CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
香港のディナー:祥利飯店 中華
謎の香港人に案内され、灣仔(ワンチャイ)の裏道に行った。外は雨で、道路はボコボコなのでこんな路地まで行きたくなかったのだが、香港人が熱心に勧めるので付いて行った。

祥利飯店という汚い店だ。

IMG_6922.jpg

しかし客が入っており、入れ替えになった。

IMG_6923.jpg

外には生きた魚が泳いでいるので、素材としては申し分ないはずだ。

IMG_6925.jpg

席を用意してもらい、着く。香港人はこんなところでご満足いただけるのかと不安だったけれども、この汚さは半端ない。
1日立ちっぱなしだったので、とにかくビール。
このビールは軽くて苦味がなくておいしい。

IMG_6928.jpg

メニューは漢字だらけ。グーグルの翻訳を使ってみたが、まったく役に立たたかった。

IMG_6931.jpg

で、香港人が理解できるものを頼んでくれた。
ホルモンを揚げたものと白身魚を揚げたもの。なんでこのセットか。

IMG_6935.jpg

ホルモンは焼肉でおなじみだが、揚げているのは初めて。中はねっちょりだけれど外はパリパリ。
まあ食える。

IMG_6936.jpg

驚いたのはから揚げの魚。とろけるような舌触りだ。

IMG_6937.jpg

甘酢タレで食べる。この汚い店は半端じゃない。
そして野菜系は、ニラとスルメイカ、干しエビの炒めたもの。

IMG_6938.jpg

単なるにら炒めではなく、イカやエビのうまみがにじみ出ている。

そしてハマグリの味噌炒め。これはかなり辛いが、おいしい。

IMG_6940.jpg

これでおなか一杯になった。ごはんもいただいてとても満足。おいしかった。
しかし祥利飯店にもう一度行けと言われても、行けるのか。
| グルメ | 21:33 | comments(0) | - |


香港(灣仔)のディナー:タイファーマーレストラン タイ料理
灣仔にある香港会議展覧中心でイベント運営をして、灣仔にあるホテルに戻る途中、どこかで何かを食べようと物色。
外国でほかの外国料理を食べるコンセプトで、昨夜は香港でスペイン料理を食べた。今日はどうしようか、タイ料理の店があったので、入ってみた。

IMG_6806.jpg

写真入りのメニューもあり、これならなんとかなる。
しかし軟弱で頼んだのはわかりやすいグリーンカレーとライスです。

IMG_6807.jpg

ごはんはてんこ盛り、でも茶碗は小さい。

IMG_6808.jpg

グリーンカレーはマイルドで辛くなく、これなら大丈夫。しかしクリームなのかココナッツミルクなのか、ねっとり感が強い。

タイ米がぼそぼそなのは構わないが、どうもこの口触りが気になる。
具はビーフにして、これはちょっと硬いだけで問題なかったけど、にらの茎の筋が気になる。

さらにチルドウォーター(冷たい水)と頼んだのに、世にも生ぬるい水が出てきた。
今日もハズレでした。
明日はどうなる?
| グルメ | 21:35 | comments(0) | - |


香港のランチ:雙喜燒臘飯店 中華料理
香港会議展覧中心から歩道橋を渡ってすぐのごちゃごちゃに、汚い店があった。
雙喜燒臘飯店は香港の食べログであるオープンライスにも登録されていない。

IMG_6796.jpg

いつもイベント会場に出入りしているおっさんの案内だ。
狭い店でしかも混んでおり、汚くて床はベチョベチョである。しかもテーブルはすべてふさがっており、2つ空いているテーブルの片隅に案内されたが、すぐに奥の客が出て3人で座れた。



漢字だらけのメニューから適当になんとか鶏飯を頼む。周りの客も皿の上にごはん、その上にぶつ切りの鶏を載せたものを食べている。

IMG_6797.jpg

さらにスープがおいしいというので頼んだ。味噌汁のような色だが、味は全く違う。
大根やニンジンの甘味、うまみがにじみ出ている。しょっぱくなく、とてもおいしい。

IMG_6799.jpg

鶏も骨ごとのぶつ切りで、骨が邪魔だけれども中華系は骨の周りがおいしいと、骨ごと切ってあるのが普通だ。
骨を口の中でモゴモゴと出す。さすがにいまどき床には捨てないで皿のヘリに出す。

