CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
HDD/USBメモリのフォーマットの種類はFAT32とNTFS
今から10年前の2010年9月、息子と二人で家からマイカーに乗って北海道を旅行した。女どもがいないため、雄冬、小平(おびら)、朱鞠内、美深などの秘境と呼ばれる寂しいところを中心に回った。大雪高原や松山湿原などのハイキングも楽しんだ。運転免許をとったばかりの息子の運転は確かで、砂利道山道もものともせず走った。

当時発売されたばかりのSONYの小型のビデオカメラBloggie(ブロギー)で動画を撮影したファイルがハードディスクを整理していたら出てきた。Bloggieは簡単に撮影出来てブログにすぐに投稿できるというふれこみだった。まだYoutuberという言葉はなかったのだろう。付属の特殊なレンズをつけると水平方向に360度映せるのが気に入って、バイクに取り付けて横長の映像を撮影したりした。



これらの動画をつなげて撮影していないところは静止画を加えて、ビデオ編集した。
ちなみにセミプロ用の動画編集ソフトEDIUSを持っているが、簡単な動画編集ならwindows10に付属しているフォトでできる。通常は写真閲覧ソフトとして使っている人が多いだろうが、昔のムービーメーカーのようにして動画編集もできるのだ。BGM音楽を入れたり3Dで火が燃えているようなエフェクトもできる。まぁ、遊びの域だが。

空き容量-6.jpg

これをUSBメモリに入れてテレビで視聴しようとしたら、USBメモリにコピーできない。



ファイル容量が大きすぎて対象のファイルシステムに入りません、つまりコピーできないとのことだが、動画ファイルは4.3GB、USBメモリは48GBと10倍以上の空き容量がある。



ちなみに、パンパンのSDカードにわざとコピーしようとしたら、やはりエラーメッセージが出たが、その内容が違う。こちらは「十分な領域がありません」と出る。表現が違う。

空き容量-1.jpg

そこで気づいたが、動画ファイルは美幸線あとのトロッコ列車に乗りながら延々撮影しており、25分の長尺になってファイルサイズも4.3GBになってしまったので、FAT32というフォーマット形式では4GBを越えているので入らず、NTFSという形式にしなければならなかった。FAT32は4GBまでのファイルしか扱えない。

空き容量-3.jpg

そこでUSBメモリの大事なファイルをHDDに退避させてNTFSで再フォーマットする。フォーマットするとすべてのファイルが消えてしまう(厳密には消えていないのだが)。

そして4.3GBの動画ファイルがコピーできた。

空き容量-4.jpg

さて、これを大画面テレビで視聴しよう。
USBメモリをテレビの裏の穴に差し込んでみたら、今度はテレビ画面にエラーが出る。



USBメモリが認識されないのだが、理由はすぐにわかった。フォーマット形式がNTFSで一般的ではないため、認識しないのだ。
そこでフォーマットをFAT32に戻そうとしたら、windows10のフォーマット機能はexFATしかメニューにない。念のためやってみたら、テレビが認識しない。

空き容量-5.jpg

そこで調べたら、アイオーデーターがハードディスクフォーマッターという無料のソフトを提供しており、これを使えば64GBのUSBメモリでもFAT32にフォーマットできそうだ。

ファイルをダウンロードして自動解凍なのでクリックするとデスクトップにアイコンができる。クリックすると、こんなメニューが立ち上がった。



フォーマットしたいドライブを慎重に選んで、FAT32を指定して、「次へ」をクリックしていくとwindows10でもFAT32にフォーマットされる。



これでUSBメモリのフォーマットは元に戻ったが、要するに延々と走るだけの美幸線部分をカットして4GB以下にすればよいのだ。

空き容量-7.jpg

再編集で短くし、2.85GBにしたらUSBメモリにファイルをコピーでき、テレビでも視聴できた。
| パソコン・インターネット | 18:21 | comments(0) | - |


ノートパソコンのSDカードリーダーが認識しない
ノートパソコンをwindows7からwindows10にアップグレードした。
すると、内蔵されているSDカードリーダーが反応しなくなっていた。デジカメで撮影したSDカードを差し込んで、画像を閲覧しようにも反応しない。
実は19日の講演で利用しようと、開始の10分前に気づいた。

DSC06327.jpg

SDカードを抜き差ししたり、パソコンの電源をON/OFFして再起動しても認識しない。
Cドライブだけが表示される。やむなく、講演ではデジカメのSDカードから画像を読み込むのをあきらめ、スマホの写真をメールでノートパソコンに送って事なきを得た。

