CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter




Amazon左

















MOBILE
qrcode
お茶の水のランチ:日乃屋 カレー・ラーメン
昨日はエチオピアソラシティ店でサラサラのインドタイプのカレーをいただいたが、今日は小雨が降る中、日乃屋に出向いて、トロリとした和風のカレーを賞味した。

カツカレーは元はフランス料理のカツレツとインド発祥のカレーという外国の食べ物を日本的に昇華させた傑作料理だと思う。
だから、日乃屋は「お勧め」がカツカレーだし、2回に1回はカツカレーを食べてしまう。
ちなみに、中華料理を日本的に昇華させたラーメンも提供しており、もちろんおいしい。

IMG_5068.jpg

カツの半分にカレーをかける店があるが、日乃屋はどっぷりと、カツが見えないほどに真上からカレーをかける。このカツはもちろん揚げたてだ。
そしてカツは食べやすいようにかなり細めに切られている。

IMG_5069.jpg

ほどよい辛さとカツのコロモのカリカリ感、そして肉の弾力のハーモニーはバツグンだ。
1時半ごろだったのに、店内はほぼ満席という、すごい状態だった。


| グルメ | 21:30 | comments(0) | - |


お茶の水のランチ:エチオピア ソラシティ店 カレー
天気がいいので御茶ノ水駅前のソラシティ地下で食べることにした。
1時を回っているのにエチオピアの前には列ができている。これはダメだろうと覗いてみると、テーブルレイアウトが悪くて、四人掛けに一人とかなので、これは待てば何とかなるだろうと、おねいさんたちが食べているところですでに注文を取った。

さほど待たないで席に座れて、まずはじゃがいも

IMG_5057.jpg

カレーの辛さの緩和にとてもよく、神保町のガヴィアルでもおなじみだ。お代わりができるので2個いただいた。

チキンカレーの辛口を頼む。

IMG_5058.jpg

このところ鶏のから揚げやチキンなんちゃらばかり食べているのだが、またチキン。
辛口のため香辛料がやや鼻につくが、辛さそのものは大丈夫で、隣の人は三倍を頼んでいた。
濃くと奥行きがあるおいしいカレーだった。

