CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Amazon左








マウスコンピューター/G-Tune






MOBILE
qrcode
7月8日は質屋の日
今日7月8日は質屋の日だった。全国質屋組合連合会では都内で特殊詐欺撲滅キャンペーンを行った。

IMG_5833.jpg

そもそも質屋を利用した人がどれだけいるだろうか。
質屋のビジネスは大きく3つあって、
1)品物を預かって査定により金を貸し、利子をつけて返金されると品物を返す。
2)品物を買い取る。
3)買い取った品物や質流れ品を販売する。

特に、1の品物を預かって品物の査定額を貸すというのが質屋ならではのビジネスだ。
お金を返せば品物は戻ってくるし、お金を返さなければ取り立て屋が来ることなく、品物を返されないで質流れとなる。だから、精神的な負担は軽減される。

連合会では犬と蔵のキャラクターを使ってPRをしているが、質屋の仕組みを知らない人が増えている。

IMG_5830.jpg

私も朝ドラ「ゲゲゲの女房」で若き水木しげるが質屋通いをしていたのを観ているが、あれは預ける品物があるからいいのだし、原稿料が入ったら品物を引き出して、またそのものを質草として預けることもしていたに違いない。これがサラ金だと、借りた金に利子をつけて返すまで、たいへんだ。

販売はブランドバッグに貴金属系が多い。

IMG_5828.jpg

今ではヤフオクや楽天市場を利用する店もある。

ただし、最大の課題は質屋を知らない世代が増えており、最初に入店してもらうきっかけ作りだという。
金を借りるというニーズ、預けるための品物、そして質屋の仕組むと場所を知らないと質屋を訪れる人はいない。

いかに存在を知っていただくかが、スタートだろう。
| 日記・つぶやき | 23:59 | comments(0) | - |


#半分青い 永野芽郁・佐藤健 全部おもしろい
NHKの朝ドラ「半分、青い。」がおもしろい。
前作の「わろてんか」があまりにひどくて途中で観るのをやめたから、堰を切ったように朝昼晩と観ている。



北川悦吏子脚本のヒロインの楡野鈴愛(永野芽郁)は岐阜県東美濃市梟町(架空)の食堂の娘で1971年7月7日生まれ。9歳の時におたふくかぜが原因でムンプス難聴になり、左耳が聞こえなくなった。
片耳くらい聞こえなくっても…と思うかもしれないが、実際はそうでもないと、医師(眞島秀和)の説明で詳しく説明されたし、NHKサイトにも耳鼻咽喉科監修の先生が記事を出している。
「片耳が聞こえないことを隠している人もいます」
そうだろう。気の毒だ。

D8C_4913.jpg

最初の2週間は子役週間。鈴愛役の矢崎 由紗ちゃんは美人さんタイプではないけれども、非常に愛嬌があり、障害に負けないで明るく前向きに生きる少女を熱演した。ほかの子役もみなよかった。

D8C_4932.jpg

左耳が一生聞こえないと両親から告げられても泣かなかったのは、自分が泣いたら母親(松雪泰子)が泣くからだった。しかし、同じ日同じ病院で生まれた幼馴染の萩尾律(佐藤健 子役:高村 佳偉人)と一緒の時に初めて泣いた。

D8C_4919.jpg

二人の関係はきょうだいのようなもの。互いに異性であるとも認識しないで高校3年生まで来ている。

D8C_4922.jpg

ヒロインに障害があるという設定は朝ドラで初めてではないか(「ゲゲゲの女房」はヒロインの夫が障害者=左腕がない)。その理由はなんだろう。障害に負けないで強く生きる姿を示したかったわけでも、いじめやいさかいを強調するわけでも、ヒロインを支える周囲の愛情を示すわけでもないだろう。

D8C_4927.jpg

いずれ、その答えは示されるのだろうか。

鈴愛は左耳に小人がいて騒いでいると例える。それを律が作ったゾートスコープで親たちに見せる。

D8C_4928.jpg
D8C_4929.jpg

障害(一側性難聴)の表現をここまで明るくわかりやすく見せるドラマがあっただろうか。
障害者を描く演出にはいろいろな手法があるが、これほど素晴らしいドラマは初めてだ。日テレの「24時間テレビ」のドラマならサイテーの演出になるはずだ。

それは遠足に出かける朝の雨でも表現されている。

D8C_4932.jpg

鈴愛には右側しか雨音がしないのだ。これはステレオ放送で右音声しか雨音が出ていなかった。
母の晴は「鈴愛の左はいつも晴れだね」と、娘の不憫さを飛び越える力強さを持った。

そして2週間目の土曜日、ヒロインは例によって一足飛びに成長する。
1989年、バブル絶頂期の高校三年生だ。

D8C_4934.jpg

バブル期の表現でおなじみのジュリアナ風のディスコシーンは今回のために演者を使って撮影した。
アスペクト比が16:9だし、ほかの番組やニュース映像でも踊り子のプライバシーを保護するためにボカシを入れてあるのが普通だ。
「おかあさん、若いころは踊りまくってたの?」と子供に言われる年齢だよな。

D8C_4936.jpg

当時はやりのクルマはイラストだ。これは自動車メーカーに配慮したからだろう。
テイストはわたせせいぞうだ。

D8C_4937.jpg

鈴愛は先生の声が聞こえにくい時は「つけ耳」をする。
いじめの対象にならないのは律がサポートしているからだ。

D8C_4940.jpg

ところで秀才の律がなぜ鈴愛と同じ高校かと言うと、この地方きっての進学校である海藤高校(モデルは東海高校)に楽勝で受かるはずが、受験日当日車にはねられた犬を助けて受験できなかったと説明があった。

D8C_4945.jpg

今週の物語は恋の予感がしてくる。

母の晴は町に突然現れたイケメンが気になる。実はリゾート開発会社の社員で、この町にぎふサンバランドというテーマパークを作ろうとしているのだ。ぎふハワイアンセンターでフラダンスなら晴(松雪泰子)は大得意なのにな。
ラジオから流れるユーミンの「リフレインが叫んでる」が効果的に使われている。
この日はウォークマンで何度も聞いたくらいだ。

D8C_4943.jpg

そして弓道大会に出場した美少女伊藤清(古畑星夏)に律は心を奪われる。

D8C_4948.jpg
D8C_4952.jpg

う〜ん、美女美男だ。
いかに異性として意識していないとしても、鈴愛は複雑な気持ちになった。

D8C_4953.jpg

もっと気の毒なのは幼馴染のブッチャーこと西園寺龍之介(矢本悠馬)だろう。いつも引き立て役にもなっていないが、律の唯一の親友だ。
矢本悠馬君は「花子とアン」でも花子に心を寄せる幼馴染の武を演じていたし、こういう役回りなのだろう。というか、この役柄は「朝ドラあるある」だな。

D8C_4954.jpg

鈴愛に至っては、美少女の絵を描いて律にプレゼントするほどだ。
それって、あのな〜と鈴愛の弟が苦言を呈しそうになるほど。

D8C_4961.jpg

そしてワンレンボディコンの美女も梟町にやってくる。リゾート開発会社の小倉 瞳(佐藤江梨子)で、男どもは目がイッテしまう。

D8C_4959.jpg

でも、サトエリの胸はしぼんだんじゃないか?

そしてぎふサンバランドのプレゼンテーションにはオーバーヘッドプロジェクター(OHP)が使われた。
そうだ、1989年にはまだパワーポイントはなかったし、ウィンドウズ95も出ていなかったからな。私はOHPの効果的な使い方の講習を受けたことがある。

D8C_4960.jpg

鈴愛が観ているテレビ番組は「ねるとん紅鯨団」みたいだ。

D8C_4962.jpg

でもこれも今回番組用に撮影したものだ。素人の男女が恋を告白する番組だから「お父さんってこんな人と付き合っていたの、そのころお母さんどうしてたの」って子供に言われる歳だな。
貴さんの声は原口あきまさがやっている。

D8C_4963.jpg

そして鈴愛もカセットテープを落とした自転車の男子が気になる。でもその顔はビミョー。

D8C_4965.jpg

あまちゃんにもカセットテープは出てきたし、今ラジカセが再燃しているらしいから、若い子でも知っていると思うが、昔の音楽はこのテープにいれて聞いていたんだよ。
宇太郎(滝藤賢一)と晴が手をつないで梟町に帰ってくるシーンの背景にラジカセの看板が出ているのもこのシーンとつなげているのだろう。

というわけで、毎日朝昼晩と楽しんでいる。どうもありがとうございます。

| 映画・テレビ | 22:12 | comments(0) | - |


沈黙法廷 WOWOW 佐々木譲・永作博美・市原隼人
好きな作家、佐々木譲原作でもある、WOWOWの連続ドラマW「沈黙法廷」が面白い。毎週日曜日夜10時から。
WOWOWのオリジナルドラマはどれも面白くて骨があり、見逃せない。

chinmoku-1.jpg

老人たちを次々と毒牙にかけて資産を奪った木嶋佳苗事件がモデルと思われる。この事件はマスコミ受けする内容のため、NHKは広末涼子主演で「聖女」を放送した。もっとも、「沈黙法廷」「聖女」とも、木嶋佳苗事件がモデルとは言っていないが。

chinmoku-4.jpg

赤羽で独居老人の絞殺死体が見つかる。近所の聞き込みで最後に老人宅に行ったのは家事代行の山本美紀(永作博美)だった。赤羽南署が美紀の家に行くと、タッチの差で美紀は大宮中央署の刑事たちに逮捕される。大宮で独居老人が焼死する火事があり、家族からの申し立てで調べたところ、やはり山本美紀が家事代行をしていた。

chinmoku-3.jpg

美紀を追う男がもう一人いた。高見沢浩志(市原隼人)だ。ネットカフェで知り合った二人は一時付き合っていたが、女は中川綾子と名乗り、ある日高見沢の前から姿を消す。
警視庁は美紀を起訴し、いよいよ裁判が始まる。美紀は裁判で何を語るのか、そもそも一連の事件は関連があり、美紀が犯人なのか。


何と言っても永作博美が孤独で不気味でとらえどころのない役をとてもうまく演じている。見事としか言いようがない。

chinmoku-2.jpg

放送はあと2回あり、原作とは多少設定が異なっているので、どうなるのか楽しみだ。

ところで、配役がNHKの朝ドラとかぶります。
赤羽南署の刑事は「あまちゃん」の駅長こと杉本哲太。対峙する大宮中央署は観光協会会長の菅原大吉。警視庁捜査一課刑事は「ゲゲゲの女房」で茂の兄の大倉孝二。事件を追うテレビ局員は「カーネーション」の電気屋甲本雅裕。被害者の息子は「ひよっこ」の三男の兄太郎の尾上寛之だ。
安定感があるのか、見慣れているからか、気になる。

  
| 映画・テレビ | 21:06 | comments(0) | - |


第66回NHK紅白歌合戦 全曲・全出場者・審査員リスト
第66回NHK紅白歌合戦は、12月31日午後7時15分から、NHK総合テレビなどで放送されます。



紅組司会:綾瀬はるか
白組司会:井ノ原快彦
総合司会:黒柳徹子
     有働由美子アナウンサー

■出場歌手・曲名
前半
1 郷ひろみ 2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン- (28)
2 大原櫻子  (初)
3 Sexy Zone ニッポンCha-Cha-Chaチャンピオン (3)
4 伍代夏子 東京五輪音頭 (22)
5 乃木坂46 君の名は希望 (初)
6 三山ひろし お岩木山 (初)
7 E−girls Dance Dance Dance (3)
8 SEKAI NO OWARI プレゼント (2)
9 坂本冬美 祝い酒 (27)
10 徳永英明 時代 (10)

特別企画「アニメ紅白」
紅組司会:ちびまる子ちゃん
白組司会:ウィスパー(妖怪ウォッチ)

美少女戦士セーラームーン
ポケットモンスター
機動戦士ガンダム
新世紀エヴァンゲリオン
鉄腕アトム

11 μ’s それは僕たちの奇跡 (初)
12 山内惠介 スポットライト (初)
13 AAA 恋音と雨空 (6)
14 星野源 SUN (初)
15 島津亜矢 帰らんちゃよか (2)
16 ゲスの極み乙女。 私以外私じゃないの (初)
17 藤あや子 曼珠沙華 (21)
18 ゆず かける (6)
19 miwa fighting-φ-girls (3)
20 氷川きよし 男花 (16)
21 細川たかし 心のこり (39)
22 和田アキ子 笑って許して (39)
23 関ジャニ∞ 前向きスクリーム! (4)
24 天童よしみ 人生一路 (20)

後半
あさが来た紅白特別編「加野屋の大みそか」
波瑠玉木宏友近、他

25 NMB48 365日の紙飛行機 (3)
26 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE Summer Madness (4)
27 福山雅治 デビュー25周年スペシャルメドレー (8)
28 水森かおり 大和路の恋 (13)
29 いきものがかり ありがとう (8)

スペシャルコーナー「ザッツ・SHOWTIME 〜星に願いを〜」
井ノ原快彦・綾瀬はるか・V6・Perfume、ディズニーキャラクター

30 TOKIO AMBITIOUS JAPAN! (22)
31 椎名林檎 長く短い祭〜ここは地獄か天国か篇〜 (3)
32  NewYear’s Eve Medley 2015 (7)
33 AKB48 AKB48紅白2015SP〜10周年記念メドレー〜 (8)
34 EXILE EXILE紅白スペシャル2015 (11)

特別企画 震災から5年「花は咲く
櫻井翔、羽生結弦、YOSHIKI

35 Superfly Beautiful (初)
36 ゴールデンボンバー 女々しくて (4)
37 西野カナ トリセツ (6)
38 BUMP OF CHICKEN ray (初)
39 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 (38)
40 五木ひろし 千曲川 (45)
41 V6 ザッツ!V6メドレー (2)
42 Perfume Pick Me Up (8)
「ザッツ、日本!ザッツ、紅白!」特別企画 小林幸子 千本桜 (特)
43 X JAPAN 紅白スペシャルメドレー (6)
44 MISIA オルフェンズの涙 (特)
45 美輪明宏 ヨイトマケの唄 (4)
46 レベッカ フレンズ (初)
47 今井美樹 PIECE OF MY WISH (2)
48 SMAP This is SMAP メドレー (23)
49 森進一 おふくろさん (48)
50 高橋真梨子 五番街のマリーへ2015 (3)
51 近藤真彦 ギンギラギンにさりげなく (10)
52 松田聖子 赤いスイートピー (19)

■ゲスト審査員
有村 架純
上橋 菜穂子
大泉 洋
堺 雅人
土屋 太鳳
所 ジョージ
長澤 まさみ
羽生 結弦
又吉 直樹
三宅 宏実

■紅白宣伝部
ウラトーク
バナナマン
久保田祐佳アナウンサー

スターウォーズキャラクター

■ゲスト
クマムシ
とにかく明るい安村
ピスタチオ
コロッケ

松下奈緒
朝ドラ「ゲゲゲの女房」で水木しげるの妻・武良布枝役を演じた。亡くなった水木氏へのメッセージを寄せる。

サクラセブンズ
リオ五輪に出場決定した女子ラグビーチーム。

吉永小百合
戦後70年。

| 映画・テレビ | 19:49 | comments(0) | - |


#マッサン の小樽から余市に至る行程は大遠回り 玉山鉄二
NHKの朝ドラ「マッサン」。マッサン(玉山鉄二)小樽にウヰスキーを売りに行ったがさっぱり売れず、森野熊虎(風間杜夫=ゲゲゲの女房の義父役以来の朝ドラ出演)なる謎の人物について余市まで一緒に行くことになった。

まずは全体の地図。青丸がスタートの小樽、緑丸がゴールの余市で、汽車に乗り遅れて徒歩5時間である。

名称未設定-6.jpg

ところがまず、真狩村の羊蹄山(地図下の赤丸)を通る。

羊蹄山.jpg

実際の映像。
2009-05-1158.jpg

次に余市を通り越して積丹半島の島武意(しまむい)海岸(地図左上の赤丸)を歩く。ここは崖下100mに降りる階段道があるが、私は3回行ったけれども一度も下に降りていません。もしかして、二人は吹き替えで別の人物が崖下に降りて歩いているのかもしれない。その後のアップは別の海岸かも。

島武意海岸.jpg

実際の映像。
200808S198.jpg

そうしてたどり着いたのは札幌市厚別区の北海道開拓の村の旧青山家住宅である。網元の家。地図の右端。

旧青山家住宅.jpg

これではウヰスキー2ケースを背負っていなくてもヘロヘロである。

なお、北海道開拓の村はいろいろなシーンのロケに使われているし、いいところなのでぜひ訪れてください。

ところで、マッサンの母早苗(泉ピン子)が危篤になり、エリーは広島へ。そして鴨居の大将は電話で小樽市役所などに問い合わせるが、昭和4年(1929年)にここまで長距離電話を使うか?交換手を使って1時間くらい待たないと電話はつながらなかった。
ま、今の人からすれば捕まらないのが逆に不思議かも。

かくいう私も、今日は香港、台湾、タイ、ベトナムと4か国のお相手をしましたし、国際電話もかけまくりました。

  

| 映画・テレビ | 20:34 | comments(0) | - |


花子とアン NHK新朝ドラ 吉高由里子・山田望叶
NHKの朝の連続テレビ小説「花子とアン」が今週から始まった。
モンゴメリの「赤毛のアン」の翻訳者で児童文学者の村岡花子さんの半生を、村岡恵理(花子の孫)『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』を原案に、中園ミホの書き下ろし脚本で描く。主人公の花子には吉高由里子が、現在の幼少時代の安東はなは山田望叶(やまだもちか)が演じる。

DSCN4066.jpg

「赤毛のアン」は戦後日本の翻訳児童文学として今なお非常な人気があり、アニメ化もされているが、これは村岡さんの功績に他ならない。
原作の村岡恵理さんは祖母の花子が亡くなった時は1歳。祖母の記憶はないはずで、また聞きの伝記なのだろう。偉大な祖母を持つのはよいことだ。

村岡花子は明治26年(1893年)6月21日山梨県生まれ。貧しい幼少期を過ごしたが、東洋英和女学校に進学し、英語を学んだことが人生を変えた。昭和43年(1968年)没。

DSCN4067.jpg

ドラマの冒頭は昭和20年4月15日の大森。特殊メイクで50代に老けた吉高花子が、空襲におびえる子供たちを励まし、日本で唯一の「赤毛のアン(Anne of Green Gables)」の原書を抱えて逃げるシーンだ。これはほぼ実話で、もし原書が空襲で焼けてしまえば日本の子供たちがアンに会える日はかなり先になったのだ。

Anne of Green Gables 原作テキスト(英文)

ドラマは花子の生涯なのだが、随所に「赤毛のアン」の物語がオマージュとしてちりばめられているらしい。私は「赤毛のアン」は1行も読んでいないし今後も読む気はないので、「シャーロック」のように原著との似て非なるエピソードにニヤリとはできないのだが、ネットの話題を拾ってみる。

安東はなはクソガキたちから「はなったれ」とからかわれると「はなじゃねぇ、花子と呼んでくりょう」と言い返すが、これはアンが「Annではなくeの字のつくAnneなんです」と言うシーンから。

DSCN4060.jpg

妹をおぶって子守をしながら学校に通うはな。地主の息子の徳丸武が妹の髪の毛を引っ張って泣かすと、先生には引っ張ったのは木場朝市だという。はなは怒ってノート代わりの石板を朝市に叩き付け、割ってしまう。
これはアンが同級生から赤毛をからかわれて石板で叩き付けるシーンから。



 ↑ アニメ「赤毛のアン」 第14話より

アニメ「赤毛のアン」は4月7日からBSプレミアムで全話放送。

はなが通うのは阿母尋常小学校、父親が洗礼を受けさせようと通うのは阿母里教会。
阿母(あぼ)や阿母里(あぼり)は、赤毛のアンが住むプリンス・エドワード島のアボンリー村から来ている。


DSCN4061.jpg
DSCN4063.jpg

隣家の木場リン(松本明子)の役名はリンド夫人から来ており、小説ではアンの育ての母代りであるマリラの旧友で情報ツウ。

DSCN4064.jpg

助監督が小説とドラマの世界をリンクさせたいと考え、いくつものネタを仕込んだ由。本を読んでいなくても話は通るが、読んでいればもっと面白いだろう。

さて、実在の人物をモデルにしたのは、「カーネーション」の小原糸子(小篠綾子)、「ゲゲゲの女房」の村井布美枝(武良布枝)以来ではないか。いずれも役名はちょっと変えているが今回は村岡花子とそのままズバリだ。その理由は定かではない。実在の小説「赤毛のアン」を出すからか。そういえば「ゲゲゲの女房」も水木しげるはそのままの名前で鬼太郎たちとともに登場した。

時代性は、「おしん」田倉しん 明治34年(1901年)生まれ。
「ごちそうさん」西門め以子 明治38年(1905年)生まれ。
「カーネーション」小原糸子 大正2年(1913年)生まれ
よりもさらにさかのぼり、明治26年(1893年)だ。小学校すら満足に通えない貧富の差が大きかった時代だった。
おじいちゃんと同世代なのでなんらかのつっこみをしたいが。

BSプレミアムで毎朝7時15分から再放送の「カーネーション」を見ることとします。
当時のカーネーションブログを読み返すと、我ながら実に面白い考察をしていると、感心し、泣けてきました。金にならないだけです。