DSC06334.jpg

帰宅後に落ち着いて、左下の窓アイコン⇒windowsシステムツール⇒コントロールパネル⇒デバイスとプリンタの表示をよく見たら、ノートパソコンのアイコンに△!マークが出ている。

どうやら不具合があるようだ。これはwin10にしたからに違いない。

DSC06329.jpg

そこで気が付いたのが、デバイスドライバーが正常に認識されていないかインストールされていないかのどちらかだ。

DSC06330.jpg

どうやらデバイスドライバがインストールされていなかったらしく、アイコンをクリックしながら先に進んでデバイスドライバをインストールしたらちゃんと認識された。

DSC06331.jpg

10にアップグレードした時に、当然Bluetoothマウスなどの周辺機器も接続しなおしてドライバをインストールしたのだが、内蔵のSDカードリーダーもデバイスドライバを再インストールしなければならないなんて、気づかなかった。
内蔵だから故の意外な盲点だと思う。

| パソコン・インターネット | 18:26 | comments(0) | - |


NTTDoCoMoがAmazonPrimeとタイアップで1年間無料
NTTドコモがパケット料金の「ギガホ」「ギガライト」のユーザーに対して、Amazonプライム1年間無料になるキャンペーンを12月1日から始めている。年間4900円かかるAmazonプライムが無料になるので申し込んだ。1年後はそのまま継続になってしまうのだろう。Amazonプライムは確かに便利なサービスである。

docomoamazon-3.jpg

まずAmazonプライムとは、ネット通販最大手のアマゾンの会員向けオプションサービスで、
最短翌日配達で送料無料、
Prime Videoでしか観れないオリジナル作品
電子書籍のkindleが追加料金なしで無料で読める
Prime Musicで200万曲が聞き放題

などが年間4900円、月410円程度で提供される。

ちょっと前は、普通にAmazonで頼んだら勝手にprime会員になっていたとのクレームも聞いた。おそらくは操作ミスなのだろうが、私もかなり気を使ってポチっていた。ビデオや音楽に興味がない人もいるので、有益なサービスでも、人それぞれだ。

NTTドコモユーザーであっても、条件があるからこちらをよく読んで間違えないでください。

DoCoMoのホームページから誘導され、Amazonの申込ページへ。

docomoamazon-1.jpg

恐る恐るクリックして登録した。

docomoamazon-2.jpg

4900円のアマゾンプライムを「購入」したのだが、0円になっていたのでまずは安心した。もっともうちの子供たちはすでにお金を払って加入しており、映画を見ている。
また、すでにアマゾンプライムに登録していても、条件が合うDoCoMoユーザーは1年間無料になるそうだ。

さっそくAmazonプライムで映画を見たが、最初に見たのは「男はつらいよ」。寅さんは人はいいが下品極まりなく、妹さくらの見合いを台無しにしてしまう。こんな人が近所に住んでいたらさぞイヤだと思う。

しかし、現在49作あるうちの、Amazonプライムで無料で見られるのは1作目だけで、あとは1本300円の追加料金がいるのだった。

docomoamazon-4.jpg

映画は普通にパソコンのブラウザで見られたが、音楽はパソコンであっても専用アプリをダウンロードするらしい。これも余計な金がかかるのは悔しいので、恐る恐るアプリをダウンロードした。
思った通り、クリスマスソングや冬の曲などの、編集されたオムニバスが出来ていた。

docomoamazon-5.jpg

字幕で歌詞が出るのでカラオケの練習にも良いと思う。

音楽は200万曲が聞けるが、Amazon Music Unlimitedに有料で申し込むと6500万曲が聞けるらしい。
確かに200万曲にはない曲もあった。例えば米津玄師のLemonはストリーミングには対応していなかった。

AmazonMusicはスマホ用アプリがあるからダウンロードした。そしてブルートゥースでミニコンポから音を出してみたら、スマホで聞く何倍も音がいい。それに事務作業をしながら聞けるので、有線放送のようなものだ。飲食店などでは有線放送の代わりに使っているかもしれない。著作権的にどうなのかは知らないが。

DSC05004.jpg

さらに、クルマのカーナビにブルートゥースでつないで、カーステレオとして聞いたが、これがいい。スマホにはAmazonの音声認識システムである「アレクサ」が搭載されており、音声で「アレクサ、ドライブにいい曲をかけて」というと、応分の曲を次々と流してくれる。