IMG_5059.jpg

ちなみに明治大学の先の本店よりもソラシティのほうが味がいいと思っている。

最後にデザートのマンゴープリンがでてきた。いれものは昔のヨーグルトのもののようで懐かしかった。

IMG_5060.jpg

さっぱりしてよいデザートになった。

| グルメ | 22:39 | comments(0) | - |


新橋のディナー:シーアン新橋店 西安料理 XI'AN 
共に机を並べて働いていた旧知と久々にお食事と情報交換。
場所はシーアン新橋店で西安料理の人気店だ。

IMG_4980.jpg

新橋駅周辺はびっくりするほどの人込みで、立ち飲みの店は道路までサラリーマンがあふれかえっていた。まるでバブル期みたいな人出だ。

暑いのでともかくビールで乾杯。

IMG_4983.jpg

つまみは酢味の麺と茄子の揚げ物。

IMG_4985.jpg

酢豚は酢のむせ返るほどのにおいだが、食べるとそんなことはない。薄切りの豚肉が特徴で、見た目は鶏皮みたいだった。

IMG_4986.jpg

小龍包はアツアツで、つまんだら汁がこぼれてしまった。

IMG_4989.jpg

店は満席になり、次々と入ってくる客を断るほどの状態。
豆苗。青臭いが味付けが確かなのでおいしい。

IMG_4990.jpg

おこげの餡かけ。あんはしょっぱくなくて、まろやかな味わいだ。

IMG_4991.jpg

まだまだ頼みます。豚の角煮。八角の香りが中華らしい。

IMG_4992.jpg

そして満を持して刀削麺を頼んだ。麺生地を刀(ヘラ)で削って湯に落として茹でる麺料理で、これができる職人はそうそういないらしい。

IMG-1883.jpg

これを担々麺でいただく。

IMG_5001.jpg

当然ながら麺の太さや形は不ぞろいで、歯ごたえもそれぞれ違うけれども、そこがいいところだ。

IMG_5003.jpg

最後に、たぶんサービスだと思うけれども杏仁豆腐が出た。甘すぎず、プリプリ過ぎず、おいしい杏仁豆腐だ。

IMG_5004.jpg

トリップアドバイザー人気店のステッカーが貼ってあったけれど、マスターによるとほかの店にこの店での写真が使われている投稿が多いそうだ。

IMG_5005.jpg

そういう間違いって、SNSにはありがちだな。情報を発信する/仕入れるのはいいけれど、内容は自己責任で判断しなければいけない。

そういうわけで、今後ともよろしくお願いします。

| グルメ | 23:43 | comments(0) | - |


千葉県庁のランチ Cpoint 生協食堂
寒い寒い小雨交じりの中、千葉県庁までお出かけ。
午後1の打ち合わせのため、県庁の食堂でランチにした。

IMG_4879.jpg

中庁舎地下1階に生協食堂Cpointがある。ちなみに高層階にもレストランがあるが恐れ多いので辞めておく。

県庁職員でなくても、来庁者は利用でき、だいたいどのメニューも500円前後で食べられるのでお手軽だ。
今日の日替わり麺類は「ちゃんぽんうどん」とのことで、それを頼んだ。

すると、冷凍うどんを茹でるところから始めた。いわゆる生めんではないのだ。冷凍うどんはコシが強くておいしいので好きだ。

カフェテリア方式であるけれどもかなり待って麺が茹であがり、ちゃんぽんスープを加えて上にあらかじめ作ってある具を載せて出来上がり。
麺類とカレーが同じレーンで、カレーはごはんにルーをかけるだけなので早く、麺類は茹で上げから調理するので遅い。それが同じレーンなので時間配分が程よい。

コロッケなどの揚げ物類は別のレーンなので、なかなか工夫されていた。

IMG_4880.jpg

しょせん県庁地下の食堂…、と侮っていたが意外とおいしい。
麺は冷凍めんだからコシがあっておいしく、ちゃんぽんスープも思ったほどしょっぱくなく、具もいろいろな野菜が使われていて、しっかりしている。

IMG_4881.jpg

大盛りサービスなのでかなりの量があって満足だった。
すごいぞ、千葉県。

ロビーにはチーバくんがひっそりとたたずんでいた。

IMG_4882.jpg

こちらはタイに"出張"したときのチーバくん。

201802BKK-0339.jpg

チーバくんと絡んで行けるのか、それとも今生の別れか。

| グルメ | 20:05 | comments(0) | - |


お茶の水のランチ:欣來 四川料理
ごはんが食べたい。
よほど吉野家に行こうかと思ったくらいだが、そこは当たり前すぎるので中華を探した。
エレベーターでみかけたことのない女子が、末広町方面の中華料理屋が今日で閉店と話している。
彼女たちはそこに行くらしい。
どこかなぁ。知らない店かな、行ったことがある店かな。

気になったけれども、そこはあきらめて、本郷方面に歩いた。
そういえば四川料理の欣來が先日工事中だったけれど、どうだろう。
行ってみたらやっていた。シャッターの工事をしていたらしい。

IMG_4744.jpg

表のメニューに「日替わりランチ700円」とあったので、これがいいかな。

IMG_4745.jpg

内容を聞いてみたら「麻婆茄子」だったので即効で決める。

IMG_4746.jpg

ほとんど待たないで出てきたから日替わりランチは作り置きかと思ったが、麻婆茄子は出来立てフーフーに熱かった。

IMG_4747.jpg

麻婆茄子は辛くておいしい。しかもボリュームがある。味もいいしこれで700円は満足レベルだ。
しかもサイドディッシュが充実している。スープ、ナムル、杏仁豆腐、ザーサイと、こちらも数が多くていい感じ。

IMG_4748.jpg

カトラリーは基本的には割り箸だが、先割れスプーンがついているので、ひき肉を掬って食べたい人にはよいだろう。

残念なのはごはんだ。

IMG_4749.jpg

辛い麻婆茄子と食べるなら、ある程度の白ごはんがいるけれども、やや少ない。しかも黄色っぽく、おいしく見えない。茶碗が欠けているのはご愛嬌だが。

しかしながらトータルではおいしくて満足感の高い店だった。夜の宴会にもよいと思う。行くことはないだろうけど。
| グルメ | 19:20 | comments(0) | - |