ごきげんよう、さようなら。

  
| 映画・テレビ | 19:30 | comments(4) | - |


2013年 第64回NHK紅白歌合戦の司会 綾瀬はるか 嵐
年末恒例のNHK紅白歌合戦の司会が、紅組:綾瀬はるか、白組:に決まった。
綾瀬はるかは大河ドラマ「八重の桜」での好演が、嵐は4年連続だ。総合司会はあさイチでもおなじみの有働由美子アナ。



このところ紅組司会者は朝ドラのヒロインで決まっており、去年は「梅ちゃん先生」の堀北真希が棒読み司会を、おととしは「おひさま」の井上真央、その前は「ゲゲゲの女房」の松下奈緒が担当した。
その線で行けば今年は大ヒットの「あまちゃん」能年玲奈だったが芝居はうまいがインタビューはズレた受け答えしかできず、先日の「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに出た時も、タモリが困惑していた。紅白は完ぺきな台本があるが、それでも危ういだろう。

ただし、能年玲奈はあまちゃんヒット曲コーナーに出る。
そう、今後はどんな歌手が出るか、そして特別審査員はダレがなるのかが興味の対象だ。

「あまちゃんコーナー」では小泉今日子、能年玲奈・橋本愛、薬師丸ひろ子が、それぞれの<潮騒のメモリー>を歌って欲しい。有村架純ちゃんも小泉今日子の脇で口パクでいいから出てね。
<暦の上ではディセンバー>はアメ横女学園芸能コース(ベイビーレイズ)、有馬 めぐ(足立梨花)、高幡 アリサ(吉田里琴)、成田りな(水瀬いのり)。
<地元に帰ろう>はGMT5の入間しおり(松岡茉優)、遠藤 真奈(大野いと)、宮下 アユミ(山下リオ)、喜屋武 エレン(蔵下穂波)、小野寺 薫子(優希美青)、ベロニカ(斎藤アリーナ)。
<南部ダイバー>は磯野 心平(皆川猿時)、種市 浩一(福士蒼汰)、岩手県立種市高校の生徒たち。
そして演出では舞台脇で腕を組むプロデューサー荒巻太一(古田新太)と心配そうにウロウロするマネージャー水口琢磨(松田龍平)、賑やかしの北の海女たちはお約束。

歌手では小林幸子の返り咲きが注目か。出なくていいけど。
シークレットはサザン・オールスターズだろう。

特別審査員は今年話題の人たちが起用される。
スポーツ界で楽天イーグルス田中将大は連勝記録の偉業だが、以前も出たのでどうかなぁ。体操の白井健三クンは高校生なので夜遅くまでは出演できない。
東京オリンピック2020がらみでは滝川クリステル、太田裕貴
話題では「今でしょ」の林修。これで「じぇじぇじぇ」「お・も・て・な・し」の流行語がそろった。「倍返し」堺雅人は他局だから厳しいが、原作の池井戸潤、あるいはNHKドラマにも出ている片岡愛之助はアリかも。
来年の大河ドラマ「軍師官兵衛」の岡田准一もお約束だ。年末公開の映画「永遠の0」にも主演している。
朝ドラ「ごちそうさん」脚本の森下佳子さんもアリじゃないかな。

昨年の出演者・審査員はこちら

  
| 映画・テレビ | 10:55 | comments(2) | - |


あまちゃん 2010年なのに2009年の謎メール 能年玲奈・橋本愛
脚本の宮藤官九郎がさまざまな伏線を仕掛けているのもおもしろさの一つである「あまちゃん」。

今週はお盆休みを利用して北三陸から夏ばっぱ(宮本信子)が上京し、実際の橋幸夫に会うのが前半のお話。そして帰郷するときには家出をしていたユイのママである足立よしえ(八木亜希子)を連れて帰るミッション。

しかしユイは母を許せない。激しく怒るがアキ(能年玲奈)と種市先輩(福士蒼汰)からタイミングを見計らった変顔のメールが来て癒される。

DSC08622.jpg

だが、このアキのメールの年月日が問題だ。2009年8月21日なのだ(8月14日放送第117回)。しかし物語はすでに2010年に入っている。

まず、スリーJプロダクションのオフィスにある行動予定表は8月で、14日(土)に「夏ばっぱ上京」とある。8月14日が土曜日なのは2010年だ。

DSC08626.jpg

万年カレンダー2010年

しかし行動予定表を見なくとも物語は2010年である。
春子(小泉今日子)とアキが大吉(杉本哲太)の偽メールに誘い出されて北三陸に来るのが2008年。その年の暮のクリスマスに春子と黒川正宗(尾美としのり)が離婚。
翌2009年、アキは上京してGMTに。2009年12月12日にアメ女の国民投票が開かれ、アキはかろうじて残る(7月10日放送第87回)。

DSC08619.jpg

その暮れは喜屋武ちゃんと二人で過ごし、正月早々二人で北三陸へ。つまり2010年になった。
アキは結局GMTをクビになり、春子は芸能プロのスリーJプロダクションを設立する。
マネージャーに応募した水口(松田龍平)の履歴書は平成22年(2010年)付だ。

DSC08557.jpg

つまり、2009年12月のアメ女の国民投票からタイムスリップして4か月戻って、よしえたちは帰郷したのだ。

善意に解釈すればユイは幸せだった1年前のままでいたいから携帯の日付を戻していたとも考えられなくもないが、メールは携帯電話会社のサーバーを通すから、仮に携帯電話の日付をずらしていてもメールの日付を変えることは不可能(実験済)。

翌2011年3月11日には東日本大震災が起きて北三陸は被災するので、それとの整合性もおかしくなってくる。

昼の再放送でも2009年のままだったが夜のBSでも2009年のままだった。
ちなみにNHKにメールで問い合わせたところ、15日になってお返事をいただき、2010年8月21日が正当とのことだ。

もしかしたら「見つけてこわそう」のアキちゃんの得意技、【逆回転】をしたのかもしれない。これで東日本大震災は起きないのか。

DSC08627.jpg

////
さらに8月15日放送の第118回ではアキの携帯電話の日付が8/21(日)になっている。8月21日が日曜日なのは2011年。つまり大震災後なのだ。
どうしちゃったんだろう、小道具さん。



けれどもアキと種市先輩に届いたユイの変顔は2010/8/21だ。これは正しい。
どうしちゃったんだろ、小道具さん。



●朝ドラの間違い見つけシリーズ
ゲゲゲの女房」で布美枝(松下奈緒)の運転免許証が島根県境港市になっていたのは夜の放送で正しく修正された(鳥取県境港市が正解)。

カーネーション」では昭和33年のシーンに、あるはずのないペットボトルが映り込んでおり、土曜日のまとめ再放送で消されてたいた。

梅ちゃん先生」では梅子(堀北真希)の生年が、当初は昭和3年生まれだったが学齢が合わなかったので突然昭和4年生まれに修正された。

  

  
| あまちゃん(NHK) | 19:08 | comments(2) | - |


あまちゃん 天野春子の半生 小泉今日子・能年玲奈・有村架純
NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」。
アキ(能年玲奈)が念願のウニが採れるようになり、4月分がいちおう終わって来週から新たな登場人物が加わって次の章に入る。

アキの母天野春子(小泉今日子)はふるさと北三陸がイヤで高校3年の夏、家出をして東京に出てしまった。当時の回想シーンで春子を演じるのは有村架純

有村架純

彼女はどういう半生を送ってきたのだろう。
2008年7月で42歳ということは1966年(昭和41)生まれと推察される。
以下、物語に従って年表を作ってみた。※適宜追加しています。

西暦元号年齢春子
1964年 昭和39年 - 母、天野夏19歳、橋幸夫ショーで花束贈呈。すでに天野姓を名乗っている。
9月6日、夫となる黒川正宗、世田谷区富士見台2丁目15で、黒川勝・節子の長男として生まれる。
1965年 昭和40年 -  
1966年 昭和41年 0歳 4月12日、天野忠兵衛・夏夫妻の長女として北三陸で生まれる
岩手県北三陸市袖が浜3丁目7
1967年 昭和42年 1歳  
1968年 昭和43年 2歳  
1969年 昭和44年 3歳  
1970年 昭和45年 4歳  
1971年 昭和46年 5歳 このころ、母夏に海に突き落とされる 
1972年 昭和47年 6歳  
1973年 昭和48年 7歳 小学校入学、1年生
1974年 昭和49年 8歳 小学2年生
1975年 昭和50年 9歳 小学3年生
1976年 昭和51年 10歳 小学4年生
1977年 昭和52年 11歳 小学5年生
1978年 昭和53年 12歳 小学6年生
1979年 昭和54年 13歳 小学校卒業、中学校入学1年
1980年 昭和55年 14歳 中学2年
1981年 昭和56年 15歳 中学3年、パーマをあてる。東京への思い募る。
1982年 昭和57年 16歳 中学卒業、北三陸高校1年
1983年 昭和58年 17歳 北三陸高校2年
1984年 昭和59年 18歳 北三陸高校3年の6月30日、組合長が市長を連れて海女になるよう依頼。
7月1日、開通した北三陸鉄道に乗り、家出して上京。
オーディションを受けまくるが落ちる。原宿の喫茶アイドルでバイトをする。
1985年 昭和60年 19歳荒巻太一から鈴鹿ひろ美のゴーストシンガーを依頼される 
1986年 昭和61年 20歳  
1987年 昭和62年 21歳  
1988年 昭和63年 22歳  
1989年 平成1年 23歳 傷心のあまり帰宅しようとするも、タクシー運転手黒川正宗と知り合い結婚。
1990年 平成2年 24歳  
1991年 平成3年 25歳 11月23日、長女秋(アキ)、生まれる。
1992年 平成4年 26歳  
1993年 平成5年 27歳  
1994年 平成6年 28歳  
1995年 平成7年 29歳  
1996年 平成8年 30歳  
1997年 平成9年 31歳  
1998年 平成10年 32歳 秋、小学校1年
1999年 平成11年 33歳 秋、小学校2年
2000年 平成12年 34歳 秋、小学校3年
2001年 平成13年 35歳 秋、小学校4年
2002年 平成14年 36歳 秋、小学校5年
2003年 平成15年 37歳 秋、小学校6年
2004年 平成16年 38歳 秋、小学校卒業、進学校の中学1年
2005年 平成17年 39歳 秋、中学2年
2006年 平成18年 40歳 秋、中学3年
2007年 平成19年 41歳 秋、中学卒業、高校(三高)1年
2008年 平成20年 42歳 6月末、大吉からの偽メールで24年ぶりに帰省。
秋、9月に北三陸高校2年に編入。
暮れに黒川正宗と離婚。
2009年 平成21年 43歳 アキは上京してアイドルグループGMTに。朝比奈学園高校芸能コースに編入する。
春子はすっかり北三陸に定着してしまう。
大向大吉からプロポーズを受ける。 
2010年 平成22年 44歳 3月、アキは高校を卒業。
アキに鈴鹿と太巻と3人の秘密を語る
上京してスリーJプロダクション設立、社長に就任。東京都世田谷区富士見台5丁目32番12号507 
2011年 平成23年 45歳 3月5日、アキとひろ美が主演の映画「潮騒のメモリー〜母娘の島〜」が公開。
3月11日、東日本大震災に東京の事務所で遭遇。アキはその後北三陸へ。
8月、春子は黒川正宗と再婚。
2012年 平成24年 46歳  
2013年 平成25年 47歳  

ドラマでよく登場する過去のシーンは1981年と1984年。
1981年は中学3年で東京に憧れ髪にパーマをあてて不良ぶっていたころだ。
灯台の下にマジック(NHKではフェルトペン)で<東京・原宿・表参道>などと落書きをしていた。表参道ヒルズができるなど夢にも思っていない時代。

1984年7月1日で春子は北三陸を離れるのだが、天野家の2階の隠し部屋であった春子の部屋はその当時のままで残されている。

壁には松田聖子のポスター、吉川晃司安全地帯ジャガー横田唯一のレコード「愛のジャガー」などが貼られている。これらは当然1984年以前に発売されたものだ。



さらに床にはファミコンカセットが落ちていた。
任天堂ファミリーコンピュータは1983年7月15日に発売されたので、東北の漁村に住んでいたにもかかわらずかなり早くに手に入れたことになる。



そのファミコンカセットは安部小百合(片桐はいり)の名前が入っていたので、借りたままで返していなかった。ということは小百合もかなり早くにファミコンを入手し、しかもそのゲームは一通りやってしまったのだろう、春子に貸したのだ。



当初は「ドンキーコングJr」などゲーセンで一世を風靡した数種類のゲームしかでていなかったから、それらの一つなのだろう。だがよく見るとNHKスタッフが作った小道具の架空のゲームのようだ。

春子は田舎がイヤで東京に出ていったのだが、いや、あるいはそのころの自分がイヤだったのだが、



それでも昔は懐かしく、隠し部屋でアキから「ママ」と呼ばれたことに抵抗を感じて、
ママになる前のママもいるんです、いたんです
と語る。



青春時代が缶詰にされたタイムカプセルのような部屋で、春子はアキと同世代に戻っていた。
しかしその後、港でアキから「春ちゃん」と呼ばれたことにも違和感を持つ。

母でもあり女でもあり、時に少女に戻る、そんなビミョーな心理を宮藤官九郎の脚本とキョンキョンの演技が冴えている。

上京後しばらく経った1989年、暮らしに疲れて東北に戻ろうと、世田谷からタクシーを拾って上野駅に向かうがやはり世田谷に戻る。



このときのタクシー運転手は往復とも黒川正宗(尾美としのり、若き日は森岡龍)で、その後交際に発展し同年に結婚、2年後にアキが生まれたというからアキは1991年生まれだ。↓字幕は「2年後に結婚して」とあるがセリフは「その年に結婚して」だ。そうでなければアキの学齢が合わない。



ただし今(2008年)は離婚話が出ている。だがまだ正式に離婚はしていないが、春子はすでに天野姓を名乗り、アキも編入した北三陸高校は黒川秋と名乗るが、先生から「天野と聞いてるが」と言われ、天野秋を名乗る。

これまで「ゲゲゲの女房」「おひさま」「カーネーション」「梅ちゃん先生」「純と愛」をウォッチしてきたけれども、「カーネーション」とは違うテイストの、優れた作品に出合えてよかった。

  

| あまちゃん(NHK) | 13:25 | comments(0) | - |


NHK大河ドラマ「八重の桜」はじまる 綾瀬はるか
NHK大河ドラマ「八重の桜」が始まった。
前作の「平清盛」がさんざんだったため、NHKはそうとうな力を入れて作っていると思える。

山本八重(綾瀬はるか)はのちの新島八重、新島襄夫人。
あまりなじみのない幕末から明治期の女性にスポットが当たったのは、彼女が被災地福島県会津地方の出身だからだ。

激動の時代に女性だけれど力強く生き抜いた八重を、復興の応援団にしている。
また、福島県出身の西田敏行や秋吉久美子も配役に加え、その色をいっそう濃くしている。
オリジナル脚本で、「ゲゲゲの女房」の山本むつみさんが担当している。



初回は登場人物紹介と派手な戊辰戦争シーン。会津城での戦いを"上空"からヘリコプターで観たようなCG映像はすごかった。あるいは黒船が集結しているシーンなど、模型を並べてはできない、21世紀ならではの映像表現だった。

番組でも頻繁に出てきた什の掟(じゅうのおきて)は今でも多少アレンジされて、会津若松市内随所に掲示されている「あいづっこ宣言」である。



ならぬことはならぬ」という、理屈ではない教えは、今の教師や生徒双方に必要な考えだと思う。

そして女性にも好感度ナンバー1の綾瀬はるかは、大河の主役と言う意外な役柄を見事に演じていたと思う。1年間、彼女を通じて、人の生きざまを感じていきたい。

  
| 映画・テレビ | 22:01 | comments(0) | - |


紅白歌合戦2012 堀北真希のセリフ棒読み司会
昨日の2012年大みそかは、NHK紅白歌合戦を楽しませていただいた。
5.1chサラウンドでないのはいかがなものかと思ったが、豪華な出演陣、モニターを多用した舞台にさすがだと思った。

しかしイケないのはこの人、紅組司会の堀北真希である。
目線の定まらない、セリフ棒読みの司会にがっかりした。というか、予想通りであった。

DSC04479.jpg

堀北真希は昨年4月から9月にかけて放送された「梅ちゃん先生」のヒロイン下村梅子を演じた。
このドラマは戦後の復興と震災からの復興を重ねたそうだが、いいかげんな時代考証や倫理観のない登場人物たち、整合性のとれない進行、最後は父親の性格を直す筋運びにあきれ果てた。

だが視聴率は朝ドラとしては久々に20%を超えた。

視聴率が良かったことと、このところの紅組司会は「ゲゲゲの女房」の松下奈緒、「おひさま」の井上真央と朝ドラヒロイン起用が続いていたので、堀北真希が紅組司会をするのは既定路線だったろう。

目線が定まらないのは、デジタルカンペを読んでいてカメラを見ていなかったのか、目線のみならずセリフは台本棒読みで機転も聞かず、芸人や白組司会の嵐との絡みも滑りがちだった。

客席の調整卓後ろの黒いボードはカンペが出るモニター?
DSC04462.jpg

一方で舞台装置は見事だった。
背後の大型モニターはこれまでのものより高精度になった。さらには階段の蹴上げ部分と左右の弓型部分もモニターになっており、これらが連動して色が変わったり映像が映されたりと、すごいものだった。
おそらく夏場から計画していただろう。

DSC04459.jpg
DSC04468.jpg

この映像はいつ撮影して、いつCG処理をしたのだろう。
SMAPのような出演確定の歌手は秋ごろから作業を進めていたのかもしれない。
SMAPは「梅ちゃん先生」主題歌の「さかさまの空」を歌うのは秋から確定していただろうから、東京タワーやスカイツリーのCGをそのころから作成していたのではないか。



でもももクロやきゃりぱみゅのような当確ライン上にいる歌手の場合はどうだったのだろう。
しかも彼女たちの映像をこのために撮影して加工している。

演出や構成を考えて撮影のスケジュールを抑えて撮影して、その後はポストプロダクションでCG加工してと、1ヶ月はかかると思うし、50組の歌手それぞれの演出を考えて制作しておかなければならないのだ。
歌手側も演出プランやそれに合わせた衣装があるだろうし、裏方はどうなっているのだろう。

さて、小林幸子亡きあとの大掛かりな衣装は水森かおり

DSC04482.jpg

小林がいたらこの演出はできなかっただろう。

見事だったのは中村勘九郎
たとえるなら、中小企業の専務取締役になったと思った矢先に父の代表取締役社長が亡くなってしまい茫然としている時期だが、父が司会もした紅白の、ゲスト審査員を務めた。
彼の嘆きや不安はいかばかりかと思うが、父中村勘三郎森光子先生の映像を前に、しっかりと勤めていた。

DSC04477.jpg

同情を買うだけでは厳しい歌舞伎の舞台は務まらない。稽古に精進して伝統を引き継いで欲しい。

そして圧巻は美輪明宏の「ヨイトマケの唄」。

DSC04474.jpg

今の若い人たちは美輪さんをヘンな"おばさん"としてしか思っていないかもしれないが、丸山明宏時代からの歌手や舞台俳優としてのキャリアを見事に見せつけてくれた。
彼の唄には言葉もなく感動した。
土方ややくざなどの放送に適さない歌詞もそのまま歌われた。
ちゃんと聞けば力強い人生や親子の絆を語っている、素晴らしい歌詞であり、彼の卓越した歌唱と演技がさらに磨きをかけていた。

私はお茶の間審査員としてデジタルテレビから白組に投票したけれど、それは堀北真希の司会が心ここにあらずだったから。先日の国政選挙で、自民党支持というわけじゃないけれど民主党や未来の党はダメというオウンゴール、批判票としての自民党が圧勝したのと同じような考え。

そう思った人は多かったようで、白組が優勝した。

さて、今年の紅組司会は誰がなるか?
朝ドラヒロインは「あまちゃん」の能年玲奈だけれど、どうかなぁ。

/////

紅白歌合戦の得点結果。クリックで拡大。


| 映画・テレビ | 09:14 | - | - |


純と愛 登場人物がみな異常人格 夏菜・風間俊介
NHK朝の連続テレビ小説「純と愛」。いつもなら突っ込みをしているころなのに、突っ込みどころがなく、毎日見ているけれどブログ記事になっていません。
これまでの朝ドラとはまったく違うテイストに戸惑っています。



「ゲゲゲの女房」(てっぱん)「おひさま」「カーネーション」「梅ちゃん先生」と、女の一代記が続いた中で現代劇。これはいいとしても、
登場人物がみな異常人格なのは朝ドラへの挑戦なのだろうか。
ドラマや小説は多かれ少なかれ非現実的な人物が登場し、それがまた空想の世界を広げてきているわけだけれど、登場人物すべてが異常な性格というのは珍しい。



それに、朝からテンションの高い言い争いやチューエッチ子供を下ろすというセリフも登場し、善良な女、良妻賢母、スーパーヒロインを観てきた視聴者はどうしていいかわからない状態だと思う。



ひとえにNHK大阪スタッフの朝ドラへの挑戦、もっと言えばバカアホ丸出しだった東京製作の「梅ちゃん先生」への意趣返しと思えないでもない。



○登場人物
狩野純(ヒロイン・夏菜) すべてのお客さん(お客様とは言わない)を笑顔で返したい、ホテルの社長になりたいという、おじいコンプレックスの女。自分が正しいと思えば上司だろうと客だろうと相手かまわず挑む。