DSC05012.jpg

スマホ操作も不要で、辻々に警察官が立っている昨今でも問題ない。
知らない曲も流されるので新しい曲を知るきっかけになるし、古い曲もいろいろと入っているし、ずいぶんと楽しいものだ。

これではレンタルCD/DVD店がつぶれるわけである。もう我が町にはレンタル店がないのだが、借りたり返したりの手間がないので、便利この上ない。

部屋ではWi-Fiで聞いているので問題ないが、外では携帯電話回線で使うから、そこでDoCoMoのギガホやギガライトなどのパケット使い放題の料金プランが威力を発揮するので、DoCoMoとAmazon、そしてユーザーの三者がWinWinWinの関係になる。
1年後はユーザーはAmazonプライムを有料で使うか、解約するかの岐路に立つけれども、この便利さを知れば継続する人が大部分ではないだろうか。

  

| パソコン・インターネット | 19:42 | comments(0) | - |


ケータイ国盗り合戦 東京下町の空を盗る
東京東部に出かける用事があったので、かねてから計画していたプロジェクトを始動した。
ケータイ国盗り合戦の東京下町の<空>を攻略するのである。

ケータイ国盗り合戦は時折このブログに書いているが、改めて説明すると、スマホのGPS機能を使う位置ゲームで、日本を600の区画に分けた<国>と6000の区画に分けた<空>を盗る、つまりその土地に訪れるゲームである。すでに<国>は1000人以上、<空>も135人以上がパーフェクトを達成している。

私は<国>は計画的に盗って596か国になり、九州の離島を残すのみだが、空はまだ1/4程度である。普通の人より旅行をしているつもりだけど、行ってもスマホ操作を忘れて盗れていない空も多い。

今回は未取得の空をリストアップして、どういうルートをとれば効率よく取得できるかを考えておいた。まずは普通に行くことのないエリアだ。

行き 左から右へ(西から東へ)
kunitori1.jpg

帰り 右から左へ
kunitori2.jpg

ケータイ国盗り合戦は電車やバスを使う方法もあるが、東京は<空>が細かく区画されているから虫食い状態になってしまっていれば車のほうが便利である。
都心部や西部はだいたい盗っているので、東部の攻略は瑞江まで行って戻るルートである。反時計回りに行った。

車で回る時に気を付けるのは、12月から道路交通法が改定されて、ながら運転の罰則が強化されたことである。そのため、スマホ操作は車を路肩に止めて安全を確認して行った。実際、交差点のあちこちにかなりの警察官が立っていた。

豊洲の空。豊洲は夏に行ったのに、国盗りを忘れたので再出動。
DSC04867.jpg

砂町は行く機会がまったくない。
DSC04872.jpg

下町の、電車が通らないようなところを行くので周囲はすべて珍しい。

小村井という<空>があったがカーナビが反応しない。「こむらい」で検索していたためで「おむらい」と読むらしい。東武鉄道の駅もあるようだが、まったく知らなかった。

DSC04878.jpg

尾久の空。JR尾久駅とは離れた場所で盗れる。
DSC04883.jpg

GPSで移動軌跡を取得した、実際のルートはこちら。ピンは国盗りした推定ポイントで反時計回りだ。

kunitori4.jpg

今回で、東京23区東部、東京23区都心部の<空>はすべて攻略した。
錦糸町12:57、清澄公園、東京都現代美術館、豊洲、月島、晴海、夢の島、砂町、西葛西、船堀、瑞江、鹿骨、小松川、西大島、尾久、根津、千石16:42。

東京23区西部は虫食い状態で、上石神井、中延、武蔵小山が残っているがこれは車を使ってさほど苦労しないで攻略できる。だが多摩地区はその気にならないと盗れないし、島嶼部は大島のみで残る八丈島、三宅島、小笠原は極めて難しい。

今日は反時計回りで100km近く走ったが、とても疲れた。コンビニの配送やタクシーの運転手はえらい。とてもできない。
そして、6000の空をすでに取得した人はどうやったのだろうか。旅程を作成するのは得意なつもりだが、その私ですら、空の効率的な取得コースを作成するのは無理だと思っている。
| パソコン・インターネット | 18:43 | comments(0) | - |


ノートパソコンのwindows7を8.1経由でwindows10にする
旅行や講演に使っているノートパソコンVAIO Pro11はwindows7で、来年1月にサポートが切れるためwindows10にアップグレードした。

DSC04234.jpg

ノートパソコンを購入したのは2016年1月である。すでにwindows10が出ていたが、使いづらいためwindows7にダウングレードした機種をわざわざ選んで購入した。