マクドナルド ビッグマック生誕50周年 ビッグマックBLT
マクドナルドのビッグマックが生誕50周年らしい。
マクドナルドが日本に上陸したのは1971年だから47年目であり、ビッグマックの生誕50周年はアメリカ本国でのデビューから数えてということだろう。

IMG_4739.jpg

ビッグマックと、ビッグマックベーコン、ビッグマックBLTの3種類のキャンペーンメニューで、ビッグマックBLTを食べてみた。BLTはベーコン・レタス・トマトで、1978年のアメリカ横断ウルトラクイズで訪米した時に教えてもらったメニューだ。つまり、トーストサンドの具がベーコン・レタス・トマトであり、その美味しさの虜になって、しばらく愛食していた。

IMG_4734.jpg

ビッグマックの特徴はサイズが大きいことである。そして食べにくいことだ。

IMG_4736.jpg

バンズにいくつもの具材を挟んだだけだから崩れやすい。佐世保バーガーならギュッとつぶすように抑えて肉汁をパンにしみ込ませるが、そうはしない。
そして大きいからつかみにくく、口を大きく開けても食べづらい。小学生ならかなり食べづらく、注文をするのだろうか。

IMG_4737.jpg

BLTなので、ベーコンとレタス、そしてトマトが挟まれている。



レタスは通常のビッグマックにも使われているから、



ビッグマックベーコンはベーコンのみが追加なのだろう。



齧るとレタスがぽろぽろと落ちた。

IMG_4738.jpg

しかし量は十分で、ポテトMがセットなので持て余した。

IMG_4735.jpg

いつも「こんなもの」ばかり食べていたらよろしくないが、たまに食べたくなるし、たまに食べるのは良いと思う。

| グルメ | 21:00 | comments(0) | - |


お茶の水のランチ:餃子屋壱番 中華
昌平橋通りを歩いていたら餃子屋壱番という看板が目に入った。
あ、餃子が食べたいな、でもこの店、前に来たようなはじめてなような…。
そこでこのブログを検索したら以前は天津飯を食べていたことがわかった。なんて便利なブログでしょう。

IMG_4652.jpg

しかし餃子屋というのに天津飯か。そりゃないよなと餃子を食べる気マンマンで店内に入ると、奥に細長くてテーブルの大部分は埋まっていた。一つ空いているテーブルがあったけれども、ここに一人で座るのは申し訳ないと思い、奥のおねいさんに「一人」を指で示すと、大テーブルの開いているところに案内された。
妥当だ。

メニューを見たらいろんな種類の餃子がある。これは餃子で有名な宇都宮の餃子屋よりも種類が多いのではないか。

IMG_4647.jpg

だが、そのほかの中華料理も充実しており、だから前回はついつい天津飯を食べたのだろう。

IMG_4645.jpg

メニューはさらにあり、「特別サービス」という、餃子と半チャーハンのセットがいまどき700円とあったので、これは「特別」だろうと、特別サービスのぱりぱり餃子と半チャーハンにした。

IMG_4648.jpg

隣の席のあんちゃんは黒豚餃子のセットで、黒豚餃子はフツーの餃子の形だけれども、ぱりぱり餃子は四角っぽい。

IMG_4649.jpg

たしかにパリパリしている。羽根つきとはまた違う食感だ。おいしい餃子だ。

炒飯はパラパラしており、ちょっとしょっぱいけれども許容範囲の味付けで、なんとか食べた。

IMG_4651.jpg

いただけないのはスープが冷めていたことだ。スープくらいアツアツで出す鍋はそこらにもあると思うが。

この店は餃子専門店と看板が出ているけれども、むしろ中華全般の店であって、客も餃子系よりもいわゆるフツーの中華を頼んでいる人が多かった。夜はまた違うのだろうけれども。
| グルメ | 21:27 | comments(0) | - |


<< | 2/299PAGES | >>