待田愛(彼氏・風間俊介) 愛と書いて<いとし>と読む。双子の弟"純"を病死してから、観た人の本性がわかる能力を得てしまい苦悩する。家を飛び出して8年。勉強・スポーツ万能。

狩野善行(父・武田鉄矢) 義父の残したホテル経営を引き継ぐが旨くいっていない。能書きだけは人三倍。

狩野晴海(母・森下愛子) すべて受動的で純に頼るばかりの母親。

狩野正(兄・速水もこみち) 彼女を妊娠させてしまい、捨てる。



狩野剛(弟・渡部秀) 四浪で放浪中。母親に金をせびる。

待田誠(愛の妹・岡本玲) 家を出た愛に代わって弁護士になれと両親から言われている。"純"が死んでから人の臭いが気になるようになってマスクをしている。

待田多恵子(愛の母・若村麻由美) バリバリ弁護士。愛につらく当たる。

待田謙次(父・堀内正美) 多恵子に頭の上がらない婿養子の弁護士。息子の純が死んでから人と話をすると耳鳴りがし、愛たちに理解を示す。

ホテルの上司はコスト削減ばかり考えて顧客目線ではないし、客も迷惑をかけるモンスターばかり。
こんな中で純は孤軍奮闘している…。

脚本が「家政婦のミタ」で視聴率40%を出した遊川和彦というのも一種のハロー効果だろうが、「プロフェッショナル仕事の流儀」の遊川を見れば、脚本の1字1句にまでこだわり、ギリギリまで書きなおす力の入れようはハンパでなく、視聴者の戸惑いもすべて計算済みで書いているのがわかる。

純が「言葉遣いが悪い」、「態度がでかい」という批判もあるが、すべてワザとやっていることで、朝はのほほんと過ごしたい視聴者をそうは過ごさせない、朝ドラではなくてドロドロの昼ドラみたいな、そういう腹づもりまで感じさせるのである。

それ自体の良否を問う人もいるけれど、まだまだ見逃せないすごさがある。

  


| 純と愛(NHK) | 07:07 | comments(0) | - |


第63回紅白歌合戦司会者、嵐と堀北真希に決まる
2012年大みそかに放送される、第63回NHK紅白歌合戦の司会者が、

白組:
紅組:堀北真希
総合司会:有働由美子アナ

に決まったと発表された。渋谷のNHKの前の屋外ステージでの発表会は珍しい。たいていは室内だ。

DSC03183.jpg

すでに7月16日の本ブログで書いているように、堀北真希は朝の連ドラ「梅ちゃん先生」の主役であり、真希ちゃんの起用は規定の路線だった。

この3年ばかり、白組司会は嵐であり、
DSC03185.jpg

紅組司会は前期(東京制作)朝ドラのヒロインになっている。
DSC03184.jpg

「ゲゲゲの女房」の松下奈緒、「おひさま」の井上真央に次いでなので、だったら来年は「あまちゃん」の能年玲奈だろう。

さて、次の話題は歌手のだれが出場するかだ。
注目は小林幸子で、前社長と決別してあちこちで鼻つまみになっており、紅白に出るか出られないかは演歌系歌手にとって死活問題であるのは、美川憲一の凋落でもわかる。美川も出場に向けてがんばっているようだが。
また朝ドラ「カーネーション」にヒロイン小原糸子の晩年を演じた夏木マリは最近NHKの露出を増やしているので、夏木は当確だと思う。

さらにはゲスト審査員が誰になるかだ。
もっとも注目はノーベル賞の山中伸弥教授で、これまでの受賞者が高齢を理由に固辞していたのに反し山中氏は若いし、研究途上であるため研究費調達の意味も含めて露出を盛んにしなければならないから出場の可能性は高い。
そして新横綱日馬富士も当確だろう。
ロンドン五輪のゴールドメダリストからも2人は出るのではないか。柔道の松本薫と体操の内村航平と思っている。
また、大河ドラマ「八重の桜」の主演、綾瀬はるかもお約束だ。

そしておちゃらかしの芸人は復帰したスギちゃんが当確。梅ちゃんと杉ちゃんの共演?となる。

2011年の出場者リスト>>>

  

  
| 映画・テレビ | 06:40 | comments(4) | - |


純と愛 朝ドラ巨乳ヒロイン 夏菜
NHK朝の連続テレビ小説 2012年下期 大阪放送局制作「純と愛」が始まった。

DSC02805.jpg

時代は現代。大阪で暮していた狩野一家は父の仕事がうまくいかず、10年前に母の郷里である沖縄県宮古島に移る。祖父は小さなホテルを経営しており、宿泊客が誰も笑顔で帰っていくのを見ていた純(夏菜)は、このホテルを魔法の国と思っていた。

祖父が亡くなり父が継いだがパッとしない。大学3年の秋に、那覇の大学から帰省した純はこのホテルを再生し、自分が継ぎたいと父善行(武田鉄矢)に申し出るが激怒され二度と帰ってくるなと言われる。
純は「もっと大きなホテルの社長になってやる!」と言い残し、半年後に大阪の大ホテルの就職試験に向かう。

ヒロインの夏菜(なつな)はグラビアアイドルをしており、大きな目を向いての演技は好き嫌いがあると思うが、特筆すべきは朝ドラヒロインにしては巨乳であること。

DSC02806.jpg

朝ドラはおばさま方が主体となってご覧になるため、おばさま方が優越感を持つように、巨乳はご法度で貧乳の、それもドジで間抜けなキャラクター設定にしており、しかも初回に「今度のヒロインも貧乳ですよ。巨乳で視聴率を取るようなことはいたしません」と、わかりやすくヒロインに伸びをさせて貧乳を強調している。

■おひさま 須藤陽子/演:井上真央
DSC02807.jpg

■梅ちゃん先生 下村梅子/演:堀北真希


■ゲゲゲの女房 村井布美枝/演:松下奈緒
DSC02808.jpg

ところが、今回のヒロインも冒頭でいきなり伸びをするが、それは横からの、巨乳を強調するわかりやすい伸びである。

■純と愛 狩野純/演:夏菜
DSC02804.jpg

なお、朝ドラ史上巨乳1位は「ウェルかめ」の倉科カナである。


夏菜ちゃんも負けじ劣らじだが、オフィシャルサイトによればサイズはHeight-165cm・Bust-83cm・Waist-57cm・Hips-86cmなので、サイズというよりカップが立派なのだろう。


でも裏技としては最巨乳はカーネーションの晩年の糸子役の夏木マリさんかもしれない。
夏木マリ.jpg

  
| 純と愛(NHK) | 19:06 | comments(3) | - |


梅ちゃん先生 昭和32年にワープロ文書登場 安易な小道具・美術スタッフ
きわめていい加減な構成で視聴者を欺いている「梅ちゃん女房先生」。
時代考証がめちゃくちゃで素人にも間違いがわかるのは再三このブログで指摘しているが、視聴率20%超を盾にそういう批判めいた雑音にはいっさい耳を傾けず、ますますエスカレートしている。

8月24日放送では、昭和32年の時代設定なのに個人的メモがワープロで打たれている文書が登場した。
もはやここまできたらわざと批判を起こさせて炎上させて注目を得る、炎上マーケティングをしているのではないかとまで思ってしまう。視聴率20%なら炎上で話題を取る必要はないが。

安岡医院の患者、村田アサ(草村礼子)は日露戦争(1904-1905)のロシア人捕虜と恋に落ち、ロシアまで追いかけて、彼がロシア革命(1917)の革命の闘士となったと話をする。さらには二人の間には青い目の息子がいて税理士をしているので安岡医院の確定申告をやらせてほしいと言う。
梅子(堀北真希)はすっかり信じるが、相沢八重子看護婦(銀粉蝶)は胡散臭さを感じて「近代ロシアの歴史」という本を読んで年表を作ってみると、日露戦争とロシア革命の間の約10年間、どうしていたのかと疑問を呈する。

この時の相沢看護婦が作った年表がこちら。明らかにワープロで作りレーザープリンタで印刷した文書だ。
タイトルはフォントを拡大して斜体までかけてある。しかも赤線はボールペンだ。当時はまだボールペンは普及しておらず赤鉛筆だった。

DSC02260.jpg
DSC02259.jpg

もちろん昭和32年当時は日本語ワードプロセッサは概念すら存在しておらず、"清書"した文書は和文タイプライターまたは活字で作られていたが、あくまで大量に印刷するためのものであり、個人のメモに和文タイプを利用するなど、仮にその和文タイプ機があったとしても、1枚だけのメモに使うなどありえなかった。しかも和文タイプはそれなりに技術が必要で、専門の学校まであったのだ。

しかし、NHKは「ゲゲゲの女房」の番組企画書や「カーネーション」でのイトコブランドの計画書などに、明らかにワープロやパワーポイントで使った文書を登場させている。

昭和32年に相沢看護婦が年表を作った場合100%間違いなく手書きで書かれた。
しかも画面で見る限り用紙は上質紙。当時はわらばん紙と呼ばれる藁から作った薄い黄色い用紙だった。小学校のテストもわらばん紙にガリ版刷りだった。

それなのになぜNHKスタッフはワープロで作ったのだろう。それはこのブログで突っ込んで欲しかったに違いない。だからお約束で突っ込みます。

さて、母芳子(南果歩)が行きたいと言う俳句の会の案内チラシは手書きで作られている。小部数の印刷物はガリ版が主体だった。ガリ版は「ゲゲゲの女房」の水木しげるファン向けの会報誌「少年戦記の会」を作るためにも登場した。

DSC02264.jpg

ただし、よく見ると俳句の会のチラシはガリ版印刷ではなく1枚だけ手書きしたもののようだ。
そして筆跡が芳子の置き手紙に似ている。俳句の会は芳子の自作自演なのか。

DSC02265.jpg

もう一つ、虚言癖のアサはロシア人の男と自分(日本人)の間に生まれた息子が青い目と言うが、基本的に青目と黒目で交配すると目は黒か灰色かで少なくとも青い目は生まれない。黒目(日本人)が優性遺伝だからであり、さらに青い目のロシア人は2割程度しかいない。
医師の梅子はこの時点でアサの虚言を見抜くべきである。



昭和30年代を知っている視聴者層が主なターゲットなのだから、美術スタッフはもっと細部まで気を使って小道具を用意できないものか。すべてにわたっていい加減すぎる。

<ドラマ>という雑誌の2012年9月号に「梅ちゃん先生」の脚本の一部が掲載されており、尾崎将也は能書きをタレているらしいが、読む気にもならない。
さらには図に乗ったNHKは「スペシャルドラマ」や「メモリアルブック」まで出す始末で、どうしようもない。

  


| 梅ちゃん先生(NHK) | 18:39 | comments(4) | - |


梅ちゃん先生 「ら」抜き言葉のほう、お持ちしました
しばらく家を離れていて梅ちゃん先生の突っ込みが書けなかったけれども、まったく持って枕を高くして見れない見られない番組である。日本全国、どこで見ても呆れる脚本だし、リーガルチェックがぜんぜんなっていない番組だ。
よくもこんなものを全国に平気で放送していると思う。

先日は松岡の上司宅を訪問する際のマナーについて苦言を呈したが、今日は言葉の使い方について書く。

●「お酒の方、お持ちしました」
8月1日放送の安岡信郎の見合い騒動。見合い相手が料亭に来なくて父親の幸吉は激怒し、仲居にビールを持ってこさせる。ここまでは半分(全部)コメディとして見ているから、珍なストーリー展開は構わない。



しかしビールを持ってきた仲居が、
「お酒の方、お持ちしました」
と言うし、平然と字幕も出る。

この「〜のほう」は現代においては飲食店を中心にかなり広く利用されているが、誤った、というかおかしな表現として有名である。「バイト敬語」と揶揄されている。
言葉は時代とともに変化して「〜のほう」もまぁ許容される表現として定着しつつある情けない状態だけれども、昭和30年に「お酒のほう」という表現は全くあり得ない。
お酒をお持ちしました
が正しいし、これは現代でも正しい。

意味不明「のほう」言葉>>>

一説によると「〜のほう」は北海道の方言らしいが、定かでない。
あいまいにぼかして、自分の考えを押しつけない、言う方はへりくだっている敬語のつもりなのかもしれないが、間違い。
こういう「バイト敬語」とバカにされている言葉を、昭和30年代が舞台のドラマで平然と使う尾崎将也やNHKや梅ちゃん先生スタッフは、言葉を操ったり放送をする人種として考えられない。

●「寝れなかったでしょう」
8月9日放送分では昭和32年春、青森からの集団就職で中卒の佐藤光男が安岡製作所にやってくる。まじめな好青年である。
光男が寝る部屋がなく、新婚の信郎(松坂桃李)と梅子(堀北真希)の部屋で寝る羽目になる。
NHKの朝ドラはセックスをしないで子供が生まれるのでそれは構わないだろう(んなワケがないが)。
「ゲゲゲの女房」「おひさま」「カーネーション」と、いずれもヒロインは子供を産むが、そこにはセックスの微塵もなく、キスはおろか手もつながない。

ところが光男のいびきがひどく、光男もそれを気にして翌日からドラえもんのように押し入れで寝ると言い出す。

「おらのいびきで、寝れなかったでしょう(ねれなかったでしょう)
と光男は謝るが、
「寝られなかったでしょう(ねられなかったでしょう)」
が正しい。



「寝れなかったでしょう」
は典型的な「ら」抜き言葉であり、「ら」抜き言葉とは現代において話言葉でよく使われる。本来、「見られる」「食べられる」「寝られる」などと言うべきところを「見れる」「食べれる」「寝れる」と、<ら>を抜いて言う表現で誤用だ。
テレビのインタビューでは基本的に話し言葉のため<ら>抜き言葉が普通に会話されるが、テレビの字幕テロップでは民放でも<ら>を補ってテロップがつくことがほとんどだ。

「ら抜き」増加、慣用句誤用(産経新聞)>>>

あるいは、青森方言で<ら>抜きは昭和30年代から普通に話されていたのかもしれないが、青森ご出身の方でお分かりの方はご教示願いたい。

いずれにしても、誤った言葉の使い方とかを平然と放送する「梅ちゃん先生」はきちんと謝って欲しい。

  



| 梅ちゃん先生(NHK) | 19:55 | comments(8) | - |


梅ちゃん先生 2012年の紅白歌合戦 紅組司会に堀北真希
今年もはや半年が過ぎ、そろそろ年末恒例のNHK紅白歌合戦の話題が出ている。
たとえば小林幸子は元社長とのトラブルを和解したように見せて、あるいは自分には非がないように見せて、心証をよくして紅白歌合戦の準備(衣装)を進め始めている、とか。

それよりも、紅組司会はこのところ朝ドラヒロインが抜擢されている。
2011年は上期「おひさま」の井上真央が司会だった。紅白放送の12月は下期の「カーネーション」が放送中で尾野真千子は同番組の主題歌を歌う椎名林檎の"応援"に駆け付けた。
2010年は上期「ゲゲゲの女房」の松下奈緒が司会に抜擢された。12月は下期の「てっぱん」が放送されており、ヒロインの瀧本美織らが川中美幸の曲紹介をした。



この2つから推理すれば、特に堀北真希に問題がなく、他にコレといった候補がいない場合、堀北真希に司会の打診があってもおかしくない時期だ。
そもそも「梅ちゃん先生」の撮影は8月下旬にも終わるから、堀北は秋以降の番組や映画のブッキングに入る時期であり、となると12月末の予定もそろそろ決めないといけない時期に来ている。

ちなみに、尾野真千子は大きくブレイクしたが「しょせんは」大阪制作であり、彼女も30歳。紅白はタウンページ厚の台本どおり寸分の狂いもなく進行しなければならないが、尾野がそれをどれだけ出来るだろうか。最近の民放バラエティの出演を見ていると、尾野にも充分出来ると思う。特に、台本通りこなすのは得意だろうから、4時間半の舞台と思えばいい。

だが、やはり堀北真希の人気や安定感にはかなわないだろう。番組や堀北の演技は批判のほうが多いが、視聴率20%超がNHKも堀北周辺も大きな強みになっている。

堀北が司会ができるかは未知数だが、それは松下奈緒も井上真央も同じだった。漏れ聞く評判は(梅ちゃんキャラと違い)しっかりした女の子のようだから、司会の大役も不可能でない気がする。

司会の堀北真希が振りそでを着たり赤いドレスを着たりして、SMAPが「さかさまの空」を歌う脇で手拍子を打つ姿が見える。

そしてカーネーション小原糸子の晩年を演じた夏木マリと、梅ちゃん先生坂田医師の世良公則が久々に登場することだろう。

特別審査員はもちろんロンドンオリンピックで活躍したアスリートたち。
そして来年の大河ドラマ「八重の桜」のヒロイン綾瀬はるか
おちゃらかしの芸人はスギちゃんで決まり。「スギちゃん先生だぜぇ、ワイルドだろう」と言うのだろう。

こうして見ると、もう紅白歌合戦は、つまり年末はそこまで来ているのだ。

////////////追記 7月21日

夏の紅白とも言われる「第44回NHK思い出のメロディ(8月18日放送)」に堀北真希が出演することが決まった。
戦後まもない、梅ちゃん先生の時代の歌(青い山脈、花の素顔)の紹介をする。
要するに堀北真希の試金石。ここでNHKホールの舞台生放送の感触と、ベテラン歌手との顔合わせが行われるのだ。
このコーナーがあると言うことは、紅組司会は堀北真希と見て9割方間違いないだろう。

  

| 梅ちゃん先生(NHK) | 08:24 | comments(10) | - |


梅ちゃん先生 梅子(堀北真希)はギランバレー症候群放棄で開業
NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の矛盾点や脚本・演出の批判や突っ込みです。検索で飛んできた通りすがりや名無しさんは、お互いに不愉快になるだけですからご遠慮ください。

今週後半のお話。
帝都大学附属病院の第二内科部長教授である梅子(堀北真希)の父建造(高橋克実)が脳軟化症で入院してしまったため、第一内科と担当患者のやりくりが行われ、梅子は肺炎で入院している陸上をやっている高校生、並木涼子(田アヤカ)の担当になる。

●難病患者を放棄する梅子
涼子はカレシから貰ったキャラメルを梅子にもあげるが、その都度キャラメル箱を落としてしまう。それを見た梅子はある疑問を抱き、涼子を検査して診断・判定・即答・告知をする。
「あなたはギランバレー症候群という病気です。もう陸上競技はできません」

ギランバレー症候群

先週から急に賢くなった梅子だがこの診断もあまりに唐突で早急。
これまでも聴診器を当てるだけで病名を告知して薬を処方するスーパー梅ちゃんになったが、今回はあまり聞きなれない病名を告知し、選手生命を断つ。
通常は念には念を入れ重岡助教授と相談するなり、せめてセリフでそういうシーンが欲しい。
それ以前に前任の重岡助教授が涼子の病気を見逃しているのが問題であり、これは狭山医師が自殺未遂の片岡弓子のメッケル憩室炎を見逃して松岡医師が触診で発見したのにも通じる。
ヒロインの周囲でコトを運ぶドラマとしてはやむを得ないのかもしれないが、こんな上司でいいのかと思ってしまう。つまり脚本上でのフォローが足りない。

ギランバレー症候群をWikipediaで調べると、「急性・多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入らなくなる病気である。日本では特定疾患に認定された指定難病である。」とある。1955年(昭和30年)当時、医師の間でもどれだけの認知があったか、疑問を呈する。後世になって大原麗子安岡力也が発症し、死に至っているので確かに珍しい難病には違いないが、なぜバカドジ女の梅子にこういう病名を唐突に言わせるのだろう。

しかも梅子は涼子の治療をするでもなく、「大学病院を辞めて開業したい」と言い出す。
つまり涼子は梅子が賢くなった象徴で登場しただけであり、患者と真摯に向き合う医師という、このドラマで本来伝えるべき要素の象徴などではまったくない使い捨て患者・使い捨てエピソードなのだ。エピソードの回収はない。

このサジ加減のいいかげんさは「梅ちゃん先生」全体を貫いており、視聴者が戸惑い、呆れ、脚本家や演出家を侮蔑する大きな理由につながっている。

その場しのぎの話のおもしろさのみを追求しているため、半年間の連続ドラマとしての大きなつながりや人物の成長が見えないのだ。梅子が医師として大成するには、少女時代からの行動というものがあるだろう。それが一切ない。医専時代も落第生なのに、宇宙人が宿ったように利口に変異する。

確かに梅子は成長したのだろう。だがここに述べたように唐突に成長したのだ。レコードが蓄音機からLPになるのではなく、エジソンの蝋管がいきなりCDになったような異常なまでの成長だ。雷に打たれて突然変異したのでもない。
そういうわけだから視聴者の気持ちにどんよりと淀むのは違和感や不信感だ。

●金の工面もしないで開業へ
少女時代から後先のことを考えない梅子は蒲田の人々を診察してありがたがられたことから、帝都大学病院の助手職を蹴って蒲田で開業しようとする。松岡(高橋光臣)は高めの開業見積もりを出して梅子を諦めさせようとするが、梅子は応じなかった。

