか田町である。またも焼肉の晩翠はなれである。
振り返れば1月31日、新婚人妻美女と焼肉デートをしたわけだが、今日もこの二人で晩翠はなれなのである。
なんと、1月31日に今日を予約しておいたのだ。よく二人とも忘れなかったな。

IMG_5595.jpg

あのときは美女はある理由でダイエットに励んでおり、ロクに肉を食べられなかったが、今日はもう大丈夫。逆に私は減塩減塩と言われているが、それは現世で生きているなら無理なハナシ。週に1回は解禁せざるを得ない。

IMG_5596.jpg

アラカルトで頼むが、ドライアイスのスモークもくもくは頼まないことにした。あくまで焼肉を食らうのだ。

IMG_5598.jpg

タン塩、カルビ、ハラミと定番メニューを頼む。ザブトンは頼みません。高いのです。しかし普通の肉でも十分においしい。3か月前から頼んでいただけのことはある。

IMG_5601.jpg

キムチとサンチュも頼みます。紫蘇はかなりえぐい。韓国で食べたときのようだ。

IMG_5603.jpg

肉はたれで食べていたが、お代わりは塩で食べてみた。もはや1日6gなんて無理。

IMG_5605.jpg

そして〆はカルビクッパ。これもおいしかった。

その後、カラオケの鉄人に行って、超久しぶりにカラオケをした。

IMG_5612.jpg

最近のカラオケ機器の進化は激しく、あの分厚い本が無くなっていた。パラパラ観る閲覧性の良さは紙の束ならでは。曲名が思い出せないものもあり、紙の束がほしい。

ところで、美女とは2014年4月21日もデートしていた。だから4月21日を記念日にすることにした。
| グルメ | 23:52 | comments(0) | - |


御茶ノ水のランチ:田幸 居酒屋・和食
実に三か月ぶりの田幸だ。
仕事は相変わらず忙しいが、天気も良いので歩いてみた。

IMG_0513.jpg

狙いは、日替わりメニューが金曜日はたいていハンバーグだからだ。
やはり今日もハンバーグ。それもハヤシライスになっている。
野菜スープとだし玉子が付いて900円だ。

12時過ぎに着くとすでに満席。奥の座敷なら相席で座れるというが遠慮した。以前、たばこを吸ってるバカがいたからだ。
待合の椅子で待つこと5分。最初に来ていた組がカウンターからどっと席を立ったので、一番奥に座った。

座るとすぐにハヤシハンバーグライスが出てきた。

IMG_0514.jpg

これでもかのサービスは相変わらずだ。
最近は減塩にしているのでどうかと思ったが、さほどしょっぱいとは思わなかった。
ほとんどの場合、田幸の味は薄めだ。以前、ちらしずしが異様に濃かった時があったが、今日はまったく問題なくおいしい味付けだ。

IMG_0515.jpg

野菜スープはごはん茶碗に入っている。具が多くて、味付けもよくて、言うことなし。
キャベツ、えのき、ニンジン、トマト、そしてソーセージが入っている。まだ入っている種類があるかもしれない。

IMG_0516.jpg

揚げダシ玉子は容器に入れて揚げてあるようで目玉焼きのように固めになっていて、これまたおいしい。

IMG_0517.jpg

ハンバーグをスプーンで切って、少しずつ食べる。肉の味といい食感といい、明確に舌から鼻へと抜ける。いい材料を使っていると思える。

ハヤシにはマッシュルームや玉ねぎも入っていて、ちゃんと自家製で作ったのだなと思った。


| グルメ | 21:19 | comments(0) | - |


仙台と宇都宮に出張 くだものはいたがき フルーツパーラー
今日は大事な仙台出張。遅れてはならないが、朝7時前にテレビをつけたら、なんと小田急線が人身事故で止まっていた。これは大変、9時8分の東北新幹線を予約してある。
東急世田谷線、京王線で新宿に出たら40分ほどで着いてしまった。おそらく、動き出した小田急に乗っても超満員でノロノロ運転だから、このほうが正解ルートだったと思う。

余裕で東京駅に間に合い、今日4月10日は駅弁の日だそうで駅弁を買い、ベンチに座ってiPhoneで朝ドラ「ひよっこ」の録画を観る。

IMG_5336.jpg

ホームに上がると<はやぶさ9号>が入線してきて、

IMG_5337.jpg

指定席で清里高原の<かつサンド>を広げた。

IMG_5339.jpg

かつサンドにしたのは、朝ドラ「ひよっこ」で出稼ぎ労働者の父ちゃんがふらりと入った洋食屋すずなり亭で「おみやげ」に<ポオクカツサンド>をもらったから。金のない二度と来ないだろう出稼ぎ労働者に善意でみやげを出すにもほどがあると、イカれた脚本にあきれたが、カツサンドを食べたくなったのだ。

ところで清里高原って駅はない。「駅弁」とパッケージに書いてあるがどこの駅弁だったのか。

栃木県はすでに桜が開花していた。福島県に入ると、山にはまだ雪が残っている。

IMG_5353.jpg

仙台でばっちり仕事をして、近くの公園に出たら桜が咲いていた。ソメイヨシノなのか、別の品種なのか、かなり密度濃く、色合いもきれいだ。

IMG_5354.jpg

あと3日くらいで見ごろになるのではないか。

IMG_5356.jpg

白っぽい桜もあり、これが一カ所に咲いていた。

IMG_5360.jpg

そして美女が待つ、くだものは<いたがき>へ。彼女とは東京⇔仙台の遠距離だけれど、かなり頻繁に逢っている気がする。

IMG_5361.jpg

何にしようかな、野菜満載のベジランチがいいか。

IMG_5363.jpg

多品種小ロットで野菜が満載。どれも味が濃くておいしい。自家製のマヨネーズもおいしかった。

IMG_5365.jpg

ただし、最初からかかっていたドレッシングが大杉。

食後にはコーヒーが付く。しかもミニフルーツつきだ。これで1000円は安いと思う。

IMG_5366.jpg

ミニフルーツもおいしかったから、<いたがき>はすごい。後で知ったが明治30年(1897年)創業で、京都が本社の某社よりも歴史が長いのだった。

さらにスペシャルでマンゴーパフェまでいただいた。

IMG_5369.jpg

歩いて仙台駅まで出て、次は宇都宮に。
ここでもばっちり仕事をして、いろいろご紹介もいただき、夕日を見ながら帰途に就いた。

IMG_5385.jpg

今年(度)の目標は「空白地帯を埋める」ことと「自立性」である。
かなりネタは仕込んでいるのだけれど、うまく行くかな。

| グルメ | 20:44 | comments(0) | - |


<< | 2/275PAGES | >>