今から思うとサポートの有効期限なんてまったく考えず、単に使いやすいかどうかで7を買ってしまった。もちろんそれは「慣れ」の問題だったが、8が使いにくいため余計に10も敬遠した。
附属のマニュアルにはアップグレードするならいったん8.1に戻して、さらに10にする手順が書かれていた。

DSC04235.jpg

そのために新しいUSBメモリを購入し、VAIOでリカバリーディスクを作り、それで8.1にする。

BIOSをいじるので、マニュアルに従ってファンクションキーを押しながら電源を入れ、

DSC04236.jpg

画面に現れるメッセージを見ながら、そしてマニュアルを見ながら、

DSC04250.jpg

操作をしていく。

DSC04252.jpg

初期状態に戻すため、データやアプリは全部消えてしまうので、データはバックアップを取り、アプリは元のディスクから再インストールするしかない。

DSC04264.jpg

ともかくwindows8.1へのアップグレードができた。実は思うように作業が出来ずに何度かやり直した。OSのアップグレードはめったにしないので、理解して作業をするというよりも、流れに沿って言われるがままに作業をした。
ともかく、一瞬ではあったが8.1は本当に使いづらく、例えば電源ボタンは画面右上に出るなど、これは使う気がしない。

次いでwindows10へのバージョンアップだ。
ヨドバシカメラでパッケージを買ってきた。17930円。

DSC04289.jpg

中はUSBメモリが入っているだけのシンプルなものだ。昔はDVDディスクが入っていたが、ノートパソコンは光学ドライブがない機種も多くてUSBメモリが正当だろう。

DSC04292.jpg

プロダクトキーはカードの裏に書かれていた。

DSC04294.jpg

このUSBメモリはずいぶんとスリムで、

DSC04295.jpg

確かに接続の端子があるけれども、普通のUSBメモリはキャップを外して差し込むから、どこがキャップなのかわからなかった。どうやってこれをパソコン側に差し込むのだろう。
しかし何のことはなかった。このまま差し込めばいいのだ。つまりキャップなどがない、USBメモリの中身そのものだった。

DSC04298.jpg

パッケージの説明によると、私のような古いOSからのアップグレードをするならsetup.exeをクリック、自作パソコンなどのOSが入っていないものはUSBメモリを差し込んでUSBからブートする。

DSC04300.jpg

あとは表示に従って順番にやっていくのだが、更新プログラムはUSBメモリ内にもあるのだろうが、最新のものをネットからダウンロードもしており、これに時間がかかった。

DSC04302.jpg

すると、「Windows10 Proをインストール」「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」という項目が出た。



しかし私が買ったのはProでなくHomeである。なんでProなんだ、ノートパソコンなのでHomeで十分だ。32bitか64bitはインストールの時に選べるようだったが、なんのメニューも出てこなかった。しかもアプリまで引き継げるなら7⇒8.1のときに全部消えてしまったが、7からWordやExcelなどのアプリを消さずにいきなり10にできたのだろうか。

腑に落ちないが済んでしまったことだから仕方ない。
そのまま作業を進めてwindows10 Pro 64bitにアップグレードした。

DSC04429.jpg

だが8.1のサポートは2023年1月まであるので、パソコンの性能や劣化を考えると8.1をあと3年使うのが妥当だったのかもしれない。

それにOfficeのアイコンがピン留めされていた。試しにクリックすると、「Officeアプリにようこそ。サブスクリプションに加入していただき、ありがとうございます」といきなり出た。

DSC04427.jpg

なんだよ、ワンクリック詐欺じゃん。Officeは2台のパソコンに入れられるライセンスを持っているので、1つはデスクトップに、残りをノートに使うのでサブスクは不要だ。慌ててアンインストールした。

それに、プロダクトキーを入れる画面が出てきていない。ということは8.1(7)のライセンスが引継ぎされたのだろうか。

ともかくめったにしないパソコンのOSアップグレードで戸惑った。
次はノートパソコンにいくつかのアプリをインストールして、SNSのアカウントを入力し、周辺機器が使えるかの確認をしなければならない。
最初からwindows10ノートパソコンを買っておけばよかったか。

  
| パソコン・インターネット | 17:31 | comments(0) | - |


認識しない外付けハードディスクを認識させる
11月11日の午前までは動いていた外付けハードディスクが午後から認識しなくなった。

DSC03390.jpg

2009年5月に楽天市場で購入した、バッファローの1TBのハードディスクで、当時としては1TBは無限大に等しい大容量だった。

DSC03408.jpg

ハードディスクが壊れるのは突然で、人間ならすい臓がんになる前に腰が痛いとか、脳梗塞になる前に頭痛がするとか、そういう兆候があるものだが、まったくの突然死だった。
チクタクチクタクと時計のなるような異音がして、それはもうご臨終の合図だった。どこで時計が鳴っているのかといぶかしがるほど、ハードディスクの異常とは気づかなかった。