戦中から住んでいたバラックを改装して下村医院にするが、信郎(松坂桃李)が紹介した銀行は金は貸すが担保がいると言う。当然だ。
担保物件は今住んでいる土地と建物しかない。だが父建造は「開業は許したが金のことは知らん」と突っぱねる。

このエピのわずか前、脳軟化症で入院している建造に、妻芳子や養母正枝は梅子の開業を認めさせようと乗り込む。当初、建造は開業に反対していたのだ。
そのため見舞いも付き添いで世話もしない家族たちは梅子の開業を認めさせようと押し掛けるのである。あたかも圧力団体のように病院の廊下を突き進んで建造の病室に松子も竹夫もそろえて行こうとするのである。

これも明らかにおかしいだろう。
脳梗塞や心筋梗塞は心の安寧が大切な治療となるのだが、それと正反対のことを家族はするし、さらには梅子のバイト先の坂田医師までやってきて「背中をたたいてやれ」と、けしかける。
建造は家族の中でそれほど疎まれ病気もなにもあったものではない。死を待たれているだけか。
建造からすれば平常時ですら大きなストレスだ。
この点、梅子が「開業の話はお父さんの病気が治ってから」といって家族をなだめるのは正しい。

結局は建造は土地建物を担保に銀行から開業資金の融資を受けるのを認める。ただし建造は下村家の養子だ。土地建物は養母正枝の名義ではないのか。下村父が亡くなった時に建造名義に相続したのだろう。

梅子は、あることに目が向くと周囲が見えなくなる病気は治っていない。患者もほっぽり出して開業開業となる。そして周囲の人々は梅子を極端に甘やかして、唐突早急に開業する。
まさしく「甘ちゃん先生」である。ちなみに「あまちゃん」は2013年上期の朝ドラのタイトルだ。すでに先取りしているのだ。

●下村梅子さん送別会
梅子が退職する日、第一内科と第二内科合同の送別会が開かれる。そのとき、黒板に書かれたみんなからの餞別の言葉。



疾風に勁草を知る 三枝
君の決断を尊重します 重岡
必死に論文を書いている姿に感銘を受けました 大橋
医の道は人の道 小田
患者さんに丁寧に向き合う姿勢を大切にしてください 山下幸枝
お別れは寂しいけどがんばってください 山田
日替わり定食だけでも食べに来てください 食堂のおじさんヨリ
努力精進 松岡
今までありがとうございました 谷津
お疲れさまでした 開業してもがんばってください 伴田
優しくしてくれてありがとうございました 中井
一緒に働けないのは寂しいけれどいつでも相談に乗るからね 沢田弥生
Good Luck 津田
Alles Gute und viel Erfolg! 狭山
梅子さんなら出来ます!山倉


こんなありがたい餞別の言葉を黒板に書いてもらって、梅子はこの黒板をもらい受けて待合室にでも飾るのだろう。

放送から3か月、半分が過ぎてヒロインに大きな転機が訪れるのは朝ドラの宿命。「ゲゲゲの女房」では不遇の水木しげるの元に少年ランドから原稿依頼が来るし、「カーネーション」は戦争が終わった。
「梅ちゃん先生」は文字通り梅ちゃん先生として、蒲田の地域医療に奔走することになる…。これまでが酷過ぎる。一応見なかったことにしてやる。だが、今後も同じなんだろうな。

建造は左半身不随などの後遺症はまったくなく、来週はピンピンしているのだろうが。

  


| 梅ちゃん先生(NHK) | 14:28 | comments(4) | - |


梅ちゃん先生 堀北真希の梅子はADHD(注意欠陥障害)の医者見習い
相変わらずおかしな脚本や演出で視聴者はバカと思っているNHKの朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」。

梅ちゃん先生が低次元なのは話の展開が単純な繰り返しで見えすぎていること。
各エピソードは次の3つのパターンで構成されている。それがネタが違うだけで同じものが繰り返し出現し、しかもそれが不愉快になる内容なので評価を落としている。

つまり
1)最初はダメで結果オーライ
これはドラマや小説の王道であり、主人公に困難が降りかかるが努力や運や周囲の助けで無事解決して成功すること。視聴者(読者)は前半の主人公の苦労に涙するが、成功するにつれて安堵し自らが成し遂げたような錯覚に陥り良い気持ちにすらなる。
ゲゲゲの女房」も根底は貧困→成功のこのパターンだ。

梅ちゃん先生では
医専受験に父が反対」→「勝手にしろと言われて受験」
「合格発表で番号がない」→「でも見間違いで合格してた」
「いじわるな先輩が海軍放出の医薬品を取ってこい」→「大量にもらい受けるが馬車が故障」→「通りかかったトラックに乗せて運び先輩の鼻を明かす」

などだ。1つや2つならともかく、エピソードがこのパターンばかりなのが作り手が無能の証拠である。

2)勘違いオチで笑いを取ろうとする
もう一つのドラマの王道の展開が<勘違いオチ>と呼ばれるもので、とんでもない方向に話が広がるが結局は勘違いでチャンチャンで終わるアレ。この展開が多すぎる。

「合格発表で番号がない」→「7と1を見間違えていて実は合格していた」チャンチャン。
「園田江美の幼馴染ハナちゃんが病気」→「ハナちゃんは牛だった」チャンチャン。
「篠田は悪性度5の末期がん」→「別人の検査結果を見間違え、篠田は退院」チャンチャン。


こうなると残る最後は<夢オチ>で、最終回に老いた梅子(演:樹希樹林)が昼寝から覚めると、すべてが夢だった。医専に行ったのも医者になったのも、全部夢だったと。
チャンチャン、梅ちゃんちゃん。

なお、同じギャグをわざと繰り返すというギャグがあり、お笑い用語で天丼と言う。
でもそのつもりはなさそうだから、ネタが貧困すぎるということだ。

3)途中放棄でよけいなお節介
これが梅ちゃん先生が不愉快な展開である最大の理由であり、それが定番のパターンというのは大いに問題だ。
余計なおせっかいは朝ドラヒロインの定番行動らしいが、村井布美枝も丸山陽子も小原糸子もそういう行動は目立たなかった。



「数学を習いに兄を捜しに行ったら食堂の女給の母が病気」→「兄に会いに行くのを放棄してかわりに食堂で働き女給を母のもとへ行かせる」
「ドイツ語の再試験を途中放棄」→「友人の戦争未亡人の色恋に余計なおせっかい」
「松岡とのコメディ映画観賞を途中放棄」→「キャバレー歌手の妾話に余計なおせっかい」
「外科のインターンなのに内科患者のために仕事放棄」→「患者の家族を連れてくる余計なおせっかい」
「担当の患者が医師に惚れてしまうのでインターンの仕事放棄」→「仲を取り持つ余計なおせっかい」


この、あることをしている/しなければならないのにそれを放棄して本業とはまったく関係ないことをするのは、単純に、見ていて不愉快なのに加え、医師と言う職業上きわめて問題のある行動だ。
なにしろ本筋を途中放棄なのである。しかもすべてそれを美談として描いている。

これでは将来、ある患者の診察をしていても、まったく別のこと(それも他人事)に関心が行ってしまい、その患者の診察がおろそかになるのと同義である。こういう性格がよいわけがなかろう。
梅子がADHD(注意欠陥多動性障害)であるのは容易に想像がつく。「あなた、再試験中でしょ」と周囲に指摘されて「あ〜!」と気づくレベルなのだ。

ちなみに今週の梅子(堀北真希)がいじる相手は自殺未遂の女片岡弓子(馬渕英俚可)。配属されている内科の患者とはいえ、医師(インターン)としては余計すぎるいらぬ世話を焼くバカ女ぶりを発揮する。

ドジで間抜けなヒロインがだんだんと上り詰めていく職業は、スチュワーデス(CA)が許容範囲だろう(それもスカイマーク)。医師の性格設定をADHDにしたのは大きな間違いであり、医師や医学生にも失礼だし、こんな医者に診てもらいたくないと視聴者が思ってしまうのは当然だ。

老いて卓越した丸山陽子(若尾文子)や小原糸子(夏木マリ)が若い者相手にあれこれおせっかいをするならわかるが、自分の頭の上のハエも追えない小娘なのに他人、それも年長者の行動に口出しするのは余計なおせっかいで腹立たしい。

  


| 梅ちゃん先生(NHK) | 14:40 | comments(9) | - |


梅ちゃん先生 喫煙シーン続出の時代考証
NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」。

いいかげんな時代考証や話の流れの整合性がまったく取れないコント脚本・コント演出に呆れているが、唯一?時代背景に即した演出がなされているものがある。

それは喫煙シーンだ。



今は喫煙は罪悪のようにとらえられる傾向が強く、私もタバコは大嫌いだけれども、昭和までは喫煙はごく当たり前の行為であり、職場では分煙もされていなかったし、映画やドラマでも特に意味がなくても喫煙シーンは当たり前だった。

しかしタバコの健康への害が叫ばれ、健康増進法が制定されてからは、映画やドラマでの喫煙シーンは激減したと思う。
俳優が「カッコよく」タバコを吸うシーンが青少年へ与える悪影響も問題となった。



だからむしろ、時代を象徴するシーンで喫煙シーンが使われるようになり、たとえば戦後からの時代が舞台の「不毛地帯」などでは昭和を演出する小道具として意図的に喫煙シーンが挿入されていた。



逆におかしかったのは同じ朝ドラの「ゲゲゲの女房」である。
喫煙シーンは全くといっていいほど登場せず、かえって違和感があった。
水木プロ雑誌社の会議では煙もうもうの中で仕事をしていたはずなのに、まったく煙がたっていなかったのだ。これは意図的に喫煙シーンを排除した結果だと思っている。いまBS103で朝7時15分からゲゲゲの女房を再放送しているので、ご覧になってください。



梅ちゃん先生では"あえて"喫煙シーンを挿入することで、自然な時代感を出しているつもりなのかもしれないが、それは頭の使い方を間違っている。
肝心の時代考証がめちゃくちゃ(金属が多すぎる、ダンパ代50円を取るのに東京〜秋田の37円の汽車賃が医専生に払えない など)で、現代では忌み嫌われる喫煙シーンでことさら時代性を出すとはいかがなものだろう。

堀北真希ちゃん、煙たくないのかな。親父は煙たいか。

  





| 梅ちゃん先生(NHK) | 18:47 | comments(3) | - |


梅ちゃん先生 昭和20年11月5日 堀北真希・ミムラ
NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」は2週間目が終わった。

タイトルバックのジオラマがとても素敵で、しかも月〜土と少しずつ違っている。特に土曜日は最後にミゼットがジャンプして梅ちゃん先生がコケるというイキな演出。



兄竹夫(小出恵介)は医者になるのを辞めると言って家を出てしまう。梅子(堀北真希)と姉の松子(ミムラ)は世田谷の友人宅にいるという竹夫を訪ねる。
チンチンと、路面電車の音がしたから、玉川電車(東急玉川線、今の東急世田谷線)の沿線だろうか。国道246号線大山街道沿いの路地の下宿に転がりこんだのだと思う。

三きょうだいは下宿の向かいのだるま食堂で話し合うが、今日はこのシーンの突っ込みです。
だるま食堂は埼玉県深谷市の旧七ツ梅酒造「ててて亭」を使ってのロケ。ゲゲゲの女房のロケにも使われた由。
画面右側の復員兵は、こちらのご主人がエキストラで出演されているそうだ。



日めくりカレンダーが壁にかかっていて「5日」とある。先日の竹夫の質札が10月8日付だったのでこの日は昭和20年11月5日(月)とわかる。服装は11月にしてはやや薄着だと思うが。

ちなみにこの日の東京の天気の記録はないが、いかに物資が不足しているとは言え、11月だからあの服装では寒かっただろう。

もう一つ、だるま食堂の壁に大相撲の星取表がかかっている。



昭和20年秋場所の番付だろう。
昭和20年11月16日〜昭和20年11月26日に開催されたので、まもなく始まる大相撲の番付だ。
実際の取り組みがインターネットに出ていた。素晴らしい。
昭和20年は夏場所が昭和20年6月7日〜昭和20年6月13日に両国国技館で開催された。あたりは焼け野原だった。

翌、昭和21年は秋場所1回限りの開催だった。
戦火の中でもこうして開催していたのだから、不祥事で1回休みとなった去年は異常時だったのだ。

来週は梅子が城南女子医専の受験に挑戦する。
竹夫とだるま食堂の女店員あかねが気になる。そして松子は…。

  

| 梅ちゃん先生(NHK) | 21:33 | comments(0) | - |


梅ちゃん先生番組展 ジオラマが素晴らしい
NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」は蒲田(東京都大田区)が舞台。
番組の盛り上げはまずは地元からというのは鉄則。しかし今の蒲田には昭和20年代を彷彿させる場所はなく地元ロケは厳しい。ゲゲゲの女房の調布も通常のロケは茨城県などで行い、深大寺のシーンだけは調布で行った。

そこでJR蒲田駅西口から線路沿いに北に2分ほど歩いた日本工学院専門学校のロビーで「梅ちゃん先生番組展」が行われている。大田区の産業や観光を紹介する「蒲田 いまと昔」展と合同だ。

DSC00296.jpg

下村家のバラックの図面。最初は茨城県のオープンセットにあったがその後スタジオに移築された由。

DSC00299.jpg

小道具はいくつか展示されており、そのうちの竹夫の質札と通学定期券

DSC00309.jpg

下村家のセットの一部。梅子の勉強机だろうと思うが、開かれている本は行政法概論。梅子は司法試験を受けるのか?いや、灰皿があるから父建造の机か。
そういえばタバコを吸う演出は「昭和」を象徴するものになっているが、梅ちゃん先生では1回も出てこない。NHKは意図的にその演出をしないのだろう。カーネーション、おひさま、ゲゲゲの女房にもほとんどなかった。

DSC00312.jpg

今日の放送で出てきた、小説「月と花束」。左は梅子が無くした米穀通帳。


全体の雰囲気。クリックで拡大。登場人物それぞれの衣装も展示してある。オハラ洋装店とは違います。



そして何と言ってもジオラマ。素晴らしく細かくてしかも美しい。どこからどう見ても楽しい。

DSC00319.jpg

DSC00324.jpg

DSC00331.jpg

ジオラマをジオラマモードで撮影。
DSC00347.jpg

乗りもの2点。国電とミゼット。

DSC00352.jpg

室内も丁寧に作られている。電気の配線はネタバレか?

DSC00329.jpg

山本高樹氏の制作風景がパネルで紹介されている。木の葉っぱの一つ一つまで作っている。
DSC00349.jpg

大田区の今昔を伝えるトリビュートカマタ展も必見。蒲田は安岡製作所のような「町工場」の町として発展したが、この20年で大田区の製造業は4割も減ってしまったと言う。産業構造の変化だが、我が国の経済を下から支えた大田区は製造業から観光にシフトしている。
なにしろ羽田空港があるんだから、茨城県民が茨城空港があるのを自慢しているのとはレベルが違う。

さらに京急梅屋敷駅まで歩く。
長くて立派でレトロな店もある商店街。ここはそれなりに「観光」出来ると思う。



京急梅屋敷駅は高架工事中で上りが高架に。電車がやってくるチャイムはSMAP「さかさまの空」のメロディ。録音しようとしたがタイミングが悪くて逸しました。
梅ちゃん先生のラッピング電車も走っているらしいが、1日3往復のため遭遇せず。






| 梅ちゃん先生(NHK) | 07:59 | comments(0) | - |


梅ちゃん先生 買いだしで大移動 堀北真希・小出恵介
NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」は戦後間もない頃が舞台。
10日の第8回はいよいよ食料が底をつき、梅子(堀北真希)と兄竹夫(小出恵介)が農家に買い出しに行くお話。

これがたいへんな大移動ロケをしているので感心した。

まずは蒲田の自宅前。ロケ地は茨城県高萩市の工場跡に作った大オープンセットだ。

DSC00262.jpg

大きな地図で見る

品川駅から乗りこむ電気機関車がけん引する列車。おなじみの大井川鉄道で静岡県島田市。



大きな地図で見る

そしてどこぞで降りて木製の橋を渡る。この橋は茨城県常陸太田市にある八幡橋。里川にかかる橋で、時代劇によく登場する。ゲゲゲの女房にも登場した。

梅ちゃん先生 第8回(2012/04/10放送)
DSC00264.jpg

ゲゲゲの女房 第9回(2012/04/11再放送)


大きな地図で見る

そして農家に。千葉県立房総のむらでの撮影で、印旛郡栄町にある。

DSC00266.jpg

大きな地図で見る

品川駅から列車で買い出しに行くと言うことは、静岡あたりまで行ったのだろうがロケ地は千葉のため、千葉弁の指導の先生がついた。なので農家の「だっぺ」という方言は千葉のもの。茨城県も「だっぺ」を使う。

梅子のおかげで野菜と着ものを交換でき、二人は川原でくつろぐ。この川は茨城県常陸太田市の里川のほとり。

DSC00267.jpg

わずか10分程度の、なくてもいいようなエピソードにこれだけの移動をしての撮影。もちろん連続で撮影したのではなく、放送では何回分ものシーンを細かく区切ってロケ地ごとにまとめて撮影しているのだが、それにしても大変。

  


| 梅ちゃん先生(NHK) | 00:04 | comments(0) | - |


ゲゲゲの女房 BS103で再放送中 突っ込みどころ満載
2010年上期に放送され、「ゲゲゲ」が流行語大賞にもなったNHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が4月2日から再放送されている。

毎週、月〜土 朝7時15分からBS103(BSプレミアム)で。



まだ2年しかたっていない連ドラを再放送するのは珍しいと思う。しかも毎日定時に本放送のときと同じように放送している。

ゲゲゲの女房は言うまでもなく、妖怪漫画の第一人者、水木しげる氏の夫人、武良布枝さんの自叙伝を元にした作品。彼女をモデルにした村井布美枝を松下奈緒が演じて、彼女は2010年の紅白歌合戦の司会にまで抜擢された。さらには武良布枝さんは紅白歌合戦の審査員になった。
また、水木しげるを演じた向井理は翌年の大河ドラマ<江〜姫たちの戦国〜>で江の三番目の夫である徳川秀忠を演じた。そして「ゲゲゲ」は流行語大賞にもなってしまった。当初の視聴率は前作のウェルかめの不調も手伝って悪かったのだが、徐々に人気が出て、2010年を代表するドラマにまでなった。

その人気が覚めない状態だと思ったのか、NHKとしてはDVDも発売しているから英断だったのだと思うけれど、完全版での放送は珍しい。

今はまだ子役の時期だが、布美枝の弟の貴司を今をときめく鈴木福くんが演じているなど、新たな突っ込みどころも増えている。

2年前も夢中になって見てBlu-Rayにも録画してこのブログでもさまざまな突っ込みを入れたが、今回もう一度テレビ放送で観て、再度楽しみたいと思う。

BSでは7時30分に終って、すぐに梅ちゃん先生のBS先行放送になる。

半年間、この2作品のお世話になりましょう。

ゲゲゲの女房 突っ込みシリーズ ●は特に面白いです

月刊ゼタこそ月刊漫画ガロ、ゲゲゲの女房
Wikipediaにも紹介されている検証。

NHK「ゲゲゲの女房」、家の間取りと記念写真の秘密

NHK「ゲゲゲの女房」、間取りの秘密2 階段が2つ
しげるの普請道楽で家は四次元屋敷に。

「ゲゲゲの女房」布美枝の運転免許の秘密
鳥取県境港市が島根県境港市に。CGで修正。

「ゲゲゲの女房」村井家の間取りの秘密3 さらに増築

「ゲゲゲの女房」村井家の間取りの秘密4 玄関は南東を向いている

ゲゲゲの女房、村井家の方位は北を向いている?
影の方向がクルクルかわる。

「ゲゲゲの女房」藍子の学校の日付の秘密
娘の藍子は終業式でも5時間目まで授業。


  
| 映画・テレビ | 22:40 | comments(0) | - |


カーネーション オハラ洋装店の間取り、劇的ビフォーアフター
NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」は、時代が昭和60年に飛び、小原糸子は72歳となって、尾野真千子から夏木マリへと変わった。夏木マリは尾野の左のこめかみにあるほくろを再現している。

まずは糸子のビフォーアフター。

P1040479.jpg

セットも大きく変わり、町並みはオープンセットから実際の商店街の装飾を変えるだけで対応するようになった。オハラ洋装店も間取りが大きく変わった。大改造をしたのだ。

上は昭和33年、下は昭和60年の早朝の外観だ。

P1040495.jpg

大改造と言えば「ゲゲゲの女房」で話題になった水木しげる宅。実際の水木先生は普請道楽で、次々と家を改築していった模様がドラマでも再現されており、その広げ方はどう考えても隣家を侵食していた。
「ゲゲゲの女房」間取りの秘密>>>

オハラ洋装店も隣家を侵食したとしか思えないダイニングができていたりする。
そこで、昭和48年と60年のオハラ洋装店を比べてみた。
♪チャラチャラチャ〜ン(大改造!! 劇的ビフォーアフターの曲)
↓聞きながらこの記事をお読みください。


店の向かって右わきの路地に勝手口がある大きな構成は変わっていない。

P1040483.jpg

しかし勝手口からすぐに台所になっていたが、台所はつぶされて店の奥になる縫製室のもう一つ裏のユーティリティースペース(物置)になっている。台所や食事場所は、オープンキッチンとダイニングがかつて仏壇があった場所に出来ている。
張ってあるカレンダーは地元の五軒町商店街(劇中の架空の町)のカレンダー。

奥の仏壇のあった居間(食堂兼用)が縫製室になっている。洋風でモダンだ。
写真左上の勝手口の位置は同じです。
P1040489.jpg

さて、台所や仏壇は?