全体的にしょっぱくなくて、とてもおいしいランチだった。
700円程度であった。ごちそうさま。
| グルメ | 21:21 | comments(0) | - |


香港のデザート:ラ・クレープリー フレンチデザート
スペイン料理、プラザメイヤーオープンライス(食べログ)の評価も低く、それに納得したが、ここで引き下がるわけにはいかない。

再び美女とちょっと歩いてビルの二階のラ・クレープリーというクレープがおいしい店に入った。ここはオープンライスの評価も高い。

IMG_6772.jpg

紅茶とクレープ。

IMG_6768.jpg

うん、これはおいしい。甘いものが好きだからというわけでない。諸外国のスイーツはそれこそ口に合わず、たとえばケーキなんておいしいと思ったことが少ない。日本のスイーツは本当においしいと思う。

しかし、ここのクレープ、クリーム、アイスクリーム、ブルーベリーのどれをとってもおいしかった。

IMG_6770.jpg

ナイフで少し切って、クリームと一緒にクルクル巻いて、食べる。クレープ生地とクリームが混ざり合い、食感を含めてとてもおいしい。アイスクリームも甘すぎず、溶けゆくのを遮るようにクレープで巻いて食べた。

紅茶(イングリッシュティー)は軽い感じだったが、濃い紅茶よりも良かったと思う。
どうもごちそうさま。
今度、いつ逢える?
| グルメ | 22:44 | comments(0) | - |


香港 灣仔(ワンチャイ)のディナー:プラザメイヤー スペイン料理
香港会議展覧中心の近く、美女と灣仔の裏道を歩いて香港にもこんなところがあるんだと新鮮な気持ちになり、スペイン料理の店というプラザメイヤーに入った。まだ早い時間で客はいなかった。

IMG_6746.jpg

スパークリングワインで乾杯。

IMG_6749.jpg

いい雰囲気の店で、タパスばかりなので、適当に頼む。

IMG_6750.jpg

生ハム3種盛り合わせ。
サラミみたいなのが3種類。特段うまくなし。日本のスペイン料理店のほうがおいしく、これって味覚の違いなのか。

IMG_6753.jpg

イカリング。揚げ色も薄く、見た目も味もよろしくなし。

IMG_6756.jpg

イワシの丸焼き。
これは熱いうちだったのだが、おいしかった。日本で食べるのと変わらない。

IMG_6758.jpg

日本の味がよいということでなく、どうにも物足りない味だ。
香港なら中華料理が真っ先に浮かぶが、外国でさらに外国の料理を楽しむのも面白く、あえて中華を外してスペイン料理にしたのに残念である。

すると、混んできた隣の席でなにやらベイクドポテトをかき混ぜている。
おなかもすいて、パエリアを頼もうかどうしようか逡巡していたのだ。
ならば、あれにしてみようか。

IMG_6760.jpg

ポテトとベーコン、そして卵で調理されたベイクドポテト。これはなかなかおいしかった。しかし塩分強し。
美女との会話はとてもおいしかったが、店の味は今二つ乗り切らず、デザートは別の店にしようと、蒸し暑い香港の夜の街に出たのであった。
| グルメ | 22:29 | comments(0) | - |


香港 灣仔(ワンチャイ)のディナー:潮城魚蚤粉 粥・麺
香港会議展覧中心での仕事も一段落したので、一人でムシムシの街中に出る。ホテルは近いのでその間にある、入りたくなる店に入ることとする。
さすがに屋台っぽい店は、興味はあるけど注文の仕方も出てくる食べ物の味もわからず、腹を壊すのはイヤなので敬遠。地元の人と一緒の時に行こう。

フラフラ歩いていたら、混んでいる粥料理の店があったので、そこにする。店内では麺をすする人もいるのでいろんなメニューがあるのだろう。

IMG_6677.jpg

店のあんちゃんが何か聞くが、私はヒアリングが日本語もよくできない。日本語すら聞けないので英語や中国語はなおさらだ。
どうやら、「食事か?」と聞いているようだけど、喫茶店じゃないだろ。
FOOD、EATと単語を並べる。ヒアリングができていればもう少し違う対応もあると思うが、とにかく席に着く。