もともとバックアップ用に買ったHDDなので、このHDDにしか入っていないデータもあって、できれば延命処置をしたい。ネット検索するとハードディスクの異音は普段はディスクに接触していない<針>が何らかの理由で接触してしまい、ディスク盤を傷つけ、電源を入れたりほかのUSBポートに差し込む行為はさらに傷つけることになるそうだ。

電源のON/OFFを繰り返す。
ほかのUSBポートに差してみる。
ほかのパソコンにつなげてみる。


などは典型的なご法度ですぐにも復旧サービスに連絡すべしと、どのサイトにも書いてあった。
どれもやってみたけどね。
そして復旧サービスは3万円以上する。これは痛い。

そこで毒食わば皿までと、ご法度の一つである「分解」をしてみた。分解できないようにケースはどこにもネジがなくて、2つに割るようにして開けた。

DSC04163.jpg

異音がするが電源は入るから、てっきりディスクそのものが壊れたと思っていたが、念のため別の外付けハードディスクケースに入れ替えてみた。なんでも持っているんです。

DSC04159.jpg

そしてUSBケーブルを抜き差ししてみた。

するとどういうことでしょう、なんとハードディスクが反応したではないですか!

DSC04170.jpg

ということは電源部の不具合が突然起きたのか。これが電源部。

DSC04171.jpg

別のHDDに恐る恐るコピーをしてみたら、なんとコピーができる!

DSC04161.jpg

動画ファイルもあるのでかなりの時間をかけてコピーをした。
つまり、廃棄を覚悟していたデータが回収できたのです。

あせって復旧サービスに出したら3万円を取られていた。
でもこのHDDはもう怖いので、物理的に壊して廃棄する。

バッファローのハードディスクだったが中身はサムソン、つまり韓国製だった。今度から中身も確かめて買うようにします。そしてハードディスクやSSD、SDカードは消耗品のため、10年経ったので壊れる前の廃棄・買い替えも必要なのだとあらためて気づきました。

  
| パソコン・インターネット | 17:50 | comments(0) | - |


ヤプログからインポートした記事の写真をJUGEMサーバーに差し替える
2005年にブログを書いていたヤプログが2020年1月31日に終わってしまうのでgooブログに移行した。※10月4日の記事で既報



しかしよくよく考えてみるとこのJUGEMにインポートしたほうが検索や管理も利便性が高いことが分かり、記事をJUGEMにインポートした。だから今ではJUGEMでも2005年以前の記事が読める。

だが問題は文字は移行できるが写真はヤプログサーバーを見に行っているだけで、来年2月以降は写真が表示されなくなってしまう。

そこで400枚ちょっとの写真だったので、手作業での差し替えを行った。自動で差し替える方法はあるのかな。ましてや20年近く使っているこのJUGEMが終わるときは恐怖である。

ヤプログから写真をダウンロードする。これはヤプログ側が終了するにあたってこの機能を持たせてくれた。
写真はファイルネームでバラバラに表示されてしまうので、写真のタイムスタンプをファイルネームにした。それにはFileRenamer2000というソフトを使った。

yp-7.jpg

そして1か月単位で写真をJUGEMサーバーに読み込んでいく。一度に全部の写真をインポートするとゴチャゴチャになってしまうので1か月単位にした。ファイルネームが年月日なのでこの作業はやりやすい。

yp-8.jpg

次は記事を一つずつ開いて、写真のURLをJUGEMに変えていく。これは手作業あるのみ。



10月4日から数日かけて、疲れないように飽きないようにして写真を全部差し替えた。
さらにはヤプログ独自の絵文字やヤプログ内のリンクも変えなければならないが、これはそのうち気づいたら。

そもそも記事内容が古くて、紹介した店がつぶれていたり、リンク先も切れてしまっているものが多い。だからどれだけ意義があるのとかわからないが、自分の記録としてやれるだけのことをしておきます。

| パソコン・インターネット | 18:09 | comments(0) | - |


<< | 2/65PAGES | >>