なんと言うことでしょう!

生活スペースは、向かって左側の隣家を侵食したとしか思えない大きなスペースになっているのです。

オープンキッチンの台所とリビングダイニング。この部屋は隣家部分になる。
P1040469.jpg

以前は仏壇(正面)と押入れだったところにリビングダイニングを作ったのだ。
しかし、糸子は客(八重子)が来ているのに横になるかね。
P1040484.jpg

大きなダイニングテーブル。この右側には糸子ゆかりの人々の遺影。
P1040472.jpg


写真下段は左から安岡玉枝と八重子、安岡泰蔵、安岡勘助、木岡夫妻と木之元夫妻、三浦組合長、北村達雄。上段左から、安岡美容室前(奈津)、成長した3人の娘と、昭和48年のだんじりに集まった面々、商売仲間と。
なお、亡くなった身内の写真(母千代、祖母ハル、夫勝、父善作)は2階に飾られている。

電動ミシンが主流となっても足踏みミシンは心の宝、捨てられない。
P1040474.jpg

リビングの場所にあったはずの左側の店は放送にあまり出てこなかったので、侵食されたのだろう。存在は常に主張するに限る。
実際に小篠綾子さんは隣の家を買い取って増築したそうだ。
ジュンコさんの談話>>>

ちなみに路地を挟んだ向かって右側は木岡履物店だったが、子供がいなかった木岡夫妻が亡くなり、店は人手に渡ったのかバブル絶頂の不動産屋になっている(外観写真参照、不動産屋の前はお好み焼き屋)。

その仏壇は2階の糸子の部屋(通りに面しただんじりを見られる部屋)に上げられた。かつてお父ちゃんやハルばあちゃんが寝ていた部屋である。床の間があったが、そこに仏壇をはめ込んだのだ。

P1040482.jpg

鏡台の脇には単独式のプッシュホンが置かれているから、店の電話番号とは違う電話を引いている。昭和60年4月に日本電電公社は分割民営化されてNTT西日本となった。

2階への階段は相変わらず店の右側にある。ゲゲゲハウスは階段が2つあったけれど、オハラ洋装店は階段の位置は変えられなかったとみえる。

P1040494.jpg

しかし老人の部屋は階段を使わない方がよく、を痛めている糸子にはつらい。自分の結婚式当日、歩けなくなるまでミシンを踏んでいた後遺症か。1階に糸子の寝室は作れなかったのだろうか。そのうち階段でコケるで。

階段の下は相変わらず店の試着室になっている。

P1040481.jpg

2階の、孫の里香が寝ていた子供部屋(通りに面していない裏側の部屋)はあまり変わっておらず、優子や直子の絵が無造作に置かれている。でも窓がアルミサッシになっていたり、逆に昔からの調度品を使っていたり、かなり芸が細かい。さすがBK美術スタッフ!

P1040480.jpg

この大改造は店主体であったことが分かり、3人の子供が独立した小原家にとっては妥当な改装であるけれど、隣家まで侵食するとはお金が潤沢だったのだろう。

ちなみに優子のコシノヒロコさんは物語の4年前である1981年に芦屋の豪邸(安藤忠雄先生設計)に住まわれている。

優子「お母ちゃん、店改装したら。お金はうちが出すから」
直子「い〜や、うちが出しちゃる」
糸子「あんたらに出してもらわんでも、そのくらいうちが出すわ。となりも買うちゃろ」

って感じかね。

けれども、風呂とトイレの場所がわからない(ゲゲゲは出てきた)。
トイレは台所の左奥(カメラが置かれる位置)にあったと推察するが、風呂は昔は銭湯であっても、昭和60年に銭湯はないだろう。おそらくカメラの置かれる位置にあると思うが。

************

この記事作るのはビデオをかなり見返して相当苦労した(^^;)。しっかし、尾野真千子は1ヶ月の間に周防に恋する顔と60歳の大阪のおばちゃん丸出しの顔と、まったく違う演技をしていて、本当にすごい。

  

| カーネーション(NHK) | 07:45 | comments(5) | - |


NHK「カーネーション」 昭和33年にペットボトル 尾野真千子・近藤正臣
NHK朝の連続テレビ小説「カーネーション」。
主人公、小原糸子(尾野真千子)の不倫相手、周防龍一(綾野剛)は大ブレイクした。
その不倫も解消され、糸子の長女優子=ヒロコ(新山千春)と次女直子=ジュンコ(川崎亜沙美)は東京の服飾学校=文化服装学院に勉強に行っている。

7日の放送では、上物の舶来生地を格安だが大量に買って欲しいとの業者が繊維組合に来て、組合長の三浦(近藤正臣)が糸子を呼んで商談する。



ところがこの画面に「あってはならないもの」登場。
時代は昭和33年(1958年)、組合の片隅にある糸巻きの影に、ペットボトルが置かれている。



伊藤園のお〜いお茶のようである。

このような、その時代にはありえないもの、たとえば高度な科学技術であるとか、物流がないのに周辺にはまったく存在しない原料で作られているとか、時代錯誤の遺物をオーパーツと言う。



直前の、おばちゃんらがかしましく話をするシーンにはペットボトルは置かれていないし、糸巻きの置かれ方も違うようだ。
三浦組合長と話し込むシーンは、かなりの時間差を経ての撮影のようで、そこにペットボトルが登場してしまったのだろう。

近藤さんがのどを潤すのに使って隠したつもりが隠せなかったのか、ツイッターで話題になった。

/////////
11日土曜日のBSのまとめ再放送では見事に消してあった!。


************

朝ドラで有名な間違いは「ゲゲゲの女房」で、布美枝の運転免許証の本籍地が島根県境港市になっていた件(鳥取県境港市が正当)>>>


「おひさま」で夏子先生が大正1年2月生まれの件(大正元年は7月30日からで2月は存在しない)>>>
大正1年2月15日

ビートたけし主演の「点と線(テレビ朝日)」で、昭和32年(1957年)に福岡県北九州市があった件(1963年に合併)>>>

同じく「点と線」に有吉佐和子の<恍惚の人>が登場した件(1972年出版)>>>

などなど、そういうのを見つけるのも楽しみの一つなのだ。

なお、テレビジョンを買って、木之元のおっちゃんが「4チャンネル、つけてみ」と言うのに違和感を感じた。
NHK大阪放送局は2チャンネルじゃなかったの? そう思って調べてみたら、開局当初は4チャンネルだった。ここらへんはさすがで、しっかりしている。



●カーネーション つっこみシリーズ

直子の後ろに背後霊>>>

直子の装麗賞はジュンコの装苑賞のまんま>>>

手ぶらの北村がカバンを取りだす>>>

  

| カーネーション(NHK) | 23:27 | comments(13) | - |


NHK紅白歌合戦 2011 司会者 井上真央/嵐
第62回NHK紅白歌合戦の司会者は、紅組井上真央、白組に決まった。
井上真央は朝の連続テレビ小説「おひさま」のヒロインで、昨年の紅組司会者松下奈緒が「ゲゲゲの女房」のヒロインだったことを考えると、来年は堀北真希だろう(2012年4月からの「梅ちゃん先生」のヒロイン)。



白組は昨年に引き続き嵐の5人の司会だが、ジャニーズ事務所がインターネットでの顔写真公開に未だ難色を示しているため、NHKサイトでも写真が載っておらず、ついでに井上真央の写真もない。



ニュースサイトも井上と阿部アナの写真だけで嵐はいない(実際には画面右側に嵐がいる)。



今年の紅白歌合戦は例年より時間を拡大して送る。大きな特徴としては2つあり、一つは東日本大震災を受けて、東北出身歌手のコーナーが設けられるだろうということ。
(暴力団との関係がなければ)千昌夫(岩手県陸前高田市出身)、新沼謙治(岩手県大船渡市)、中村雅俊(宮城県女川町)、梅沢富美男(福島県福島市)らが登場し、「歌で元気に」「歌で復興」というコンセプトとなると予想される。

そしてもう一つは暴力団関係者の排除だ。島田紳介引退に端を発した芸能界暴力団事件だが、NHKは強い姿勢で臨み、暴力団と関係のある芸能人・歌手をオミットすると打ち出した。
昔から芸能界と暴力団の濃い関係は噂されるところであり、特に演歌系は根が深い。そこで、これまで常連として出場していた大物歌手が突然選ばれなくなることも予想され、即暴力団関係とわかってしまうので、歌手の名誉のためにも「卒業」「後進に道を譲る」と言った言い訳が出るのではないかと想像している。
あるいは別の歌謡番組で当該歌手を出させて帳尻を合わせるなど。
出さないと言う判断も、各方面に気を使わざるを得ないので厳しい。

週刊ポストセブンの出場者予想。"黒組"排除>>>

ともあれ、日本の芸能界の最大・最高のエンターテインメントがNHK紅白歌合戦と思っているので、年を締めくくるにふさわしい、希望に満ちた構成にして欲しい。

※「おひさま」のテーマソングは平原綾香が歌っているので、平原は出場決定。
※なでしこジャパン澤主将らが審査員または応援コーナーで出場。
※2012年はロンドン五輪のため、出場決定選手が審査員または応援コーナーで出場。特に内村航平。
※大物歌手として長淵剛の出場が噂されている(昨年は桑田佳祐)。
※芦田愛菜が早い時間帯に紅組の歌手として出場する予想。
※井上真央の応援として、マイコ、満島ひかりの白紙同盟、役柄の晩年を演じた若尾文子、司葉子、黒柳徹子の応援出場がありえる。黒柳は紅白の司会もしたことによる話題性。
※大阪出身歌手の応援として朝の連ドラ「カーネーション」の尾野真千子、麻生祐未、正司照枝らが出場するのはお約束。



観覧者募集はこちら(2010年の出場歌手一覧もあり)>>>

  

  
| 映画・テレビ | 23:30 | comments(6) | - |


砂の器 玉木宏・中谷美紀 9/10・11テレビ朝日で放送
松本清張原作の「砂の器」がまたまたまたまたドラマ化され、9月10日11日の二夜連続でテレビ朝日で放送される。

今回の主役は刑事の助手の位置づけであった(映画では森田健作)吉村弘刑事。演じるのは玉木宏だ。

砂の器

その相棒の先輩刑事である今西栄太郎を小林薫が(映画は丹波哲郎)、原作にはない女性新聞記者山下洋子を中谷美紀が演じる。そして犯人である作曲家和賀英良は佐々木蔵之介だ。

実はこのドラマは3月12日13日に放送される予定だった。それが11日に東日本大震災が起き、特別番組編成になってお蔵入りとなった。11日のテレビ朝日の緊急地震速報は、まさに翌日から始まる「砂の器」の番宣番組が放送されていた時だった。
半年も放送が延期されたのは、地震や津波のシーンがあるからだと噂されていた。
しかし中居正広が主演したTBS「砂の器」が時代を現代にしていたのに対し、本作品は原作通り昭和35年(1960)なので、戸籍偽造は原作通り戦災によるものにするだろう。しかしながら犯罪の真因であるハンセン氏病(らい病)による差別はさすがに使えないと思う。中居砂の器は村八分による大量殺人を真因としたが、玉木砂の器はどういう設定にするのだろうか。

なお、清張の原作がこのドラマの下敷きではなく、山田洋次・橋本忍脚本の映画が下敷きとなっている。毎回書いているけれど、原作は新進気鋭の前衛作曲家が登場し、超音波で流産をさせるなど荒唐無稽な展開で駄作である。それが何度もドラマ化される素晴らしい作品に仕上がったのは、完璧に映画のおかげだ。

何度も映像化されている作品を再度映像化する、そのミソの部分がどういう演出になっているか、それを見るのが楽しみだ。

なお、昭和35年の時代考証をちゃんとやってほしい。ビートたけし「点と線」はヘンな点が随所にあって気になった。

「点と線」テレビ朝日は、ここがヘン>>>
「点と線」テレビ朝日は、ここがヘン2>>>
「おひさま」夏子先生の誕生日の秘密>>>
「ゲゲゲの女房」布美枝の戸籍の秘密>>>

  
 
| 映画・テレビ | 22:54 | comments(2) | - |


NHKおひさま 和成の復員はこの日 井上真央・高良健吾
NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」。
丸山陽子(井上真央)の夫、丸山和成(高良健吾)が復員してきたのはいつだろう。
先に答えを書くと、昭和20年(1945年)11月20日(火曜日)である。

7月2日(土)の放送で昭和20年11月のテロップがでる。



そして突然夫和成が帰ってくる。腰を抜かす陽子。



その夜は満月だった。



ということは、昭和20年11月の満月の日を探せばよい。
そこで使ったのがステラシアタープロというプラネタリウムソフト。非常に精巧に作られているソフトで、天文ファンでなくても使ってほしいソフトだ。



なお、月齢カレンダーというサイトもあり、こちらを使ってもよい。



これらのソフト(サイト)を使って、昭和20年11月のいつが満月かを調べる。
20日が月齢15日の満月の日であった。
つまり、和成が復員したのは昭和20年11月20日ということが月でわかったのだ。多少ずれていても、19日だろう。

あとのシーンで、おなじみの松本城と戦前・戦中の松本の町並みのCGに月がでる。堀に影まで出来ている。



松本市の西北にある常念岳が画面右手にあるので、月はほぼ西かやや南によった位置だろう。
これは日が開けた未明の状態だ。

なにはともあれ、五体満足で復員した。1年前の人は左腕を失っていたのだ。ゲゲゲの女房の水木しげるさんだよ。

  

| 映画・テレビ | 22:50 | comments(0) | - |


「おひさま」夏子先生の大正1年2月生まれを井上真央は静観
NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」。
今日の放送は昭和20年3月12日の出来事であり、どんどん時代は暗くなる。
その時代を知っている視聴者も少なくなっており、そのつなぎのために斎藤由貴演じる現代の主婦房子が、老いた主人公陽子(若尾文子)のかつての話を聞き出す<つなぎ>の役目をしている。

ヒロイン丸山陽子(井上真央)は有明山国民学校の先生で、自らも尋常小学校時代の卒業生。在校時代の先生である高橋夏子先生(伊藤歩)が先輩先生として頼りになっている。

おひさま

主人公陽子は大正11年(1922)1月9日生まれの設定。
そして夏子先生は大正1年(1912)2月15日生まれだ。

おひさま

戦時中の人々が付けさせられた名札のUPを見てみよう。

大正1年2月15日

陽子の先生としては妥当な年齢だが、大正1年2月15日は存在しない
明治45年は7月30日まであり、つまり明治天皇はその日に崩御し、即日改元で7月30日から大正は始まったのだ。つまり大正1年は7月30日がスタートであり、大正1年2月は存在しないのだ。
ちなみに大正15年12月25日まで。昭和1年は即日改元で12月25日から31日までのみ。
昭和〜平成は翌日改元で昭和64年1月7日に終り、平成1年は1月8日からである。

NHKの時代考証は民放と比較してもしっかりしているはずだが、江戸時代に室町時代のしきたりを持ち込んでもばれないかもしれないが、これはいただけない。
架空の住所はよくあるけれど、架空の年号は間違いでしかないのだ。

過去のブログでもテレビドラマの「ここがヘン」を語ってます。

NHK「ゲゲゲの女房」で島根県境港市>>>  鳥取県境港市が正解。NHKは重大な間違いに気付き、昼の再放送ではこの部分がカットされた。

テレビ朝日「点と線」で昭和32年に北九州市>>>  北九州市は昭和38年に合併・施行。昭和32年に北九州市は存在していない。

テレビ朝日「点と線」で昭和32年に「恍惚の人」>>>  有吉佐和子の恍惚の人は昭和47年出版。

  

| 映画・テレビ | 21:53 | comments(2) | - |


ブログ記事で振り返る2010年
会社の組織体制や仕事の内容が大きく変わり、心身ともに疲弊した1年だと思っていたが、意外といつものペースでやっていた自分。これもひとえに周囲の方々のおかげと深く感謝しています。

////////

1月
決まれば数千万円の仕事のために大阪出張。結局この仕事は1年間決まることはなかった。出張の足で大津、金沢、糸魚川と国盗りをしながら松本駅から中央線で帰京。って、ケータイ国盗り合戦に夢中になっています。


息子も運転免許を取得したので、すでに初心者マークが取れた娘ともども東名高速を走って神奈川県の大山(おおやま)に行き豆腐料理を食べる。大きくなってもパパと遊んでくれる子供たち。


2月
九州の国盗りを計画的に実施。2日間一万円の激安乗り放題きっぷを使って超久しぶりに九州を鉄道で巡った。

さらにツーデーパスで南東北、千葉へ。鉄道に回帰したのはケータイ国盗り合戦のおかげです。

そして月末は妻と函館、札幌へ。旅行ばっかりしていた。実は来るべき現実から逃げていた。
小樽

鉄道旅行に重いノートパソコンを持ち歩くのは難儀なので、740gの超薄型ノートパソコンSONY VAIO Xと、それも入ってしまうカメラバッグも購入。バイクに取り付けて車載動画を撮影するための超小型ハイビジョンカメラSONY Bloggie MHS-PM5KGPS機器も買ってバイクに取り付けて動画を撮って遊ぶ。
いったいこれのどこが不景気なのか。


3月
GPS付のコンパクトデジカメLUMIX TZ10を買う。海外を含めた地名まで記録で来て旅行に最適と思ったが、GPSの感度が悪く辟易した。ただし映りはとてもいいので、普通に使う分には問題ない。
TZ10

20年来の夢だったヨーロッパ鉄道旅行を敢行。往復はANAのファーストクラスロンドンから英仏海峡トンネルをユーロスターでくぐり、ブリュッセル、アムステルダム、ケルン、パリ、モンサンミッシェルへ。ユーレールパスを使って一等車で巡った。一人でスーツケースを持っての海外広域移動だったが、トラブルも回避できて旅行のカンはまったく衰えておらず自信が持てた。
超薄型ノートパソコンの威力で外国から1日数回ブログを更新。YouTubeに動画までアップ。


4月
夢のような1〜3月が過ぎ、4月からは会社の組織が変わり、配属された部署のメンバーはこれまで別のビルで働いていた人たちで面識もなく、仕事の引き継ぎは訳も分からず、苦悩の日々となる。

生来の運動音痴であるが、スポーツクラブに通うようになる。ほぼ毎土曜日通ったが、身体は固いまま、体力は衰える一方。

学生時代に北海道のユースホステルで聞いた「旅の終り」が忘れられず、レコードを蒐集。7人が歌っており、いずれもYouTubeにUPした。

妻と埼玉県秩父市の羊山公園に芝桜を見に行く。妻とよく出かけた。
そして昭和の日から始まるゴールデンウィークは九州に。軍艦島に上陸した。ケータイ国盗り合戦の仕上げで、九州は島を除いて国盗り完了。


5月
ゴールデンウィークの続きで福岡から札幌へ飛ぶ。息子と落ちあってレンタカーで北海道ドライブ。砂利道を延々走ってたどり着く秘湯や雪の残るタウシュベツ橋梁など、男旅。


1週間分の全テレビ番組が録画できるSONY Xビデオステーションを購入。これで見逃し番組がなくなる。その後録画ができなくなるがHDDの故障とわかり1TB×2基=2TBを換装し、今ではちゃんと録画できてます。
VGX-XV80S

6月
久しぶりに埼玉県飯能市の峠へツーリング。でも日帰りできるだいたいのところは行ってしまったのでバイク熱は冷めた。11月にはエンジンがかからなくなった。
P1010399.jpg

ツイッターを始めてみた。まぁこんなものか。このブログの左側列でもつぶやきが読めるよ。

6月ともなるとすっかり新しい仕事モードで、振り返ってもロクな記事がない。


7月
NHK「ゲゲゲの女房」を夢中になって観る。村井家の間取りがどうなっているか、漫画雑誌「ゼタ」はガロがモデルとか、布美枝の運転免許の戸籍の秘密など、一部で話題になる研究をした。
P1010642.jpg

頭がウニのようになり、月末に逃げるように札幌へ。ウニは食べなかったけど石狩鍋を食べておいしかった。


8月
隣の会社の人はテレビに出たり海外出張したり、世が世ならオレが立て板に水のようにやっていた仕事でうらやましい。
しかし隣の会社の仲間と突然の別れをする。人が財産の会社らしいが。


お盆にハラを壊す。しかし治った後は腹具合が以前よりもよくなった。

新しい職場にも慣れてきて、スタッフのおねいさんたちと青梅街道を走破するドライブに。
P1020070.jpg

月末に家族旅行で茨城へ。毎年北海道へ行っていたけれど、金もないし時間も合わせられなかった。国営ひたち海浜公園やつくば市のJAXAを訪ねる。
P1020235.jpg

9月
秋休みと称して息子とマイカーで北海道ドライブに。秘境と言われるケータイもつながらないところを重点的に走る。大雪高原の7kmの登山道も息子のサポートで巡れた。早い紅葉が絶景だった。
DSC_4717.jpg