IMG_6672.jpg

メニューは実に多様だが、を食べたい。

IMG_6673.jpg

すると、隣の席のおねいさんが粥らしきものを食べている。具が入っている。
まぁ、あれでいい。あれを食べよう。



あんちゃんに「同じの」と指差し、注文をしたことになった。

IMG_6674.jpg

あつあつ、ドロドロの粥。
おいしい。ダシが効きすぎているが、こんなものなのだろう。
おいしい粥だ。

具は白身の魚で、ゴロゴロ入っている。

IMG_6675.jpg

卓上の調味料の辣油らしきものを恐る恐るかけると、これが辛い。こんな少量でこんなに辛いとは。

IMG_6676.jpg

魚の骨があるが、それを置く小皿がない。かつて大陸で暮らしたこともある祖母が、シナでは魚の骨は床に捨てると言っていたが、周囲で床に捨てている人はおらず、しかしテーブル上に捨てていたので、そうした。
日本なら小皿を用意するだろうが。

魚もおいしく、この店は正解。
なんという粥かわからんが、魚腩粥ということで。38HKDでした。570円。
| グルメ | 22:47 | comments(0) | - |


銀座のディナー:はこだて鮨金 総本店 銀座店
北杜の窓氏と年に1,2回お会いしているが、今年は今日がその日。
お互い生きながらえており、いつどうなってもおかしくない状態。だから死ぬというのはどれほどのものか、その偉大さを改めて知る由。

北海道つながりのため、場所は銀座8丁目のはこだて鮨金総本店

IMG_6269.jpg

北杜の窓氏によれば昨日今日の銀座店ではないみたいで、長い間東京で営業しているらしい。界隈は寿司屋だらけだが、同伴出勤のおねい様方が少ない(いない)店でもある。

IMG_6271.jpg

生ビールがおいしい季節になってきた。今日は昼まで雨だったが、今は止んでいる。

突出し。

IMG_6272.jpg

ウニイカソーメン。よくかき混ぜて食べるようにとの指示。

IMG_6273.jpg

イカソーメンも食べたけれども、ウニの濃厚さが味付けになっている。

カツオのたたき。カツオは厚切りに限る。

IMG_6274.jpg

ビールが終わって、最近美味しくなったとの男山。旭川の酒だ。あまりおいしいとの印象はないが、久々に飲んでみたらまぁ飲めた。

IMG_6275.jpg

とろ〜りとした日本酒。そんなに飲めるほうでなく、酒の味を云々言う資格もないが、キレッキレの辛口が好き。

IMG_6276.jpg

ここからはお好み鮨。いきなり玉子である。ダシが効いていておいしい。ツウは玉子の味で店のレベルを判断したそうだが、最近は玉子もほかで焼いたものを仕入れているだけの店も多いらしい。鮨金がどうかは、知りません。

IMG_6277.jpg

いわし。最初の握りだけれど、ずいぶんと小さい印象だ。
北杜の窓氏に言わせると本来はこのくらいで、回転寿司がでかいのだと言う。

IMG_6278.jpg

酒のみのつまみならこのくらいの大きさなのか。知らなかった。

その後は一貫ずつだ。通常、二貫が一つなのだが、この店は一貫ずつ握ってくれるそうで、これまた酒飲み用である。いや、銀座の飲み主体の寿司屋はそうなのかもしれない。

IMG_6279.jpg

これまで食べる一方の寿司だったが、こういうこともあったのだ。

IMG_6280.jpg
IMG_6281.jpg

店内は満席だが、ときどき予約なしの客も来る。座れるときもあったりお断りの時もあったり、タイミングだ。

IMG_6282.jpg

海老頭味噌汁。これがダシが効いてうまかった。

IMG_6283.jpg

そんでもって、〆。二人で15880円で、高いのか安いのか、感覚的には高いけれども、こんなものか。

小雨が降り出した中、すぐ近くの久兵衛。こちらは一人5万円くらいするらしい。

IMG_6288.jpg

入ってみたかったフーターズを横目で見て…



新橋のラビリンスへ。店としては半畳ほどしかない立ち飲みの店に。



小学校の机ほどの広さの机でおっさんおばさん7人くらいが取り囲み、知らない人や常連同士との会話を楽しむらしい。



立っていると腰に響くので、早々においとました。

ごちそうさまでした。

| グルメ | 23:35 | comments(0) | - |


<< | 2/278PAGES | >>