10月
6月に知った目黒の居酒屋食堂亭屋(ちんや)によく通う。おそらくランチ記事の最多出場。

体育の日の休みにスリーデーパスを使って東北地方国盗りの旅へ。これで北海道、九州(島嶼除く)、東北は完了。三陸鉄道、五能線、弘前のフレンチなどを楽しむ。
撫牛子駅

11月
同僚Bクンと山梨県から山伏峠を越えて静岡県北部の井川へ泊まりがけのドライブ紅葉を期待したがまだちょっと早かった。しかし好天で楽しかった。
DSC_5483.jpg

高田馬場に出没するようになる。末長いお付き合いになると思ったが、早くも12月に破局を迎えた。淡い期待を抱いたが、これでよかったと思う。

私のブログで最も使われた漢字は<>だったそうです。確かに、ありとあらゆるものを排出していた。

バイク(マジェスティ)で箱根にツーリングに行こうとしたらエンジンがかからなくて断念。セロー時代のいやな想い出が蘇った。充電してかかるようになったので、次の休みに富士吉田までうどんを食べに行った。って、国盗りをしに行ったのです。

会員となっている宇都宮のゴルフ場へ息子と行く。息子ともよく出かけた。よい息子だ。

12月
隣の会社に行くと久しぶりに会う人々から「痩せた」「顔色が悪い」などと言われる。そこで藁をもすがるように札幌へ行く。総合的な意味でよい方向を見いだせたと思う。

妻にスマートフォンを買ってあげる。やっぱり自分でも欲しくなった。使い方に慣れるのに四苦八苦(死語)です。
P1080402.jpg

/////////

そんなわけで2010年も暮れて行きます。改めて皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
そして来年はどうなるのか考えたくもないが、自分の人生は自分で切り拓くと言う、ごく当たり前の言葉が真実となって響きます。
| 日記・つぶやき | 11:00 | comments(0) | - |


第61回NHK紅白歌合戦 曲順決まる 大トリはSMAP
紅白歌合戦の曲順が決まった。
大トリはSMAPになった。対抗する紅組はドリカムで、ポップス系がトリを務めるのは珍しい。
放送は12月31日午後7時30分から11時45分まで。

リンクはAmazonの当該曲にリンクしています。また、1曲単位で購入したい人はiTunes Originals - iTunes Storeが便利です。

 iTunes Store(Japan)

【前半】
1:●紅組 浜崎あゆみ(12回)Virgin Road 
2:○白組 EXILE(6回)I Wish For You 
3:●紅組 AKB48(3回)紅白2010AKB48神曲SP 
4:○白組 NYC(2回)よく遊びよく学べ100%NYC 
5:●紅組 アンジェラ・アキ(5回)輝く人 
6:○白組 AAA(1回)逢いたい理由 
7:●紅組 中村美律子(15回)河内おとこ節 
8:○白組 flumpool(2回)君に届け 
9:●紅組 平原綾香(7回)Voyagers 
10:○白組 遊助(2回)ひと 
11:●紅組 伍代夏子(17回)ひとり酒 
12:○白組 細川たかし(34回)浪花節だよ人生は 
13:○白組 ポルノグラフィティ(9回)君は100% 
14:●紅組 西野カナ(1回)Best Friend 
15:○白組 FUNKY MONKEY BABYS(2回)あとひとつ 
16:●紅組 川中美幸(23回)二輪草 
17:○白組 HY(1回)時をこえ 
18:●紅組 クミコ(1回)INORI〜祈り〜 
19:●紅組 水森かおり(8回)松島紀行 
20:○白組 徳永英明(5回)時の流れに身をまかせ 
21:●紅組 水樹奈々(2回)PHANTOM MINDS 
22:○白組 L’Arc〜en〜Ciel(4回)BLESS 
23:●紅組 天童よしみ(15回)人生みちづれ 
24:○白組 森進一(43回)襟裳岬 

【後半】
25:○白組 郷ひろみ(23回)GO!GO!イヤー紅白スペシャルメドレー 
26:●紅組 aiko(9回)向かいあわせ 
27:●紅組 Perfume(3回)ねぇ 
28:○白組 TOKIO(17回)advance 
29:●紅組 倖田來未(6回)KODA KUMI2010 Special Medley 
30:○白組 五木ひろし(40回)おしろい花 
31:●紅組 和田アキ子(34回)AKKOイイッ!紅白2010スペシャル 
32:○白組 加山雄三(17回)若大将50年 スペシャルメドレー 
33:○白組 福山雅治(3回)道標 
34:●紅組 小林幸子(32回)母ちゃんのひとり言 
35:○白組 コブクロ(6回)流星 
36:●紅組 植村花菜(1回)トイレの神様 
37:○白組 嵐(2回)2010紅白オリジナルメドレー 
38:●紅組 いきものがかり(3回)ありがとう 
39:●紅組 石川さゆり(33回)天城越え 
40:○白組 北島三郎(47回)風雪ながれ旅 
41:●紅組 坂本冬美(22回)また君に恋してる 
42:○白組 氷川きよし(11回)虹色のバイヨン 
43:●紅組 DREAMS COME TRUE(14回)生きてゆくのです feat. ザ紅白スペシャルブラスバンド 
44:○白組 SMAP(18回)This is love’10 SPメドレー 

【スペシャルゲスト】
桑田佳祐

【企画】
○キャラクター紅白歌合戦
ユカイツーカイ怪物くん:大野智
ゲゲゲの鬼太郎:熊倉一雄
ドコノコノキノコ:三谷たくみ・横山だいすけ・小林よしひさ・いとうまゆ・モノランモノラン(ライゴー・スイリン・プゥート)
Alright!ハートキャッチプリキュア!:水樹奈々・AKB48 

○紅白テーマソング「歌の力」:久石譲

○「僕たちのふるさと ニッポン」:

松下奈緒「ありがとう」ピアノ演奏

【ゲスト審査員】
伊勢谷 友介(白州次郎や龍馬伝の高杉晋作役 他)
岩崎 夏海(もしドラ)
上野 樹里(大河ドラマ 江 ヒロイン)
北大路 欣也(大河ドラマ 江 徳川家康役 白戸次郎)
盒 大輔(フィギュアスケート銅メダル)
寺島 しのぶ(ベルリン国際映画祭最優秀女優賞)
仲間 由紀恵(前回紅組司会者)
野口 聡一(宇宙飛行士)
湊 かなえ(映画「告白」原作)
武良 布枝(ゲゲゲの女房)

【その他のゲスト】
開会宣言:石川遼(大人気でようやく出演が叶う)
松下奈緒の応援:向井理大杉漣古手川祐子(ゲゲゲの女房出演者)
中村美津子の応援:はるな愛(同郷=大阪)
ファンモンの応援:田中将大(CDジャケット出演)
川中美幸の応援:瀧本美織富司純子赤井英和(てっぱん出演者)、ダンスカンパニーコンドルズ
演歌の紹介:綾小路きみまろ
色もの:Wコロンのねづっち
裏トークチャンネル(音声多重放送):テリー伊藤
どこかで登場:さかなクン(クニマス生存確認者)



| 映画・テレビ | 18:55 | comments(0) | - |


調布卸売センターで正月食品を買い出し
調布市と言えば、深大寺電気通信大学で有名だが、今年はゲゲゲの女房が大ヒット。水木しげる先生がお住まいで一躍有名になった。

しかしまだまだ忘れてはならないお勧めスポットがある。それが調布卸売センター(調布卸売市場)、もとは武蔵野市場と言った。場所はこちら。

大きな地図で見る

P1080471.jpg

豊富にある生鮮三品はいずれも正月食品にシフトしている。

やはり数の子。山もりである。
P1080472.jpg

かまぼこもたくさん。
P1080473.jpg

栗きんとんは大好き。こういうできあいを買うのではなく、栗と芋を購入し、どうやら家で作ってくれることになった。
P1080476.jpg

新巻鮭は正月の風物詩だ。かつて新宿で働いていた時、屋台が出てそこで新巻鮭を売っていたのを思い出す。
P1080486.jpg

ところで、プロの買い出し人長靴をはいて買い物をする。市場の床はベチョベチョなのだ。
P1080487.jpg

野菜は調布産が豊富にある。まだこのエリアは農家があって野菜を生産しているのが頼もしい。
P1080490.jpg

とてもおいしい松島漬物店は今年限りで閉店とか。経営者の高齢化、後継者不足の典型的な例。
この大根のつけものは1本350円と安すぎる。


そして極め付けはやっぱり肉のアンデス。この群がる人だかりは試食をしているのだ。
P1080478.jpg

試食といえどもバク盛り試食。これはプルコギだがランチの1人前ある。そしておいしい。
P1080480.jpg

しこたま買い込んだが、去年よりかなり高くなっているらしい。猛暑の影響だろうか。
| ショッピング | 12:44 | comments(0) | - |


ゲスト審査員決定 第61回NHK紅白歌合戦 ゲゲゲの女房
第61回NHK紅白歌合戦ゲスト審査員10名が決定し、発表された。

名前をクリックするとアマゾンに飛び、主要な著書・DVDが閲覧できます。
いずれも今年話題になった方々ばかり。さすがです。

伊勢谷 友介(白州次郎や龍馬伝の高杉晋作役 他)
岩崎 夏海(もしドラ)
上野 樹里(大河ドラマ 江 ヒロイン)
北大路 欣也(大河ドラマ 江 徳川家康役 白戸次郎)
盒 大輔(フィギュアスケート銅メダル)
寺島 しのぶ(ベルリン国際映画祭最優秀女優賞)
仲間 由紀恵(前回紅組司会者)
野口 聡一(宇宙飛行士)
湊 かなえ(映画「告白」原作)
武良 布枝(ゲゲゲの女房)
| 映画・テレビ | 21:13 | comments(0) | - |


ゲゲゲの調布散策
ゲゲゲの女房」のブレイクで一躍人気の出た東京都調布市
天気のいい初冬の午後、出かけてみた。

まずは京王線調布駅前のバス停。バスの車体には鬼太郎たちが。

P1080206.jpg

そして「調布市観光案内所ぬくもりステーション」に。駅北口を出て旧甲州街道を右に行ってちょっと歩いたところ。
P1080209.jpg

ここは鬼太郎グッズの販売や調布市名誉市民、文化功労者の水木しげる先生についての展示があります。FC東京も奥のほうにあるよ。
P1080211.jpg

さらに足は天神通り商店街へ。布田天神への参道の、古い商店街。
入口は鬼太郎が出迎える。
P1080207.jpg

通りには鬼太郎ファミリーのフィギュアが並ぶ。
P1080214.jpg

しかしレトロな店。子供のころはこういう店がどこの商店街にも普通にあった。懐かしく、思わず見入ってしまう。
P1080215.jpg

時計屋さんも健在。
P1080216.jpg

そして布田天神社に。「金が儲かりますように」と祈る。さい銭10円で祈ってもしょうがないか。


さらには甲州街道(新道)沿いにある電気通信大学へ。学園祭である調布祭を開催している。
P1080226.jpg

早稲田なんかと比べれば地味だけど、それだけに自分のころの学園祭を思い出した。


模擬店のお好み焼き300円。サンタコスプレの女子大生の客引きに引っかかり、奥まで連れて行かれた。なるほど、客引きが店の前にいないのはススキノや中洲と同じである。不便な場所ほど客引きが発生する。そしてまんまとひっかかる。それにしても電通大に女子がいるんだ。
でもこのお好み焼きはおいしい。玉子の焼き加減が絶妙で、トロトロだ。


帰りに調布パルコ地下の北野エースに。
全国のご当地カレー(レトルト)が書棚のように並んでいるので有名。
P1080230.jpg

調布パルコ6階の調布キネマでは「映画:ゲゲゲの女房」がかかっているが、今日の午後、ヒロイン布枝役の吹石一恵ちゃんが舞台あいさつに来たらしい。

最後に、つつじヶ丘にある「焼肉ほれぼれ」で食べて帰ろうと電話をしたら、6時すぎなのに満席で8時すぎなら空きそうとのこと。わしを断るとは大したもんだと、ご繁盛でなにより。

  



| 日記・つぶやき | 21:24 | comments(0) | - |


NHK紅白歌合戦の司会は松下奈緒と嵐に
第61回NHK紅白歌合戦の紅組司会は下馬評どおりゲゲゲの松下奈緒、白組はジャニーズ枠らしくになった。

いきものがかりが<ありがとう>(ゲゲゲの女房主題歌)を歌う時、松下がピアノ伴奏をするのは間違いない。嵐が5人組だから、松下の応援団としてゲゲゲの女房の共演者、向井理(夫の水木しげる役。大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」にも出演)、小手川祐子(母親役)、松坂慶子(貸本屋)、東てる美(銭湯)、野際陽子(祖母)らが出るのだろう。

嵐は23時45分までは渋谷のNHKホールにいなければならないから、ジャニーズのカウコン(カウントダウンコンサート)のカウントダウン後に登場するのだろう。
当初は中居正広続投の声もあったし、朝のワイド番組アサイチ司会で主婦層にも浸透したイノッチ(井ノ原快彦)の声もあったが、松下奈緒の身長が高すぎて(174cm)、つり合いの取れる白組男性司会者の選考に苦慮していたうわさもあった。

  


| 芸能・音楽 | 22:08 | comments(0) | - |


水木しげる文化功労者に。文化勲章じゃないの?
文化勲章と文化功労者の発表があり、「ゲゲゲの女房」で大ブレイクした水木しげる先生が文化功労者になった。年金350万円がもらえるのもいいが、やはり名誉も高いだろう。

P1080054.jpg

情けないのはノーベル化学賞を受賞した鈴木章先生と根岸英一先生にまだ文化勲章を授与していなかったこと。慌てて?文化勲章と文化功労者を贈ることとなった。

あいかわらずボケかましが水木先生のインタビュー。奥様の布枝さんと共にマスコミ各社の取材に応える。
すでに胡蝶蘭がいっぱい届いている。松下奈緒とかNHKとか、ありそう。

ものすごく人が来ているけど、どうしたのコレ?
P1080056.jpg

え、文化勲章? いえ文化功労者ですよ。
P1080057.jpg

背後で妖怪が漫画を描かせているカンジ。
P1080058.jpg

もうちょっと上の賞はないの? >文化勲章欲しい。
P1080059.jpg

これらはテレビ朝日「報道ステーション」の絵ですが、NHK7時のニュースでは優等生的な回答をしていました。「非常にうれしい」

  *  *  *  *

漫画は日本が誇るコンテンツビジネスに成長し、アジアはもちろん世界各国で親しまれるようになった。しかし漫画界からは文化勲章受賞者が出ていない。手塚治虫が生きていれば間違いなく受賞しただろうが、もはやムリ。藤子不二雄Aくらいか。

とにかく今年は水木イヤーだった。
新たな創作はしていないはずで、それで夫婦そろって億単位の稼ぎがあったのだからすごい。

残るはNHK紅白歌合戦の審査員。水木先生は無理っぽくても布枝さんには脈あり。普通の主婦がゲスト審査員になれば、すごい。

  
| ニュース | 23:39 | comments(0) | - |


NHK紅白歌合戦 2010(第61回) 観覧者募集中 その方法は?
もう10月も半ば。
大みそかの恒例行事「第61回NHK紅白歌合戦」の、NHKホール(東京渋谷)での観覧の募集が始まっている。

申し込み方法は、

郵便往復はがき(私製を除く)の

【往信用裏面】に、郵便番号・住所・名前・電話番号・お客様番号(NHK受信料の)
【返信用表面】に、郵便番号・住所・名前

ただし、
入場無料ですが、お申込みは受信料をお支払いくださっている方に限ります
(あらたに受信料をお支払いくださる方、現在、受信料が免除されている方も含みます。)

宛先
〒119-0336
NHK「紅白歌合戦」公開係


しめきり 平成22年11月1日(月)【必着



詳しくはこちらをご覧ください。>>>

毎年10万通以上の応募があり、抽選となって狭き門です。

ことしの下馬評は、
紅組司会はゲゲゲの女房で好演した松下奈緒が筆頭に挙がっている。少なくとも、いきものがかりが<ありがとう>を歌う時にピアノ伴奏で登場する。

11月から年末にかけて、司会者、審査員、出場歌手、歌唱曲、歌唱の順番、大トリは誰?など、話題に事欠かない。

審査員の予想として、バンクーバー五輪代表選手は長島圭一郎・浅田真央(銀メダル)、高橋大輔(銅メダル)のうちからいずれか一人だろう。サッカーワールドカップ日本代表からは岡田武史元監督か、本田・遠藤・岡崎などの活躍した選手たちのいずれか一人だろう。
本来なら、連勝記録を塗り替え中の横綱白鵬は審査員やゲストで出てしかるべきだが、一連の大相撲不祥事のため出られない。
ノーベル賞の鈴木章先生、根岸英一先生は高齢や国外のため、出てもビデオによる応援メッセージ。
裏本命の水木しげる先生は高齢だし、急になにをしだすかわからないので登場はナシ。
そして、森光子さん、静かにおうちでテレビ観戦していてね。去年の活躍はこちら>>>

  

| 映画・テレビ | 10:12 | comments(2) | - |


芽登温泉の巨岩の滝とナイタイ高原牧場
芽登温泉で朝食の後、地デジ字幕つきで「ゲゲゲの女房」を見る。今週でおしまいです。

今日は上富良野まで行くだけで、道中の予定を立てていない。いわば気まぐれドライブである。そこで最初の訪問地はライダーにも人気のナイタイ高原牧場に行ってみることにした。地図では芽登温泉のほぼ真西だ。

カーナビは舗装路を迂回するように指示したが、ツーリングマップルはショートカットするような林道が描かれており、この林道を走ることにする。分岐にきたら、4.5km先に「巨岩の滝」があるとの矢印。
では、行って見るべと、息子の運転で砂利道を奥に進む。途中、木材をミキサーみたいな機械で粉砕している人がいた。すごい機械だ。粉砕した木材は何に使うのだろう。粉末状態だったが。

巨岩の滝は路肩にクルマを停めて林の中を100mほど行った川沿いに。
クマが出ておかしくない林の中の踏み分け道を進むと、眼下に巨岩の左右に分かれる滝があった。こんなものか。

DSC_4853.jpg

再びクルマを戻し、かなりの険しい林道を走る。傾斜がきつい上に砂利がいっぱい敷き詰められて、ヘタするとスリップしてしまいそうな道。ぬかるんでないだけ幸いで、雨の後では普通のクルマでは無理だろう。
息子の慎重かつ大胆な運転でエンストもスリップもなく、走りきった。
しかし最後にゲートが。だが鹿避けフェンスで鍵はかかってませんでした。ここでゲートがあったら泣く。戻るのイヤ。

DSC_4858.jpg

舗装道路に出ると舗装のありがたさがわかる。ならば最初から舗装路を走ればいいのだが、林道・砂利道は戦っている気分になれて、それがいいのだ。運転技術にも磨きがかかる。

ナイタイ高原牧場は観光バスも来る人気スポット。高原の尾根を左右に緑の草原や牛を見ながらグングンあがっていくと、小さなレストハウスがあった。

DSC_4881.jpg

クラブツーリズムの観光バスに先を越され、関西弁の老男女がソフトクリームとトイレに群がり、久しぶりに大量のヒトを見たが、中高年ばかりでギャルはいないのか。
息子と北海道に来たからといって、札幌すすきののギャルばかりの所にも行くわけにいかず、じゃ一人でならいいのかとか、息子も連れて行けとか、いろんな意見があります。まじめ一筋です。
ここのソフトクリームは噂どおりおいしかった。


| 旅行・鉄道 | 19:06 | comments(0) | - |


美深町仁宇布のトロッコ列車、激突
夜通し雨が降っていたけれど、朝になって止んだ。
ファームイントントで「ゲゲゲの女房」をBS2、地アナと2回続けてみる。宿主も見ているとのこと。
仁宇布地区の地デジ化は、おばさんによると12月、おじさんによると3月からとのこと。まだ、はっきり決まっていないのか。
電波ではなく光ケーブルで地デジになるらしく、同時にインターネットも光になるらしい。現在はISDNのようだ。
アナログテレビはボケボケのザラザラで、テレビはこういうものだと思っているそうなので、地デジハイビジョンになったら、目から鱗が落ちたようになるだろう。たぶん、仕事にならず毎時テレビを見続けるのではないか。

9時からトロッコ列車が走るそうなので、それに合わせてチェックアウト。国鉄美幸線跡を利用してトロッコを走らせた先駆で、1999年に家族で来たとき乗った。11年ぶりということだ。
本日最初の客のため先導で係のおじさんのトロッコが走り、それを追いかけるようにして走る由。右ペダルがアクセル、左ペダルがブレーキで、走る前にハンドブレーキを緩める。おじさんがエンジンをかけてくれた。

20100921093839.jpg

息子が運転して走り出す。なかなか爽快だ。
時折雨がパラつくが、晴れ間も見えているから天気雨のようだ。
踏み切りで道路と交差するところはトロッコを停めるように言われたが、息子は通過する。よく見たらブレーキを踏みしめたままだ。
どうも、ブレーキが効かないようだ。塩狩峠新幹線大爆破か。
はしゃいでカメラやビデオを撮っていたら、風で帽子が飛んだ。振り返るとレールの上に載っている。帰りに拾うことにしよう。先導のおじさんが拾ってくれるかもしれない。

終点は5km先の高広(たかひろ)という場所で、かつてはいったん停止させてジャッキアップしてトロッコを転回させたが、今は高広でレールがループ状になっている。停めなくてもいいんじゃないか?

DSC_4511.jpg

だが、高広で先導のおじさんはトロッコからいったん降りて、ポイントを換えていた。
息子の機転でハンドブレーキでようやく停めたのだ。そして、「ブレーキが効かないから運転を変わって」と言われ、お父さんの運転に。

走り出しは快調だが、確かに停まりませんね。
一旦停止の踏み切りでもぜんぜん停まりません。ハンドブレーキを引いてみると確かに速度が落ちた。こうして停めるしかないか。

快調に走って嬌声を出して運転するが、前方でおじさんがトロッコを停めて帽子を拾ってくれた。そしてこちらのトロッコを停めるように言ったが、停まりません。フットブレーキを踏みしめても、ハンドブレーキを引いても停まらない。
おじさんが「止めて停めて」と言ったが停まらず、「ブレーキが効かない〜っ」と叫べども停まるわけがなく、おじさんが思わず避けたらドッカーン!!。

激突した。

衝撃で左足がトロッコのフレームであるパイプにぶつかった。息子のペットボトルが吹っ飛んだが、振り落とされることなく、コレと言った怪我はなかった。

DSC_4518.jpg

なにより、相手がおじさんのトロッコだったこと、しかもおじさんが降りていたのが不幸中の幸いだ。
これが子供連れだったら子供が放りだされたかもしれないし、ましてや中国人ならコトが大きくなっていたろう。漁船を巡視船にわざとぶつけておいて、ぶつけられたと自分で船に穴を開けて抗議活動をする人種だ。

DSC_4521.jpg

トロッコは先導車のバンパーが、われわれのトロッコのフレームに食い込んで曲がってしまい外れず、おじさんのトロッコとくっついて"駅"まで運ばれた。
だからどうってことなく、「お待たせしました、次の方どうぞ」。

息子はブレーキが効かずかなり怖い思いをしていたらしい。11年前は後部座席で喜んでいたのにな。かわいそうなことをした。
しかし、とにかく、だいじに至らずよかった。左足がちょっと痛いけど。

塩狩峠、愛と死の記録

塩狩峠、愛と死の記録

価格:1,365円(税込、送料別)


新幹線大爆破

新幹線大爆破

価格:2,835円(税込、送料別)

| 旅行・鉄道 | 13:11 | comments(2) | - |


国営ひたち海浜公園 茨城県ひたちなか市
民宿白浜荘では夜10時過ぎに寝てしまったので、その反動か未明の2時過ぎに目が覚めてなかなか眠れない。これはいつものパターンなのだが、寝不足が祟るとよいことではないので、なるべく寝たいのだが眠れない。
結局6時過ぎにウトウトして、新たな辞令を貰った夢のようなを見て、起床となった。

朝食は7時からで半過ぎに1階の食堂に行くと、もう1組はまだ来ておらず、結局最後まで来なかった。8時で終りなのだが食べられたのだろうか。
納豆やかさごの焼き魚がおいしい。

P1020213.jpg

「ゲゲゲの女房」をアナログテレビで観て、9時前に白浜荘のおばさんに見送られ、まず大洗磯前神社に行く。今日の今日まで「いそまえ」と呼んでいたが「いそさき」だった。弘前と同じか。
宮司さんや巫女さんが清掃しており、口ぐちに「おはようございます」と挨拶された。

P1020219.jpg

高台にあるため海が見下ろせ、その後クルマを回して海に行ってみたが、すでに磯遊びをする人は少なく、夏の終りを感じさせた。

クルマをさらに北上させ、国営ひたち海浜公園に行く。ロックコンサートで有名だが、本来は花やアミューズメントで楽しむ施設。もともとは軍の射爆場だったらしい。入場料大人400円。

P1020253.jpg

あまりにも広いため、係りのおじさんレンタサイクルを勧められた。正解だった。大人一人300円。券売機で買うことになっている。

P1020235.jpg

花の時期は端境期で、「あたり一面」という花ではなかったが、コキアという綿帽子みたいな珍しい植物が群生していた。秋には紅葉するらしい、不思議な植物だ。

P1020247.jpg

レンタサイクルは3時間300円だったけれど、1時間もしないで返却した。係りのおじさんに「もう帰るんですか」と言われたけど、じゅうぶん楽しめた。
次へ行きます。
| 旅行・鉄道 | 10:27 | comments(0) | - |


「ゲゲゲの女房」村井家の間取り 昭和41年版
NHKゲゲゲの女房」公式ホームページに、昭和41年(1966年)の間取りが掲載された。現在の放送は昭和47年が舞台で、境港から茂の両親が出てきて同居しているから、ここからさらに間取りは変わっているはず。

公式ホームページでは図が別れていたので、わかりやすいようにくっつけました。



これを見ると、玄関を出て左側が大きく増築されているので、ここにある高木家・鈴木家はどうなっているのだろう。家を入ってすぐ村井家になってしまうぜよ。

貧乏時代の間取りはこちら。


  
| 映画・テレビ | 12:48 | comments(0) | - |


「ゲゲゲの女房」藍子の学校の日付の秘密
ゲゲゲの女房の長女藍子のエピソードの突っ込みです。
先週(8/16〜21)は茂の戦争体験と藍子とクラスメートのトラブルが話の軸。登場した、水木しげるの「総員玉砕せよ!」はアマゾンのコミック部門1位になってます。

さて、時は昭和47年(1972年)7月。藍子は小学校4年生、ゲゲゲの娘としてからかわれている。今日も三馬鹿がゲゲゲの歌を歌ってからかいに。

8月16日(月曜日)放送分。


黒板の日付は7月10日(月曜日)です。

三馬鹿が藍子が遊んでいたリリアン編みを取り上げるが、クラスのリーダー格の留美子がそれをたしなめ、藍子のリリアンをかわいいと褒め、自分も同じものが欲しいのでお店を紹介してと言う。

そして仲良しの智美と三人でリリアンを買いに行く。留美子は「今度の木曜日、私の誕生会に来て」と誘う。


三馬鹿がからかうときと、リリアンを買いに行った時の三人の服は同じだから、からかわれたその日の放課後にリリアンを買い行ったことになり、今度の木曜日は7月13日ということになる。
ちなみに学校はロケ、買い物はスタジオセットでまったくの別撮りである。

ところが8月17日(火曜日)放送分。
留美子は藍子に「お父さんに頼んで私を漫画に出して」と頼む。藍子はそんなことできないと言いながらも「お父さんに聞いてみる」とあいまいな返事。
むろん、そんなこと母の布美枝を通じてでも頼めない。
その日の黒板の日付は7月18日(火曜日)。リリアンを買いに行った翌日であるはずだけれど1週間飛んでいる。


だが、8月20日(金曜日)放送分。
藍子は留美子から約束できなかった叱責を受ける。回想シーンであるが、黒板の日付は7月19日(水)。


ということは留美子の誕生日(会)は7月20日(木)=昭和37年(1962年)7月20日生まれということになる。じゃ、あの7月10日の三馬鹿は何だったのか
学校を借りてのロケ(だいたいが日曜日)は1日でほぼ全話分済ますはずで、どうしてこんなことを間違えたのだろう。

しかし、私にはもう二つの疑問が。
誕生会の翌日、その話題で盛り上がる女子。つまり7月21日(金曜日)だ。


留美子は藍子にプン!と一瞥、音楽室へ行く。


でもその音楽の授業は5時間目


まず、7月21日は東京の小学校、少なくとも私が通っていた当時の世田谷区立の小学校は7月21日は終業式だった。1学期の通信簿をもらう日だ。夏休みは8月31日まであった。
※夏休みの開始〜終了日は地域・学校によって異なる。

次に当時は7月からは夏期短縮授業で暑さを避けるために4時間目で終わっていた。給食もなかった。冷房もなく食品保存技術も未熟だったからだろう。

当時の調布市立小学校も同じだと思うのだが、7月25日(火曜日)ごろが終業式で、夏でも5時間目まで(あるいは6時間目も)みっちり授業があったのだろうか。

  
| 映画・テレビ | 12:16 | comments(0) | - |


ゲゲゲの女房でリリアン編み復活か
今日のNHK「ゲゲゲの女房」は、長女藍子(小4)が教室でリリアン編みで遊んでいると、クソガキどもが「ゲッゲッゲゲゲのゲェ〜〜」とからかいに来る設定。リリアンはともかく、からかいは実話だろう。



リリアン編みを知らない今の若い人も多いが、当時(昭和40年代)に小学生の間で多いにはやった。主に女児の遊びだったがわしでも持っていたぞ。



筒の片方のヘリに6本のピンが立っており、ここにリリアンという名のカラフルな糸を絡ませ針で編んで行く。筒の中にひも状のものができてきて、どんどん伸びていく。このひも状のものは中は空洞のホースのようなもので、これを使ってどのように遊んだかは忘れた。
作ること自体が遊びで、楽しみだった。今なら携帯ストラップか。携帯電話の普及でいろんなものが使えるようになったな。

今ではY字の網機もあるらしい。



安価なもので、駄菓子屋や町のおもちゃ屋で買ったけれど、これらは平成の世では絶滅危惧種。
テレビを見て買いに行った人も、店にはなかったそうです。

| 映画・テレビ | 20:32 | comments(0) | - |


ゲゲゲの女房、村井家の方位は北を向いている?
8月7日のブログ記事でNHK「ゲゲゲの女房」の村井家の玄関は、南東を向いていると書いた。

夏の朝、布美枝が家の前に散水している時の電柱の影から割り出したのだった。



どんちゃんの間取り図面と方位>>>

しかし先週の放送で、それをくつがえす影が出てきた。

初夏というか晩春、まだ長袖の時期の朝の影。
弟の貴司が帰っていくのを見送る影だ。
こよみの計算サイトで計算すると、太陽の方位角は95度(東)だ。



ところが、5月中旬の午後3時前の影。長女藍子の先生が家庭訪問に来る。
こよみの計算サイトで計算すると、太陽の方位角は260度(西南西)だ。



同じ影は、買い物から帰った布美枝と義父修平とのシーンでも見られる。



こうしてみると、方位は玄関が北(北東から北西)を向いていると見るのが妥当ではないか。
微妙な差は誤差ということで。

それにしても夏の電柱の影はなんだったんだろう。
あのあとに、アシスタントの倉田が受賞したと駆け込むのだが、散水で虹が出るのがお祝いの伏線となっていたのだろうか。



  

| 映画・テレビ | 18:19 | comments(3) | - |


「ゲゲゲの女房」村井家の間取りの秘密4 玄関は南東を向いている
NHK「ゲゲゲの女房」の村井家の間取りが気になっていろいろ検証しています。
ほかにもそういう方がいらして、テレビにちょっと映った茂が書いた図面をもとにちゃんとした図面をフリーハンドで描き起す方もいらっしゃる。

どんちゃんの村井家間取り詳細図面>>>
検証に役立つ、どんぶらこさんのキャプチャ写真>>>
スタッフブログ(テレビに映らないアングルでのセット写真あり)>>>

間取りはだいたい解決したが、1968年秋、境港の老夫婦が上京してさらに増築をした。こちらの内部がどうなっているのか、来週以降のお楽しみだ。

一方、間取りのほかに家の方位はどうなっているのかと、新たな疑問がわき出た。玄関はどの方角を向いているのか、ということだ。
それを検証したい。

その解決の糸口になるのが、8月7日放送の第114回だ。
夏の朝、布美枝が家の前に水を撒いていると、アシスタントの倉田が雑誌を持って駆け込む。少年マンガ王国の新人賞を受賞したのだ。



その雑誌は33号である。



1968年当時、今ほど雑誌の進行は早くなく少年漫画週刊誌の33号は7月末発売だと思う(今は7月中旬)。
布美枝が家の前の清掃で散水しているところから時間は朝、倉田は雑誌をおそらく通勤途上の駅の売店で買ったのだと思う。受賞しているか落選か、いち早く知りたいはずなので発売日の朝一で買ったはずだ。当時コンビニはなかったし、個人経営の書店はだいたい10時開店だった。だから水木プロに駆け込んだ時間は7月末の午前9時すぎだと思われる。

散水している俯瞰写真で方位を特定するための重要なものが映り込んでいる。それは電柱の影だ。



7月末の午前9時〜10時の、調布市(東京都)における太陽の位置を調べる。
国立天文台の「こよみの計算」ページが役に立つ。インターネットの威力。

万年カレンダー(1968年)>>>

2000年からしか計測できないが、大きな誤差はないはずなので2000年7月25日の午前9時30分の太陽高度と方位を計測すると、

高度55.8度
方位108.7度


であった。方位角は北を0度として東回りの角度。やや南東の見上げる位置に太陽があり、電柱の影を落としているのだ。
映像のゆがみをフォトショップで補正して道路との角度を測ると35度であった。



太陽がこの影のまったく反対側にあり、その方位が真北を0度として東回り(時計回り)に108.7度ということは…、図を見てください。



このように、細かい角度は誤差として、向きは村井家は南東に面しているのだった
※方位角では323.7度の北西の位置。

一方で、倉田がまだ受賞していないのだから6月ごろだろうと思うが、その夕方、洗濯物を取り込もうとするいずみと倉田の影が玄関ドアにできている。



ってことは西向きという説もある。
やっぱり四次元妖怪屋敷なのか。

  
| 映画・テレビ | 14:54 | comments(0) | - |


「ゲゲゲの女房」村井家の間取りの秘密3 さらに増築
NHK「ゲゲゲの女房」を1日5回くらい見てますヤッタv

今日土曜日の放送では、1968年1月にゲゲゲの鬼太郎のテレビアニメ開始、夏にはアシスタントの倉田・小峰の独立、そして秋に鳥取県境港市から茂の両親が上京し同居することになったという急展開。
そこで茂は家の増築を決意した。
その図面がこちら。テレビ画面をフォトショップで修正しました。
ここにも渡り廊下があるが、どこでどうつながるのか。来週以降のチェックポイントだ。
茂のセリフだと、老夫婦の居間と台所、アシスタントが泊まる部屋を新設するようで、図面を見ると子供部屋もある。



しかも今回は間取りの謎とされていた仕事場と新築の居間とのつながりを解明する材料となる、渡り廊下の初めてのアングルの映像が。
仕事場から居間を臨む。



また、新居部分がせり出して奥行が半間(はんげん≒90cm)しかないと噂されている、隣家の高木家・鈴木家の俯瞰も。う〜ん、1間(いっけん≒180cm)は、あるみたいだけどなぁ。
どんちゃんによる詳細図面>>>
どんちゃんは建築のプロですが、方位を知りたいそうです。下の写真は朝の設定(倉田の出勤直前、このあとに新人賞を受賞したと駆け込み、仕事に入る)ですが、電柱の影に注目。
ただし、玄関に夕方の西日があたっているシーンもある由。



左上に渡り廊下の屋根部分が見える。



最後に、倉田圭一君の受賞作品。倉田のモデルは池上遼一で、彼のタッチを髣髴させているのはさすがだ。



講評
特別審査委員長
えびおそうじ先生

まずは、タイトルをつけるセンスのよさを感じました。少年漫画ながらスタイリッシュで、子供たちに憧れを感じさせます。絵柄は力強いタッチながら、ストーリーでは主人公礼二郎の優しさと強さを短い中にうまく盛り込んでいて、世界を守るヒーローの姿がよく描かれていたと思います。しかし、一方で、この主人公が守る街の描写はもう少し丁寧に緻密に描くこともできたのではないかと思います。更なる飛躍をめざして、今後はより子供の心をつかむ作品に期待しています。

少年まんが王国編集部
○○ストーリー、絵柄ともに秀逸な作品で、○○○一致した大賞となりました。○○タッチは力強く、デッサン力も高く…

*********

村井家の間取りの秘密2 階段が2つ>>>
家の間取りと記念写真の秘密>>>
村井家は南東を向いて建っている>>>




| 映画・テレビ | 08:40 | comments(1) | - |


「ゲゲゲの女房」布美枝の運転免許の秘密
今日のNHK「ゲゲゲの女房」は、広島平和記念式典中継で8時38分からでした。見逃した人、いるかな。

深沢のゼタの合併話が破談に、妹のいずみが安来に帰る、「ゲゲゲの鬼太郎」がテレビ化決定と、いくつもの変化が盛り込まれている回でした。どうも前半の貧乏話に時間を割きすぎたので、後半の成功話ははしょって、ドラマとしての要素を出しているように思えます。

さらに、布美枝が運転免許証を取ったこともエポック。



ところで、朝の放送では運転免許証のアップが映り、住所などがバッチリ映った。



しかし昼の再放送ではその部分がカットされ、引きの画面ばかり。
いずみが仕事場の倉田の姿を見つめるシーンのあと、放送後約10分少々。



朝は、7時30分からBSハイビジョン、7時45分からBS2、8時38分から地上波と3連続で放送したが、朝の放送後、住所などの問い合わせが殺到したのではないか??
鳥取県境港市が島根県境港市になっていた。
※境港市も調布市も、下層部分は架空の地名です。

すでに完パケになっている放送済みの番組を、午前の短時間で編集するのは厳しいが、それを押して編集作業したということだ。

夜のBS2再放送では鳥取県に直っている。


布美枝の指が一致しているということは、デジタル合成か??
手が微妙に動くのだけれど、短時間でよく編集しました。


ところで、布美枝の免許証は普通自動車のほかに自動二輪(オートバイ)も運転できるようだ。現在では普通自動車運転免許(以前から持っている人は中型自動車運転免許)では原付しか乗れないが、この時代(昭和42年=1967年)は自動二輪も乗れたのだった。

だけれど、駅まで妹のいずみを送ると「クルマを回してくるね」というけど、あの狭い道にどうやって補習して免許を取ったばかりの人がクルマを回すのだろう。気になる。



村井家の間取りの秘密はコメント欄も大盛り上がり>>>

  
| 映画・テレビ | 13:20 | comments(9) | - |


NHK「ゲゲゲの女房」、間取りの秘密2 階段が2つ
NHK「ゲゲゲの女房」は「悪魔くん」が大ヒット。有名漫画家の仲間入りをした水木しげる(向井理)と次女を生んだ布美枝(松下奈緒)の新しい物語が始まっている。

ところで、先週、アシスタントを抱えて仕事場や居住スペースを増改築したが、その図面と実際の家の間取りがどうにも合わない。

NHK「ゲゲゲの女房」、家の間取りと記念写真の秘密(2010/07/24)>>>

テレビに出てきた間取りはこちら。右の影は大工、左は茂。
P1010642.jpg

階段が別々に描かれていて、階段を合わせた合成写真がこちら。


だが、昨日と今日の放送で階段が2つあった!!

新築部分の階段。


既存部分の階段。


ということは普請道楽の水木先生は階段を別々に作り、2階に上がるようにしたのだった。
仕事場からのつながりを考えると、こんな感じなのだが。
どこにどう土地があったのか。2階はどげになっとるのか。


仕事場からアシスタントが居間に出てくる方向。




いったい2階はどこに??

イトツイカル夫妻用にさらに増築する図面はこちら(2010/08/07)>>>
| 映画・テレビ | 10:29 | comments(51) | - |


NHK「ゲゲゲの女房」、家の間取りと記念写真の秘密
NHK朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」。漫画家水木しげる夫人の実体験をベースに、「昭和」「貧困」「成功」を描いているが、今週はアシスタントを3人雇って家を増改築、水木プロダクションを設立し、いよいよ人気漫画家の道へと歩み始めたしげる(向井理)と、生活の激変に戸惑う布美枝(松下奈緒)夫人を描いている。
来週は、初のテレビドラマ化作品「悪魔くん」の放送で盛り上がる。

貧乏丸出しのセットも改築で一新されたが、NHKが根性で大道具・小道具の細かい部分まで心を配っているので、敬意をこめて紹介します。

改築なった水木邸の前で、アシスタントと共に写真撮影。
P1010644.jpg

アシスタントの菅井伸(柄本佑)がまたコケる。
P1010643.jpg

布美枝の実家に届いた写真を父源兵衛が見て感心する。
P1010646.jpg

なんと実際の写真はこちら。
gegege.jpg
gegege2.jpg

仕事部屋にはしげるの教訓の貼り紙が。
P1010645.jpg

2階には藍子ちゃんが描いた鬼太郎の似顔絵が。
P1010648.jpg

墓場の鬼太郎のテレビドラマ化企画書はボツに。昭和41年(1966)に子供向け番組が土曜日の夜8時は遅すぎると思う。
これはワープロ(パソコン)で書いてますなぁ。できれば和文タイプライター、あるいは手書きのガリ版刷りにして欲しかった。
P1010647.jpg

ザ・テレビ欄(0(1954ー1974))

ザ・テレビ欄(0(1954ー1974))

価格:1,200円(税込、送料別)



そして、改築の家の図面。
左が1階部分、右が2階部分だと思うけど、これでは2階が1階の上に載りません(階段や柱が矛盾している)。
P1010642.jpg

ちなみに私は恥ずかしながら建築工学科卒。
左の2階図面を180度回転させると載らないこともないが、そういう風に図面は書きません。向きはそろえて書くのが常識。
改築の場合、現存部分と増築(改築)部分がわかるように書く。しげるは建築には素人だがどこが既存でどこが新規かわからん。


ちなみに貧乏時代の間取りはNHKのホームページに出てます。>>>
もともと1階と2階が矛盾するセットのようです(2階の幅が狭い。建築法規的に問題がなければわざわざ狭くは作らない。隣は墓だから問題はないはず。もし部屋を狭くするなら残りをベランダや物干し台にして1階と同じ床面積を確保するはず。)。


///////

左右の図面はどっちも1階だ、というコメントをいただいた。右が増築部分の新台所と新居間らしい。
1階ということには納得した。そこでフォトショップで階段部分を合わせて図面をつなげてみた。



だけれど今度は玄関が狭くなる。改築してから玄関内のシーンがないのはそのためか。しかも画面下から客人の加納郁子や仕事場からアシスタントが出てくる。普通はそこが玄関に近い場所だ。どうにも理屈が合わない。
水木先生は実際に普請道楽で便所が5つある家を作ってしまったと言う。常識を越えた不思議な四次元の家なのか。

さらなる新事実、階段は2つあった!!>>>



| 映画・テレビ | 15:11 | comments(3) | - |


目黒のランチ:かつ壱 トンカツ
同僚Aクンとよく行くのがかつ壱だ。JR目黒駅西口、三井住友銀行ATM(久米ビル)地下。

かつ壱

12時半を過ぎているのに並んで待った。
ロースかつうまし。1050円。

ちょうど店のアナログテレビで「ゲゲゲの女房」をやっていた。朝の衛星と地上波に続き、3度目の視聴。
いよいよ大手出版社から漫画のオファーが。これまでの取り巻きたちは田舎に帰って一掃し、新しい取り巻きたちでのサクセスストーリーが始まる、か。


| グルメ | 21:33 | comments(0) | - |


「全国一斉地デジ化テスト」を見比べた
午後5時59分から、NHKと全民放は地上波放送で「全国一斉地デジ化テスト」という番組を放送した。
これはほぼ1年後の2011年7月24日に完全地デジ化されるのを周知させるためのもので、民放は通常はCMの時間帯だが、広報番組に充てた。

通常は地上アナログ放送と地上デジタル放送は(画面サイズこそ違え)同じ番組を放送している。ところがこの番組ではアナログとデジタルとで違う放送をして、自分の家のテレビがアナログなのか気づかせる内容だった。

番組の冒頭。
P1010541.jpg

アナログテレビかデジタルテレビかのテスト。アナログは「砂嵐」。デジタルはちゃんと映る。
P1010543.jpg

写真上がアナログ、下がデジタル。映りの良さも格段に違いますね。
ただし、低所得層や難視聴地域などにどう対応するか、無料のチューナー貸与もあるけれど、それすら知らない無知な取り残されている階層もいて、それへの対処が課題だ。

来年、7月24日、「うちのテレビが突然映らなくなった、壊れたのか」という電話が家電店に来るのだろうか。来るんだろうな。

**************************

なお、NHK総合では「全国一斉地デジ化テスト」に先駆けて「いちごとせんべい」という地デジ促進の番組を放送した。これ、いいのでご覧になってない方はWEB↑で見てください。

P1010534.jpg

ゲゲゲの女房」の松下奈緒向井理が老舗のせんべいやの若夫婦を演じる。向井クンに左腕があるのが不思議な気がする(笑)。



伝統あるせんべいやだが客足はよくない。このままでは自分たちの代でダメになってしまうという危惧がある。
そこで新妻は手書きPOPをつけて味をアピールする。
P1010550.jpg

また三代目となる若旦那はぬれせんべいで苺をくるむという新商品を開発する。
P1010551.jpg

にぎわう店。「うけつぐこと。新しくすること。2011年7月に、NHKはデジタル放送へ完全移行します。」のコピー。


よく変わることは伝統にキズをつけない」コンセプトで、テレビの放送方式が変わることをアピールする。

昨日、恵比寿の昭和チックな商店を紹介したけれど、良さ(顧客対応など)を残しつつ新しく変われば、小規模小売業としてもまだ存在価値があると思う。

ロケ場所は入谷2丁目。

************

明日からNHK・民放とも、アナログ放送は16:9のデジタル放送のサイズで放送するようになる。アナログ放送は上下に帯ができる。4:3の古い番組再放送では上下左右に帯ができて、小さく映るようになってしまう。

  
| 映画・テレビ | 18:23 | comments(0) | - |


ネットで話題の見逃し番組を見る
SONY Xビデオステーション VGX−XV80Sは8つの地上アナログテレビ放送を1週間分まるまる録画してくれる。

テレビに関心がなければどうってことないが、関心があればこれはすごいビデオマシンだ。タイムマシンとも言える。

見逃してしまったが、その後ネットで話題になった番組をチェックできる。

NHK「あさイチ!」6月23日(水)はセックスレスについて。朝から有働由美子アナが「セックスレス、ごぶさた」と連呼して、ネットで話題になった。「ゲゲゲの女房」のすぐあとだったため、視聴者にも戸惑いが。姑と見ていて気まずくなった、子供に聞かれて答えようがなかった、など。
ちなみにセックスレスとは、特別な事情(病気とか長期出張とか)でないのに、パートナーと1ヶ月以上性交渉がない状態のことらしい。

P1010500.jpg


6月27日(日)のNTV「行列のできる法律相談所」では、元Jリーガー武田修宏が入浴用品店に勤める女性とまじめなおつきあいをすることに。15歳年下らしい。

P1010495.jpg


そして6月25日(金)の、NHK教育「愛の劇場〜男と女はトメラレナイ〜」は、高級クラブのママ、ますいさくら夏木マリもたじたじの男と女の関係を語った。

P1010507.jpg

下らないと言えばそれまでだけれど、知らないでいることはストレスなので、「ふ〜ん、こんなことだったのか」と納得することも必要だろう。



| 映画・テレビ | 20:36 | comments(0) | - |


月刊ゼタこそ月刊漫画ガロ、ゲゲゲの女房
視聴率が上がっているNHK朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」。
「昭和」「貧乏」「成功」のヒット三大噺を網羅した内容で、平成の人々にも人気を博している。また、実在(現存)の人物=水木しげるをモデルにしているところも、親しみやそっちのファンも動員できて、ヒットの構造になっている。

さて、6月も終わりに近づき、物語も中盤戦に。赤貧洗うがごとき茂(向井理)と布美枝(松下奈緒)の生活も、そろそろ変化が現れる。

それが出版社の経営者深沢洋一(村上弘明)の復帰である。肺結核で倒れて会社は倒産。信州で療養していたが、その間に新しい会社を作り、見事に復活した。
そして再び茂の前に現れて、新しい雑誌の創刊を告げる。
それが月刊ゼタである。



そして深沢洋一は長井勝一がモデル。長井こそ月刊漫画ガロを送り出した、漫画界の恩人・巨人なのだ。

つまり、ゼタはガロなのである。



私はゼロくらいの名前にするかなと思っていたら、ゼタとはね。
白土三平ではなく、赤土四郎ですな。

こうして下半分を隠すとゼタはガロ。



ガロの創刊は1964年。まだ小学生だった私は、大人向けの漫画は理解できなかった。その後、手塚治虫COM(コム)を出したのは1966年だけれど、COMの創刊号は買った。それでも小学校6年だからマセているといえばマセだろう。
今COMが残っていれば超お宝である。
火の鳥が連載されて、石森章太郎ファンタジーワールド・ジュンに陶酔した。



さて、ガロの創刊号に水木しげるは原稿を寄せている。そして時代はテレビに。水木作品にもテレビ化のチャンスが訪れる…。

そうです、ゲゲゲの女房は7月からガラリと生活トーンが変わり、成功への道へと進みだす。

ところで、深沢の会社で働く加納郁子役の桜田聖子さん、この作品で初めて知りましたが、美人です。



長井勝一漫画美術館>>>

  
| 映画・テレビ | 20:02 | comments(1) | - |


目黒のランチ:亭屋 居酒屋
同僚Bクンが午前3時までの残業を切り抜け、ようやくゆとりが出てきたらしいので、昼休みに恵比寿の東京都写真美術館に行こうとなった。

途中でランチ。
日の丸自動車を越えた先の路地を入ると、割烹「垣うち」があり、さらにその先にも店がある。
通りに看板が出ているので、路地の奥といえどもたどり着ける。それが「亭屋」だ。チンヤと読む。



カウンター8席の奥行のない小さな店。しかしけっこうお客さんが入っていた。
以前はおでん屋だったそうだが、1年ほど前から現在の業態に換えておでんはないとのこと。カウンター内の調理担当の女性は帽子を目深にかぶっているが、美女
あとでBクンにそれを言うと
「え、そうなんですか?」
「おまえの目玉は何のためについている!」
「パンフレットの文字校正するため」
まっこと情けなか〜。

ランチメニューは、チキンのトマト煮込み、鯵の開きなどのほかにオリジナル丼というのがあって、これを頼んだ。
簡単に言うと、醤油風味の甘辛い味の味付けのそぼろ肉と温泉卵を載せたもの。



Bクンはチキンの煮込みだ。



最近、他人の境遇がよく見えてしょうがないのだが、チキンの煮込みはボリュームもあっておいしそうだった。私の丼もおいしかったが。

ご飯の量は加減してもらえる。大盛りも無料。
デザートにピーチアイスがついた。グレープフルーツアイスもある由。

夜は居酒屋となるが、メニューはどちらかというとイタリアン系。ミスマッチもおもしろいし、美女との会話もよさげだ。

食後、目黒の路地裏を歩いて写真美術館に行った。ゲゲゲの女房のセットのような狭い道だ。
アジサイがきれいに咲いていた。



写真美術館では世界報道写真展2010を鑑賞した。戦争、内乱、貧困、飢餓、病気…、世界の悲しい現実が映しだされていた。
会社のほうがまだマトモか、と比較してしまうこのごろ。

| グルメ | 23:20 | comments(2) | - |


目黒のランチ:ごんわーるど 西洋料理
昨日はガラにもない激務をこなしたので心身ともに疲労困憊で、朝目覚めず「ゲゲゲの女房」が始まっても(午前8時)起きることなく、1時間遅刻した。
誤解のないように書いておきますが、裁量労働制なので遅刻と言う概念はないのですが。

そのため朝ごはんを食べたばかりなのに、11時過ぎに同僚Oが「食事に行こう」と誘う。
食べたばっかりでこんなに早く食べる気がしないと言ったのに誘われ、やむなく外に出る。

「ダチがやってる店がある」
というので行ってみたら<ごんわーるど>だった。高校の同級生とのこと。こういう友達がいるとは心強い。

ごんわーるどは何回か行っており、味は可もなく不可もなくか。おばさんの客あしらいが気になっていたが、おばさんはいなかった。

何も食べる気がしないが、雑炊があったのでそれを頼む。しかし「雑炊は熱いですよ」ともっともなことを言われ、だったらと<トリのトマトソース>850円に換えた。

まずは山もりのサラダ。



全部食べられず、半分Oにあげる。

トリのトマトソースは以前食べた気がする。バターライスに鶏のソテーと卵焼きが乗っている、エスカロップみたいな料理。まあ、食べられます。



結局、こっちは全部食べられた。

話があると言うのに、Oは電話に出ずっぱりで先に帰った。
で、用事は何?

| グルメ | 23:14 | comments(0) | - |


紙芝居の想い出
今週のNHK「ゲゲゲの女房」は<消えた紙芝居>。昭和30年代前半のエピソードである。

水木しげるのもとに神戸時代に交流のあった紙芝居屋の杉浦音松が訪ねてきて、紙芝居の衰退を嘆く。テレビが普及するにつれ、紙芝居を見る子供が減って行くという話である。水木は独身時代、神戸におり、音松の依頼で紙芝居の絵を描いていた。

紙芝居屋はドラマ冒頭のタイトルバックに当時の映像が流れる。



私は路地に来る本物の紙芝居を見た最後の世代である。
今から50年以上も前の昭和32、3年ころだと思う。この路地に紙芝居屋はやってきた。



左側の家は黒い板塀でその脇に紙芝居屋の自転車は停まった。紙芝居屋は拍子木を打つ。その音で近所の子供たちがどこからともなく現れる。路地の奥からも子供が出てきた。
私も家から出てタッタッタと走ってこの路地に駆けつけた。
路地は今でこそ舗装されているが、当時は小砂利が浮いている簡易舗装だった。奥の教会は木造で、右側の家は垣根であった。今も垣根だが。

そして紙芝居屋は海老せんべいや麩菓子、水あめなどの駄菓子を売る。これが紙芝居屋の収入であり、今でいうコンテンツ料であった。子供たちが5円10円で菓子を買うと、紙芝居が始まるのだ。



まだ幼稚園にも行っていない私はオミソだった。小さいのでよく見えるようにと、周りのお兄さんおねいさんが前に出してくれた。
しかも、わが家の家系は胃腸が弱く、屋台の食べ物を食べようものならたちまち腹を壊すと言う言い伝えがあり、紙芝居屋の食べ物など、決して食べさせてもらえなかった。
だが私は小さかったし(ストーリーがよく理解できない)、しかもかわいかったので特別にタダで見させてもらったのだ。母か祖母が最初にそう頼んだのかもしれない。

ある日、紙芝居屋のおじさんが海老せんべいをくれた。丸いせんべいに、二つに割ったせんべいを梅ジャムで動物の耳のようにくっつけたものだった。
私は親からそのようなものをもらって食べてはいけないときつく言われたので首を横に振ったが、おじさんは「いいから」と言うように、しかし無言で、お菓子を渡してくれた。

私がその場でそれを食べたのか、「貰ったよ」と親に見せたのか、多分後者だったのだろう。その後、食べたのか、捨てたのか。

紙芝居の内容はまったく覚えていないが、お菓子を食べさせてもらえなかったこと、おじさんが一度だけお菓子をタダでくれたこと、それだけは鮮明に覚えているのだ。

いつの間にかおじさんは来なくなった。
わが家にテレビがやってきたのは幼稚園に行っている昭和35年(1960年)のことだった。

  
| 日記・つぶやき | 22:34 | comments(0) | - |


調布市つつじヶ丘のディナー:焼肉ほれぼれ
東京都調布市と言えば、視聴率がジワジワ上昇しているNHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の舞台、そして電気通信大学深大寺で有名だが、もうひとつ、注目スポットが登場した。

焼肉ほれぼれは調布市西つつじヶ丘、京王線つつじヶ丘駅の北西に位置する焼肉屋だ。



駅前を西に折れてさらに路地の奥の飲食店街(富士見街)にある。京王線電車の音が聞こえて、鉄にはいいかも。

焼肉ほれぼれ

この店は4月15日にオープンしたばかりであり、店主は元外資系大手広告会社の営業マン。
つまり、店主のTさんは、つい先日まで仕事でお世話になっていた方だった。それが早期退職制度に呼応し脱サラして、まったくこれまでの仕事と違う飲食業(フードサービス)の道に進まれた。
そこでお祝いを兼ねて、一家4人で食べに行ったのだ。
すぐ脇に広いコインパーキングもあって、クルマでも行ける(運転者は飲めません)。

肉にこだわり、この特選盛Aはさまざまな部位の珍しい肉をいろいろ楽しめて割安だ。

焼肉ほれぼれ

ユッケに温泉卵を和えたもの。普通の生卵と違い、これもなかなかおいしい。

焼肉ほれぼれ

店は居抜きで譲り受けたそうで、1階は2卓しかないが、2階は畳敷きの広間で宴会も可能だ。

焼肉ほれぼれ

けれど、自分が脱サラするとして、ノウハウも仕入れルートも何もない飲食業に飛び込むのは相当のリスクと勇気がいると思った。食べることは好きだし、興味がないわけではないが、競争しながら良質の食事を提供し、かつ接客業としてお客さまに喜んでいただく。また、景気に左右され当たればともかくそうでない日々はサラリーマンと違い定期収入がないわけで生活も苦しい。
当たったら成長戦略として店を広げたり支店を出したりすることになるが、そうして失敗した例は枚挙にいとまがない。己を知って、自制しながら働いていかねばならない。そして家族の協力は不可欠だ。

できそうもないので、おとなしくしてます。
焼肉ほれぼれの発展を祈ります。
| グルメ | 11:38 | comments(0) | - |


ゲゲゲの鬼太郎の好きなビーフカリーを食べる
NHK朝の連続テレビドラマ「ゲゲゲの女房」を見てます。
あの伏線だらけのゆったりとしたストーリー展開にも慣れてきました。舞台はいよいよ東京都調布市に移ります。

ゲゲゲの鬼太郎カレー

鬼太郎の好きなビーフカリーというレトルトカレーを買っておいたので、昼から留守番お父さんでお湯で温めて食べた。
肉がたっぷりでおいしかった。でもちょっと高い。


鬼太郎の好きなビーフカリー(レトルトカレー)



鬼太郎の好きなビーフカリー(辛口)
| グルメ | 21:47 | comments(0) | - |


ゲゲゲの女房 松下奈緒、向井理、水木しげる
評価:
武良布枝
実業之日本社
¥ 1,260
(2008-03-07)

NHK朝の連続テレビ小説が8時15分開始だったのが今回から8時になった。出勤前に見てから家を出られるようになった。

ゲゲゲの女房」は、漫画家水木しげる夫人の武良布枝さんの自伝が原作。
引っ込み思案でのっぽの少女飯田布美枝(松下奈緒)が、戦地から引き揚げてきた売れない漫画家水木しげる(向井理)と見合いで結婚。赤貧の生活を過ごすがある妖怪漫画が大ヒット。生活が一変する…。



第1週は少女時代のエピソード、今週は第2週で成長した布美枝(松下奈緒)に見合い話が持ち上がるが、なかなか良縁に恵まれない。



これまでNHKの朝の連続テレビ小説なんて見ていなかったからテンポに追いつけない。追いつけないというか追いついてしまって3周先を走っている感じすらする。こういうノリで朝は始まっていたのか、きわめてわかりやすいストーリー展開で、世のおばさま方はこれを日々の糧にしていたのか。

今は島根県安来市が舞台だが、その後舞台は東京都調布市に移るはずで、調布は我が世田谷の隣町で見ている由。これはマーケティングの基本で、高校野球もウルトラクイズも出身地が応援の原点である。
だからNHKのドラマは受信料の支払いが渋い地域がまず舞台となり、その後視聴者の多い東京や大阪が舞台となる。これはおはなはんおしんすずらんの時代から変わりない。

最初はかったるかったけれど、2週目になってペースになじんできた。いつまで見るのでしょうか。

  


| 映画・テレビ | 20:58 | comments(0) | - |


NHK紅白歌合戦 審査員予想
まもなく第60回NHK紅白歌合戦の出場歌手・審査員が発表される。
司会はすでに中居正広、仲間由紀恵と発表されている。



ジャニーズ事務所がWEBにタレントの写真を出すのを禁じているため中居の写真が使えず、かといって仲間だけ使うわけにもいかず、「応援隊」の関根麻里テリー伊藤の顔写真は登場しているという、ヘンな事態になっている。



さて、ヒマネタとして審査員が誰になるか予想してみよう。ちなみに昨年2008年は下記の方々。北京五輪の年であった。

本木雅弘(俳優)
吉田沙保里(レスリング選手)
太田雄貴(フェンシング選手)
高橋尚子(プロランナー)
松本幸四郎(歌舞伎俳優)
松坂慶子(女優)
姜尚中(東京大学大学院教授・政治学者)
堀北真希(女優)
妻夫木聡(俳優)
上野由岐子(ソフトボール選手)

まず審査員ではないが、オープニングに加藤清史郎クンが登場。「わしは、こんなとこ来とうなかった」と名セリフを述べて、植木等ハナ肇がずっこける。

審査員予想は次の通り。

●アカデミー賞「おくりびと」トリオのどなたか
滝田洋二郎監督
本木雅弘
広末涼子

本木は2009年11月末から放送が始まる「坂の上の雲」にも主演しているが、昨年審査員で出てしまったので、ここは滝田監督が無難なところだろう。広末は後述。

●スポーツ
原辰徳(WBC世界一&プロ野球日本一)
松井秀喜(大リーグMVP)
杉山愛(テニス、全豪オープンダブルス準優勝)
川淵三郎(サッカー、叙勲、2010年は南アW杯)

去年は北京五輪でメダリストが参加した。今年の話題大賞はやっぱり原監督だと思う。

●文化・学術・芸術
村上春樹(1Q84が大ベストセラー)
勝間和代(経済評論家、NHKにも多数出演)

●NHK出演者
福山雅治(大河ドラマ竜馬伝、歌手としての出場もあり得る)
広末涼子(大河ドラマ竜馬伝、アカデミー賞) 有力
香川照之(大河ドラマ竜馬伝、坂の上の雲)
松下奈緒(朝の連ドラ ゲゲゲの女房主演)
田中裕子(2010ドラマ「蒼穹の昴」で西太后役)

●裏技
小泉純一郎(元首相)
鳩山幸(総理大臣夫人)

話題性は高いけど、ムリだろうなぁ。

///

審査員以外のゲストとして、
オードリー(おちゃらかしの応援団)
辻井伸行(ピアニスト、国際コンクール優勝)

////
なお、流行語大賞は
政権交代」鳩山由紀夫
だと見た。


/////////////
実際にゲスト審査員をされた方々
白鵬翔(大相撲・横綱)
草刈民代(女優)
阿部寛(俳優)
深田恭子(女優)
原辰徳(読売巨人軍監督)
勝間和代(経済評論家)
城田優(俳優)
杉山愛(元プロテニスプレーヤー)
西田敏行(俳優)
森光子(女優)
| 映画・テレビ | 22:00 | comments(0) | - |